タグ:収穫 ( 1 ) タグの人気記事
シャトレーゼ勝沼ワイナリー 2008年収穫<その2>
先日に引き続き、シャトレーゼ勝沼ワイナリーの収穫をお手伝いしてきました。
今回、作業したのはまず女菱のメルロ。

c0140044_6511376.jpg


私がお邪魔した前日は祭日で、十数人の方が収穫に参加されたそうです。
しかし平日のこの日は、なんと手伝い組は私一人。栽培担当・矢崎さんの指揮のもと、本職の方々とともに作業に臨みました。

c0140044_6515523.jpg


矢崎さんのご実家は塩山のぶどう農家。県内で農業を学んだ後、シャトレーゼに入社して3年目から畑一筋とのことです。
「それじゃ○○さん、今度は××しましょう!」と必ず相手の名前を呼びながら、元気よく指示を出される姿がとても印象的でした。

c0140044_652169.jpg


ちなみに「日本のワイナリーに行こう 2007」(今出ている号のひとつ前)の表紙には、収穫後のぶどうを抱えた矢崎さんの笑顔がでっかく載っています。

昼食はワイナリーとは別の場所にある事務所にて。食事の後は、ここでしばしゴロ寝です。

午後も総勢5人で作業を進め、なんとか夕方前にメルロの収穫を終了しました。
その後はセミヨンの病果を取り除く作業。収穫はもうまもなくのようです。

c0140044_653116.jpg


一粒いただいて口に入れたら… 甘い!
ベタベタしないすっきりした甘さが印象的な、シャトレーゼの甘口ワインがすぐに頭に浮かびました。

ほんの少しにわか雨に降られた後、5時に作業は終了。
ワイナリーに戻ってしばらくすると、1日いろいろな仕事に忙殺されていた工場長・戸澤さんも戻りました。

高速バスを待つ間に収穫や醸造についてうかがったのですが、印象的だったのはソーヴィニヨン・ブランのお話。
2007年のワインはあちこちで取り上げられ話題になりましたが、戸澤さんはまだ納得いっていないそうです。
「始めたばかりなんだから、まだ伸びるチャンスはあるはず」と今年は収穫時期を少し遅らせて、醸造のスタイルも少し変えるつもりだと話してくれました。

品種独特の爽やかなハーブ香とすっきり&フルーティな味わいが本当に美味しかった2007年ですが、戸澤さんは「もう少しボディがあれば、さらに良くなる」と語ります。
しかし今年は天候がなかなか難しく、収穫を遅らせるのには勇気も必要なはず。
「台風が来ないことを願ってます」と笑う戸澤さん。「ただワインを造って売るだけじゃつまらない」と常々口にしている通りのチャレンジャー精神です。

今年仕込んだばかりのメルロ(まだMLF前)も3種類 味見させていただきました。

c0140044_6535097.jpg


どれもすばらしいポテンシャルを感じさせる味わいです。ぶどうは女菱と横町の畑から。同じ品種ですが、それぞれの個性がはっきりと出ています。
特に女菱のぶどうは先日、私も収穫に参加した時のもの。感激もひとしおですが、そんなひいき目(?)を差し引いても、本当に美味しい!
今年は気候の面で何かと難しいことが多かったようですが、ワインの出来には何の心配もいらないようです。

その後バス停まで送ってもらい、帰宅。ちょっといいオミヤゲもいただきました。
ワインとぶどうのために身を捧げた1日なのに、作業の後はなぜこんなにもビールがウマいんでしょうか。ワインの神様、スマン。
[PR]
by inwine | 2008-09-25 07:04 | ワイナリー訪問