タグ:あったかdining みやと・・・ ( 1 ) タグの人気記事
国分寺 『あったかdining みやと・・・』と『Vin Passion』

国分寺の『あったかdining みやと・・・』へ。
ウワサはかねがね聞いてたんですが、やっとお邪魔できました。

国分寺駅から歩いてすぐのビルの中。入口を入るとぐっとお洒落な雰囲気の店内です。

c0140044_9214063.jpg


まず圧倒されたのがメニューの豊富さです。
居酒屋の定番風メニューから、創作系の個性的な一皿、楽しい「石焼」メニューなど
思わず頼みたくなるような料理がずらりと並び、しばらく迷ってしまうほど。
しかもその数々を店主のみやさんがていねいに説明してくれます。

c0140044_9242932.jpg

写真は前菜3種盛り。おいしいです。
ほかにもいろいろ食べたけど、どれもウマかった。

お酒もものすごい種類の梅酒から、焼酎、日本酒、外国ビール、カクテルまで。
メニューを見ているだけで、お店の気合がビンビン伝わってきます。

ワタシの目当てはもちろん日本ワイン。やはり強力なラインナップです。

c0140044_9224628.jpg

リストを見てまず感じたのは、日本中の産地がバランスよく並んでいること。
東京のお店の場合、国産ワインがかなり充実しているところでも、
やはり山梨産が中心となる傾向があります。
でもこちらは北海道から九州まで、まんべんなくカバーしてる感じ。

それも熊本ワインのKISS KIKKAや安心院、サッポロ岡山、岩の原、仲村ワインなど
「おっ」というような渋いチョイスばかりです。
外部からの情報だけに頼らず、ひとつひとつ飲んで選んでいるのが想像できる気がしました。

迷った末、お願いしたのはこのワイン。

c0140044_927242.jpg


エーデルワインの「五月長根葡萄園」です。
品種は甲州三尺とリースリングをかけ合わせたリースリング・リオン。

爽やかながら濃厚な果実の甘みを、しっかりした酸が支えるバランスのよさが魅力的。
個人的にとても好きなワインです。
「美味しいですね」とみやさんに話しかけたところ、
「このワインが国産を好きになったきっかけなんです。」とのお答え。
さすが、入口も渋いぜ。

料理も美味しかったし、もちろんワインにも満足。またうかがいます!

で、そのあとは駅の反対側のワインバー「vin bougnat」へ。
ワイン会や甲斐vinなどで何回かお会いした、山梨出身のソムリエ・窪田さんがいるお店です。
ずいぶん前にお誘いいただき、「行きます!」なんて言っちゃったんですが
なかなか伺えませんでした。

実はお店自体は6~7年前に一度来たことがあります。

当時のままのお店を見つけ、中に入ると… アレ? いません!

がーん、休みかなと思って聞いてみたら、
なんと駅前の支店(?)、「Vin Passion」に異動してました。
そんなわけで「vin bougnat」では一杯だけグラスワインをいただいて移動。
やっと再会できました。

アルプスワイン・前島氏を訪ねた話などを聞きながら、いろんな話題に花が咲きました。
窪田さん、飄々とした面白い方です。お近くの方はぜひ。
ワインも他のお酒もかなり本格的な品揃えで、お値段もかなりお安めです。
ワタシはフェア中だったロイヤルハウスホールドを。これも驚きのプライスでした。

今は少しだけですが、これから国産ワインにも力を入れていきたいと
意気込みを語ってくれました。
こちらもまた来ないと! 

国分寺、かなりやるなと思った一夜でした。
[PR]
by inwine | 2009-11-03 09:30 | 日本ワインを飲める店