「ほっ」と。キャンペーン
タグ:勝沼醸造 ( 4 ) タグの人気記事
山梨フラグメンツ

甲斐ワイナリーで『新酒と音楽を楽しむスローパーティー』。

c0140044_10314621.jpg


南米の民族楽器『アルパ』だそうです。ハープみたい。

c0140044_1032498.jpg


--------------------------------------------------------------------------------------------

11月8日。秋の畑。

c0140044_10322738.jpg


一房だけ残っていたぶどうは、甘くて酸っぱかった。

c0140044_10324191.jpg


--------------------------------------------------------------------------------------------


麻屋葡萄酒・雨宮一樹氏。今年の麻屋の甲州はスゴい・面白い。楽しみです。

c0140044_10325912.jpg


--------------------------------------------------------------------------------------------

勝沼の名物パン屋さん『パンテーブル』。
天然酵母のパンはモチモチの食感で、たまらない美味しさです。

c0140044_10331562.jpg


--------------------------------------------------------------------------------------------

勝沼醸造で貴重な『牧丘 小公子 樽貯蔵2007』を試飲させてもらいました。

c0140044_10334618.jpg


このディスクの厚みと色合いの美しさ。まるでブルゴーニュです。

c0140044_10341399.jpg


衝撃のワインでした。

--------------------------------------------------------------------------------------------

フジッコワイナリーから見た夕焼け。

c0140044_10384329.jpg

[PR]
by inwine | 2009-11-14 10:43 | ワイナリー訪問
勝沼醸造 「アルガブランカ ヴィニャル イセハラ 2006」
ご近所のワイン仲間の方から、地元のフグ専門店でイセハラを見つけたという情報を聞き、行ってみることにしました。

c0140044_16175787.jpg


本格的に寒くなってきたこの時期、ふぐはやはりウマウマでした。これまであまり「これは」というフグに出遭ったことがなかったのですが、この日はバッチリ。脂は少なく、旨みはたっぷりというこの魚の魅力を存分に堪能できました。

そしてイセハラ。ワイナリーを訪ねたとき、「美味しいから探してみて」と言われたワインです。意外なところでお目にかかることができました。

c0140044_1625587.jpg


スタイルは前に飲んだ「アルガブランカ ピッパ」とよく似ていて、厚みのある甘さが特徴的です。ただし、こちらの方が酸がしっかりしており、その分、より骨格がしっかりしているという印象。スケールが一回り大きいといったところでしょうか。香りも「ピッパ」より濃厚で、力強く立ち上ってくる感じです。ウワサ通りの美味しさでした。

フグ独特の旨みともぴったりマッチ。こってりした肉系の味とは対極にあるようなこの手の素材は、日本ワインとかなり相性が良い気がします。

イセハラとてっちり。思わぬ形で「鍋×日本ワイン」の番外編となりましたが、今回もかなり幸福なマリアージュでした。
[PR]
by inwine | 2008-01-23 16:40 | 日本ワインを飲む
勝沼醸造 「アルガブランカ ピッパ」
勝沼醸造のアルガブランカシリーズのひとつ 「ピッパ」を飲んでみました。

c0140044_11285336.jpg


比較的高価格帯のアイテムですが、はたして味わいは?

グラスに鼻を近づけると、甲州独特の土っぽいような香りが広がります。うん、これぞ甲州っていう感じ。口に含んでも最初に感じるのは、やはり甲州の魅力である穏やかながらもしっかりした渋みと、柑橘系の爽やかな果実味です。
ところが中盤には、かなり厚みのある甘さが前面に出ます。これはかなり特徴的。美味しいです。ワイン全体の印象はまったく違うのですが、この部分だけでいえば、ちょうどニューワールドのシャルドネの甘みを連想してしまいました。
フィニッシュはすっきり。ベタベタした甘さが残ることはありません。

甲州ワインは、和食に合わせることがひとつのテーマともよく言われますが、これはメニューを問わず、幅広くカバーできそう。さきほど書いたように、ニューワールドの要素を感じさせる部分と日本的な甲州の魅力がうまく合体しています。樽も前面に出すぎずにいい塩梅でした。

なかなか面白いワインでした。ひとくちに甲州といってもいろいろなスタイルがあるものです。
[PR]
by inwine | 2008-01-09 11:48 | 日本ワインを飲む
山梨ワイナリー訪問 2007/12 <その5>
てくてく歩いて、次に到着したのはルミエール
長い伝統を持つワイナリーですが、近年は自然農法を導入。さらに注目を集めています。
予約をすればきちんと見学ができるはずですが、今回は試飲のみでうかがいました。

c0140044_13292951.jpg


入り口を入るとすぐに試飲コーナー。早速、お願いします。

c0140044_1333254.jpg


室内には豊富な種類のワインが陳列されています。壁にはワイナリーの歴史を物語る資料も展示されていました。

c0140044_1335057.jpg


気になったのはまず「甲州 シュール・リー2006」。甲州の特徴はよく感じられるのですが、なんだかひと味違う。旨みがしっかりありつつも、キリっとしているというか。
あちこち飲み回っていたため、この頃にはやや酔いが回ってきてました。でも、ともかく自分の舌を信じてこれを購入。それから「石蔵和飲マスカットベイリー 2006」も一緒に買いました。後から知ったんですが、「石蔵」って石の発酵タンクのことだそうです。

さて、そろそろ日も傾いてきました。先を急がないと。

次に向かったのは勝沼醸造

c0140044_15223798.jpg


試飲用の建物は伝統と新しさが同居したようなお洒落な造り。中もなかなかカッコイイです。

c0140044_1441657.jpg


窓の外には自社畑が広がっていました。

c0140044_14425914.jpg


ラインナップで特徴的なのは、なんといっても甲州ワインの種類の豊富さ。ざっと見たところでも10種ほどはありそうです。一部シャルドネのワインも造っているようですが、甲州というぶどうにかける情熱が伝わってくるようでした。氷結醸造の手法を用いた甘口など、ユニークなワインもあります。
試飲をお願いした方によれば、「ウチの社長はとにかく人のやってないことをやるんですよ。」とのこと。「ラベルにも『山梨のぶどうを使用』とかの説明はわざわざ書いてないんです。」と教えてくれました。なるほどデザインもかなり画期的です。

いろいろと味見させてもらいながら、ワイン造りのご苦労などをお聞きして小一時間。
「ホントは『アルガブランカ イセハラ』っていうのが一番美味しいんです。もう売り切れでここにはないけど、特約店には残ってると思うから探してみて。」と言われました。残念。
「今日は無理に買わなくてもいいんですよ。」と言ってくれましたが、せっかくなので「アルガーノ ブラン樽熟成 2006」と「アルガブランカ ピッパ2004」を購入。どちらもしっかりしたタイプの甲州です。そういえばワインの名前も他のワイナリーとは一風違います。

グラスのギャラリーへもどうぞ、との言葉に誘われて2階へ。屋根裏のようなひんやりとした空間にテーブルが置かれ、両脇にはリーデルのグラスがずらりと並んでいます。面白い場所でした。

c0140044_15431945.jpg


ここにも歴史をたどれる貴重な展示物が。

c0140044_1529719.jpg


さて、ワイナリーめぐりもいよいよ終盤。次が最後の目的地です。
[PR]
by inwine | 2007-12-28 15:46 | ワイナリー訪問