「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ピノ・ノワール ( 6 ) タグの人気記事
旭洋酒・収穫隊にも参加

今年は旭洋酒の収穫にもお邪魔しました。


c0140044_1821039.jpg

しかし今年の夏は暑かった。天候が不順だと、ぶどうも栽培する人も大変です。

今年はどの畑も苦労ばかりと聞いていて、心配だったのですが
ピノ・ノワールのぶどうは、思っていたより全然元気そうでした。

c0140044_1824068.jpg

今年もきっとおいしいワインになるはず。なんだか安心です。
[PR]
by inwine | 2010-09-24 18:04 | ワイナリー訪問
あづみアップル 『ピノ・ノワール ロゼ 2007』
やや尖った部分も感じるけれど、果実味豊かなおいしいワイン。
色もきれいで、ちょっと冷やして飲むとなんだか楽しい。

c0140044_1012656.jpg

キャベツやらニンジンやらベーコンやらを煮込んだトマトのスープと
アジに粉ふってオリーブオイルで焼いたのと一緒に。
このふたつと飲むなら、やっぱりロゼかなとこのワインを選んだんですが
思ったとおり、どちらともよく合いました。ロゼばんざい。
[PR]
by inwine | 2010-05-16 10:03 | 日本ワインを飲む
旭洋酒 『それいゆピノ・ノワール 2007』

ひさしぶりに旭洋酒にもうかがいました。

c0140044_11565455.jpg


こちらのお目当ては、やはりリリースしたばかりの
『それいゆピノ・ノワール 2007』と『千野甲州 2008』。

c0140044_11571897.jpg


こちらでも奥さまの順子さんが応対してくれました。
今年の葡萄の出来から始まり、一文字短梢栽培のメリットについて改めてお聞きしたり
勝沼のイベントについてなど、いろいろな話題にお付き合いいただき
楽しく有意義な時間を過ごすことができました。

特に勉強になったのが甲州の苗木の種類の差異、
そしてワインの味わいへの影響の話。
素人の質問にもきちんと答えていただき、いつもながら感謝です。

ワタシはこちらのピノ・ノワールが以前からとても好きなのですが
2005年ヴィンテージをはじめて飲んだとき、かなり堅牢なイメージを受けました。
でも最近飲んだとき、果実味がとても開いていて印象深かったのを覚えています。

そんな話をしたところ、
ピノの造りに関するさまざまな模索についても、うかがうことができました。
2005年に関しては順子さんご自身も、経年による変化は意外だったそう。
2007年のワインもはじめのうちはかなり堅かったそうです。
「でも奥のほうには果実味がある。待ってみよう。」と、今年の春の発売を延期。
秋になって試してみたところ、見事に柔らかく変化していたそうです。

「世界中のワインのほとんどはリリース直後に飲まれてしまう」とよく言われますが
ときにはしばらく我慢したほうが、いいことが待っているのかもしれません。


-------------------------------------------------------------------------------

『それいゆピノ・ノワール 2007』

c0140044_11575640.jpg


赤い果実、バラ、かすかな草の香り、鉄。さまざまな香りが複雑に漂います。
大きめで香りを楽しみやすいブルゴーニュグラスで飲んでみたのですが、大正解でした。

ひと口飲むと、ほどよく熟した果実の甘みと穏やかながら伸びのある酸。
思わず「美味しい」という言葉が口をついて出ます。

けれど真価の片鱗を見せたのは
抜栓から一時間ほど経ち、ボトルが半分ほど空いたころ。
中盤の力強さがぐっと増して、粘度を感じさせる飴のような甘みが出てきました。
これはすごいです。

タンニン、酸もほどよくあるので骨格は引き締まっています。
そのうえにふくよかで官能的な肉付きが加わるというイメージ。
ピノ・ノワールの魅力全開です。

今回は塩のよくきいた鴨のコンフィと合わせたのですが、
まさにど真ん中ストライク。
ワインと料理の両方が引き立つ、
マリアージュの教科書のような組み合わせでした。


熟成させるとさらにすごいワインになりそうですが、
何年も我慢している自信はあまりありません。
うーむ。やっぱり偉そうなことはいえませんね。
[PR]
by inwine | 2009-11-11 12:02 | ワイナリー訪問
秋の日記<4>

×月◇日

横浜で国産ピノ・ノワールの会。
北海道、山梨、長野、京都と産地はバラバラ。

ピノ・ノワールってやっぱり難しいですね。
抜栓してから開くまで時間がかかったり、
グラスに注いで時間が経ってから、まるっきり表情が変わったりする。
もちろん他の品種でも同じことはいえるんですが、
ピノの場合はその変化があまりに大きいような。

