「ほっ」と。キャンペーン
タグ:北条ワイン ( 1 ) タグの人気記事
北条ワイン

ブログなんと2年ぶりの更新です。この間結構いろんなことがありました。
もちろん震災をはじめとする社会的な出来事もですが、個人的に一番大きな事件はワインショップをオープンしたこと。
東京の京王線沿線にある仙川という街で、去年の2月から『カルタ・デイ・ヴィーニ』というワイン屋をやっております。
主力は日本ワインで約40ワイナリーほどの取り扱いがあります。
また半分はフランス、イタリアなどのワインも扱っていますので、お近くの方はぜひ遊びにきてください!

Wineshop カルタ・デイ・ヴィーニ
東京都調布市仙川町1-15-4 鍋屋ビル2F 03-6279-5274 定休日:月曜日
http://www.carta-dei-vini.com/
アクセスはこちら
http://carta-dei-vini.com/company/

ところで今回の更新を思い立ったきっかけは、ずっと行きたかったけれど、
なかなか足を運ぶチャンスがなかった中国地方のワイナリーを訪問できたこと。
というわけでひさびさのブログのテーマは鳥取・北条ワインです。

c0140044_175104.jpg


中国地方にもワイナリーはたくさんありますが、中でも北条ワインは歴史も古く、品質もトップレベル。
白の甲州やシャルドネは数年間寝かせることで、独特の熟成感を醸し出しています。
そして葡萄の完熟感がすばらしいカベルネ・ソーヴィニヨンやメルローをはじめとする赤。
ワインを飲んでから一度は訪問してみたいと思っており、今回 長年の念願がかないました。
山陰本線の倉吉駅まで出迎えていただいたのは、社長の山田定廣さん。
エチケットに「製造者」として記されているその方です。

c0140044_17512458.jpg


お時間に限りがあるということで、ワイナリーに着くと同時に早速お話をうかがいました。
創業は1944年。当時はワインの製造工程で造られる酒石を軍事利用するために
ワイン醸造が奨励されていました。そんな時代背景の中で山田社長のお父様である先代が独立・創業。
以来約70年、会社の歴史は苦労の連続だったと山田社長は言います。
生計のため、ワイン以外の事業をいくつもかけもちしながら、
ワイナリーとしての看板を下ろすことなく懸命に会社を存続させた父親の姿を目にしてきた社長は、
なんとしてもこの家業を続けなければと決意。
ご自身もまた苦労を重ねながら歴史を受け継いできました。

現在はご子息お二人が醸造と営業をそれぞれ担い、会社を支えています。
「最近は醸造のことにあまり口を出すなと言われとるんです」と笑う社長。
北条ワインの未来は明るそうです。

自社畑は4ヘクタール弱で生産量は年間50~60tほど。
醸造・栽培などを含めスタッフは総勢7人だそうです。
最も多く栽培している品種が甲州というのは少し意外な気もしました。

しばし歴史についてお話をうかがったあとは、畑にも案内していただきました。

c0140044_17514062.jpg


見せていただいたのはシャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローの垣根畑。
樹齢は25年以上だそうですが、まだまだ元気だとのこと。

c0140044_1752983.jpg


驚いたのは土壌。鳥取砂丘にほど近いこの辺りはまさに砂地。
まるで浜辺の砂のようにサラサラです。
フラッグシップ銘柄の一つに「砂丘」という名がついているのはダテではありません。

c0140044_17522742.jpg


この水はけのよさが、質の高いワインを生み出す秘密のひとつなのでしょう。
粘土質の畑ではあまり必要とされない灌水の設備が畑のあちこちにあったのが印象的でした。
またこの辺りは日中の寒暖差がかなりあるとのことで、そうした面も栽培には有利な条件といえそうです。
冬はやはり雪が多く、数十センチ積もることも。過去2回、葡萄棚が壊れる被害に遭ったそうです。

どの品種も収穫は9月末から10月上旬ごろということで、
甲州などは結構遅いタイミングといえるかもしれません。

c0140044_1754362.jpg


畑のあとは醸造施設も見学。

c0140044_17533848.jpg


天井に備え付けられた古いプレス機。ほぼ木材で作られています。

c0140044_17545989.jpg


ホーローの醸造タンクも歴史の凄みを感じさせます。

c0140044_17551538.jpg


日付に注目してください。

c0140044_17553472.jpg


伝統の一方で、新しい試みにも果敢にチャレンジされています。
昨年は甲州の瓶内二次発酵のスパークリング『トットリSKY』をリリース。専用のコンテナを敷地内に設置するほどの力の入れようです。

c0140044_17562266.jpg


初めてのチャレンジということで、試行錯誤もされたようですが、
甲州らしさが溢れるとてもユニークな味わいに見事に仕上がっています。

いろいろな疑問を解消するため、なんとシャンパーニュに研修にも行ったそうです。
訪ねたのは小規模生産のいわゆるRMの造り手。
当初、ボトルごとのガス圧に若干の差があることが気にかかっていて、
現地でその点を尋ねてみたら、「そんなのウチでも当たり前」という答えが返ってきたそう。
さまざまな現場の生きた答えを得て、やっと納得のゆくワインが完成しました。
ボトル上部には鳥取砂丘の名物・ラクダの姿があります。

c0140044_17563215.jpg


中国地方の実力派ワイナリーは、やはり発見がたくさんあるすばらしい場所でした。
いろいろと勉強させていただき、山田社長ありがとうございました!
[PR]
by inwine | 2013-01-21 18:05 | ワイナリー訪問