タグ:FOODEX JAPAN 2009 ( 1 ) タグの人気記事
『FOODEX JAPAN 2009』

少し前の話ですが、今年も幕張メッセで行われた『FOODEX JAPAN 2009』に行ってきました。
やはりこの不景気のせいか、ブースの数は去年よりかなり少なめの気がします。

国産ワイン関連の出展は3社。

まずはシャトー酒折へ。
私が伺った日はたまたま醸造責任者の井島さんがいらっしゃっていて、いろいろとお話を聞けました。

c0140044_15565120.jpg


シャトー酒折は自社畑も所有していますが、基本スタンスは積極的に契約農家との取引を増やしていくというもの。
「栽培のことは栽培のプロに任せるべきだと思うんですよ。」という井島さんの言葉は、
シンプルそのもので説得力があります。
こうした取り組みの土台にあるのは、池川仁氏をはじめとする優れた栽培家との出会い、そして信頼関係です。

栽培と醸造をそれぞれのプロが分業するというスタイルは
ニュージーランドのワイン造りの現場でも成功を収めており、井島さんも強く刺激を受けたといいます。
ワインの世界では「ニューワールド」の一員ともいえる日本にとって、
お手本にする部分は少なくないのかもしれません。

醸造家と契約農家とのゆるぎないつながり。
このすばらしいビジネスモデルは、国産ワインの可能性を広げていくような気がします。

会場では、まさにそうした方向性の道しるべともいえるロゼワイン
『マスカットベリーA2008クレーレ』を試飲。
ぶどうの力強い生命力がはっきりと伝わってくる。
そんな、ちょっとびっくりするようなワインでした。文句なしに美味しいです。


次は高畠ワイナリーへ。
先日、醸造家の畑さんのセミナーに伺ったばかりです。
会場には何度かお会いした営業スタッフの方々がいらっしゃっていました。
畑さんは醸造&研修のため、オーストラリアとニュージーランドに出張中とのこと。
いずれその成果が、すばらしいピノ・ノワールとなって結実してくれそうな気がします。

c0140044_15571612.jpg


ここでは『1999 高畠甲州』を試飲。今では作っていない甲州100%のワイン。
前の醸造長の『置き土産』というお話ですが、さて味わいは?

10年前のワインということで、かなり熟成が進んだ古酒を想像していたんですが、
飲んでみてビックリ。
歳月をほとんど感じさせないフレッシュさです。酸もしっかりしていて美味しい。
黙って出されたら、絶対に10年前のヴィンテージだなんて思いません。

前にも書きましたが、このワイナリーの魅力はワインそのものもさることながら、
スタッフの皆さんの熱意がストレートに伝わってくること。
これだけ売るほうが熱心なら、美味しくないわけがないと素直に思ってしまいます。

来場者の人気もかなりのもの。
試飲を求める人はひっきりなしにやってきていました。さすがです。


最後は本坊酒造・マルスワイン。
今年はワインの出品はスパークリングの『ペティアン・ド・マルス』のみ。
ほかはすべて焼酎でした。

c0140044_15573951.jpg


250mlのベビー・サイズを新発売とのことで、そのキャンペーンがメイン。
スクリューキャップ方式で、ポメリーの「POP」みたいにカジュアルに飲んでもらうのが狙いのようです。
実際、ブースは試飲を求める人で大賑わいでした。
もしかしたらブームになるかも。楽しみですね。

帰り際、もう一度井島さんのところへ挨拶にうかがったら、「電車が止まってるらしいですよ」とのお言葉が。
がびーん! 結局、2時間程度で着くはずの帰途が3時間半…。
さらに雨も降り出すし散々でしたが、収穫はしっかりとあったのでノー問題です!
[PR]
by inwine | 2009-03-28 16:01 | そのほか