<   2010年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧
丹波ワイン 『播磨産スパークリング・カベルネソーヴィニヨンロゼ 2008』

c0140044_1963516.jpg


ガス注入の泡。リーズナブルで、気軽に楽しめるしっかりタイプです。
色もこんなに濃くて、飲みごたえあり。

c0140044_1971619.jpg

ワイン単体でもいいけど、食事とともにじっくり味わいたい感じですね。
カベルネの素直な果実味が出ていて、おいしい。

京都は行政の意向で、瓶内二次発酵の製造が難しいそう。
なんとももったいない話です。
ぜひ本格的なシャンパーニュスタイルも飲んでみたいっす。
[PR]
by inwine | 2010-05-16 19:09 | 日本ワインを飲む
あづみアップル 『ピノ・ノワール ロゼ 2007』
やや尖った部分も感じるけれど、果実味豊かなおいしいワイン。
色もきれいで、ちょっと冷やして飲むとなんだか楽しい。

c0140044_1012656.jpg

キャベツやらニンジンやらベーコンやらを煮込んだトマトのスープと
アジに粉ふってオリーブオイルで焼いたのと一緒に。
このふたつと飲むなら、やっぱりロゼかなとこのワインを選んだんですが
思ったとおり、どちらともよく合いました。ロゼばんざい。
[PR]
by inwine | 2010-05-16 10:03 | 日本ワインを飲む
『燻製屋 椿』
『Kinasse』のあとは同じ幡ヶ谷の『燻製屋 椿』へ。
ちなみにメンバーはいつものワイン仲間3人。

c0140044_10202160.jpg

「燻製屋」っていうだけあって、魚の干物だとか豚肉だとかチーズだとか、
いろんなものが燻製になってます。いい香りがお店に充満。

c0140044_10225894.jpg


これはナッツの燻製。ビール飲みたーい。
c0140044_10204493.jpg


でも、ここも国産ワインがとても充実のお店なのです。
なにげに凄いぜ、幡ヶ谷。新宿なんかより日本ワイン濃度高いかも。

で、飲んだのは

c0140044_1021625.jpg

四恩醸造の『ローズ(橙)2009』。
四恩のワインって、大好きって人と「ちょっと…」って人が面白いほど分かれます。
「普通だね」って人はあんまりいなくて、飲んだあとに、だいたい皆、何かを言いたくなる。
それはすごいことだと思います。そんなワイン、日本にはあまりないような。
ちなみにワタシは「好き」派です。

それから『高畠 甲州1999』。

c0140044_10213799.jpg

もう10年以上の前のヴィンテージ。でもこのワインは、いつ飲んでもすごくフレッシュ。
畑さん着任前のブツですが、その畑さんも今は現場を離れたとか。
高畠ワイン、これからまた違う顔を見せてくれるのでしょう。

燻製以外も野菜の蒸し料理とかウマいです。そういえば燻製ビールなんてのもありました。
燻製好きの方はぜひ~。
[PR]
by inwine | 2010-05-15 10:26 | 日本ワインを飲める店
幡ヶ谷 『Kinasse』
幡ヶ谷駅そば、というかほぼエキナカの立ち飲みワインバー「Kinasse」へ。
熊本の食材と日本ワインが充実のよいお店。
雰囲気もいいし、こんな店が地元にあったら最高ですね。

c0140044_22481914.jpg


ワインリストはこんな感じ。(訪問日は今年2月。たぶんもう変わってます。)

c0140044_22503128.jpg


熊本ときたら、まずはコレ。

c0140044_22491345.jpg


で、ポテサラとか馬肉のスモークとか。美味しそうでしょ。

c0140044_22525684.jpg

初来店でしたが、この日は1時間ほど立ち寄っただけ。またゆっくり来ようと思いました。
[PR]
by inwine | 2010-05-14 22:54 | 日本ワインを飲める店
『消費者が決める!ジャパン・ワイン・オブ・ザ・イヤー』
2月に開催した甲州部門。たくさんの方にお集まりいただきました。

c0140044_9222613.jpg

今回はワイナリーの方も各地から遊びに来てくれました。
優勝はシャトー酒折の『甲州樽発酵 2008』。
醸造責任者の井島さんがちょうど来場されていたので、
スピーチをお願いすることになりました。喜んでいただいて、うれしかったです。

結果の詳細などは↓こちらに。

http://www.makersdinner.com/archives/1257379.html
[PR]
by inwine | 2010-05-14 09:25 | そのほか
お座敷ワイン会
山梨ワインで『お座敷ワイン会』。

途中で各自持ち込みワインのブラインド大会があったりして、とても楽しい会でした。

野生酵母発酵のシャルドネを飲ませてもらいましたが、
とても繊細できちんとした美味しさ。荒っぽいタイプの自然派とは一線を画してます。

それからなんといってもカベルネ。
少しだけ出してもらった貴重なバックヴィンテージ、抜群に美味しいです。
ウチのセラーにあるワインも我慢して少し寝かせてみようと思いました。

c0140044_189486.jpg

(画像はなぜかフォーシーズンズ。これも大好きなワインです。)
[PR]
by inwine | 2010-05-13 18:12 | ワイナリー訪問
フェルミエ 『カベルネ・ソーヴィニヨン2008』
開けたてはやや還元的。酸とタンニン、チェリーのような若い果実味が
それぞれしっかりと主張を。確かなポテンシャルを感じるワイン。

c0140044_1625836.jpg

抜栓30分後には、少しずつ各要素が融けあって、イイ感じでした。
できたら来年、また飲んでみたい。
エチケットもシンプルで、モダンなデザイン。カッコいいです。
[PR]
by inwine | 2010-05-12 16:04 | 日本ワインを飲む
カーブドッチ『Petit 2007』

みなさま、ごぶさたしてました。…というわけで、ブログ再開します。
なんと約4か月ぶり。いかんですね。

今後は前とは少しかたちを変えて、
基本的に文章はちょこっとだけにしようかなと思ってます。

またヨロシクお願いします。

-------------------------------------------------------------------

カーブドッチ『Petit 2007』。シャルドネ100%。

c0140044_10185528.jpg

ほのかだけどしっかりした品種香と心地よい残糖感。すっきりとしてとても美味しい。

一緒に食べたのは金目鯛のしゃぶしゃぶ。

c0140044_10193546.jpg

脂のよくのった金目には、その重みを受け止めるシャルドネがよく合う気がします。
でもブルゴーニュではワインが強すぎる。ニューワールドだと白身の繊細さに合ってくれない。
ここはやっぱり日本のシャルドネ。薄くまとった樽の香りともバッチリでした。
今年のまだ寒いころの話です。
[PR]
by inwine | 2010-05-10 10:20 | 日本ワインを飲む