タグ:まるき葡萄酒 ( 1 ) タグの人気記事
山梨ワイナリー訪問 2007/12 <その7>
まるき葡萄酒もやはり長い伝統を持つワイナリー。

c0140044_1301228.jpg


「フランスへ旅立ち、日本に醸造技術をもたらした2人の青年」の話は国産ワインの起源として非常に有名ですが、その2人のうちの1人、土屋龍憲がこのワイナリーの創始者です。

ここでも予約をすればしっかり見学できるのですが、ふらりと訪ねたうえにもう夕方です。試飲だけお願いして帰るつもりでした。
味見をしたのは数種類。こちらでも甲州に力を入れているようです。赤白いろいろ飲ませてもらううちに実はこんなのも、と出していただいたのが山ソービニオン。山ぶどうとカベルネをかけ合わせた品種です。飲んでみると予想以上に洗練された味わい。野性味が強いのではという想像に反して、バランスの良いきれいなワインでした。でも残念ながら、こちらもやはり完売していました。人気商品なのでリリース後しばらくで売り切れてしまうそうです。うーん、またもやこのパターン。ボヤボヤできません。

意外といえば、「スモークド・タクアン」。ワインに合うんですよ、とお勧めされました。
ワインビネガーなどで味付けしたものを、ぶどうの木などを使って燻製したものだそうです。

c0140044_13465246.jpg


まずは試食用に用意されたタクワンをひと口。あ、確かに燻製の香りがして美味しいです。でも、これがワインと?
半信半疑のまま、次にベリーAのワインを飲んでみます。すると… 
不思議なことにホントに合いました。
これは面白い。ウチでも試してみようと、ワインと一緒にタクワンも購入することに。

いろいろと話が進むうちに、「蔵も見てみます?」とのお言葉が。貴重な機会なので、もちろんお願いすることにしました。作業中の畑(垣根です)の前を通り、発酵タンクの脇を抜けて貯蔵庫へ。

c0140044_146389.jpg


そこには膨大な数のボトルがありました。
さらに棚の前の文字を見てびっくり。ドイツ品種を中心に1950年代のワインが山積みになっています。

c0140044_145428.jpg


ボトルを見せてもらったのですが、中のワインは褐色にもなっておらず、澄み切った色です。
スゴイです。さすがは伝説の青年のワイナリー。いいモノを見せてもらいました。

畑を抜ける近道を教えてもらい、20号沿いのJAへ。ここでほうとうと野菜を買って帰るのがすっかり定番コースです。
高速バスの停留所へ歩く間に、空にはやはり月が。12月の寒さはちょっとこたえました。

c0140044_14203581.jpg

[PR]
by inwine | 2007-12-29 14:23 | ワイナリー訪問