「なんだコレ?」と思うワインが一時間経って、
急に華やかな香りでいっぱいになったりすることもよくあります。
もちろん、その逆も。
それにワインがデリケートなせいか
酒質の強い他の品種より、コンディションのバラつきが多い気もします。
だから大人数の会で飲むにはあまり適してない品種なのかもしれません。


c0140044_13422484.jpg

この日、印象に残ったのは小布施ワイナリーの「ドメーヌ・ソガ 2006」。
香りの優雅さ、豊かな果実味、中盤の厚み、余韻の長さ。
どの要素も別格のスケールでした。

それに山﨑ワイナリーの2007年ヴィンテージ。
北海道ならではの酸の強さが印象的ですが、ボディはしっかり。
来年、再来年のワインがどうなっていくのか、とても楽しみな感じです。

ピノ・ノワールというと、どうしてもブルゴーニュを連想しがちですが
「ブルゴーニュみたいなピノ」なんて、実は世界中のどこでも作ってない気がします。

日本のワインならではの、チャーミングで優しく繊細なピノ・ノワールが
これからたくさん生まれてくれたらいいな、と個人的には思っています。
[PR]
by inwine | 2009-11-01 13:45 | そのほか
あづみアップル 「Deuxiemeシリーズ ピノ・ノワール2006」
あづみアップルの「Deuxiemeシリーズ ピノ・ノワール2006」を飲んでみました。

c0140044_110364.jpg


まだ若いヴィンテージながら、外観は熟成を感じさせるオレンジっぽい色合い。これは以前に飲んだ上位クラスのアイテムも同じでした。
温度がやや低かったこともあるのでしょうが、最初、香りはあまり立ってきません。口に含むとまずしっかりした酸とアルコール感があり、外観の印象よりも骨格を感じます。タンニンも十分ありますが、こなれていて心地よい。これはよさそう、と思いながら食事とともに少しずつ飲んでいると…。

おお! どんどん美味しくなっていきます!!
アメのような厚みのある甘さと、ハーブのような清涼感。スミレやバターなどの瑞々しいアロマのほか、黒い果実などの要素も豊かに感じられます。味わいも、飲むたびに旨みが増していくような印象でした。ワインを味わうときは、やっぱり時間経過を待つことも大事ですね。

ちなみに今回、一緒に食べたのはこんなモノたち。

c0140044_1112374.jpg


スモークした鴨のソテーと、前に北海道ワイン会で教えてもらった白糠酪恵舎のモッツアレラ。それに地元でとれた赤カブとブロッコリーです。
ピノ・ノワールらしい官能性と国産ワインならではの優しい味わいを持ち合わせた今回のワインは、どれにもピッタリ。特に北海道のチーズとは、何だかほっとするようなマリアージュでした。

あづみアップル、さすがの実力です。お値段はなんと1500円。最近のブルゴーニュでは、もうこの価格帯が事実上存在しないことを考えると、お買い得としかいいようがありません。日本の薄ウマワイン、バンザイ!
[PR]
by inwine | 2008-10-11 11:08 | 日本ワインを飲む
「それいゆピノ・ノワール2006」
3月にリリースされた「それいゆピノ・ノワール2006」を飲んでみました。

2003年の「ピノ・ラ・ジェンヌ」、2004年、2005年とどれも優しく柔らかな味わいで大好きなワインです。
新ビンテージも楽しみにしていました。はたして味わいは?

c0140044_1443520.jpg


ファーストアタックではやや強めのタンニンを感じます。香りも閉じ気味ですが、グラスに注いだ2杯目から徐々に開いてきました。青いハーブ香の奥に、フレッシュな果実を感じさせる香りが立ち上ってきます。香りだけでも肉付きのよさが伝わってくるようです。
酸もしっかりとしたボリューム。抜栓後、しばらくしてから少しずつ現れてきた甘みをがっしり支えています。

一口に言えば、非常にポテンシャルを感じさせるワインでした。甘みや渋みなどそれぞれの構成要素がどれも本当にしっかりしています。ただその分、現時点ではバラバラな印象を感じたのも確か。明らかにもう少し待ってから飲んだほうがよさそうです。しばらく熟成期間をおけば、必ず「凄い」ワインになる気がします。

柔らかで優しく、チャーミングという印象だったこれまでのビンテージより、明らかにスケールがひとまわり(いや、もっと?)大きくなっています。うーん、もしかしたらこのワインは日本のピノの新しい出発点になるのかもしれません。

----------------------------------------------------------------------------------------------

消しても消してもスパムコメントが後を絶たないので、しばらくコメント欄をクローズすることにします。いつもコメントをいただいている方々、スミマセン。再開の際はまた、よろしくお願いします。

----------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by inwine | 2008-05-14 14:47 | 日本ワインを飲む