<   2009年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧
金井醸造場 『デラウェア万力+ 2009』

ひさしぶりに一人でふらっと山梨に行ってきました。

最初に訪れたのは金井醸造場。
当主・金井一郎さんは不在でしたが、奥様の祐子さんが応対してくれました。

c0140044_12404868.jpg


今回、お邪魔した目的のひとつは『デラウェア万力+ 2009』です。

c0140044_1241515.jpg


今年のデラは苦戦したところが多かったそうですが
金井さんの畑はとてもよい出来だったとのこと。
毎年美味しいこのワイン。飲むのが楽しみです。

葡萄栽培者のひとり、四恩・小林さんの話に。

「僕は自分で育てた葡萄を売り、人から買った葡萄でワインを造る。
 みんなでワインを造りたいんです。」

先日のテレビで、小林さんがそんな話をしていたのが
とても印象に残っていました。

実はご主人の金井さんもあんなに良い葡萄を
なぜ全部自分で醸造しないのか
不思議がって、ご本人に尋ねていたそうです。

その答えは「いやー、僕は百姓でやっていきたいんですよ」だったそう。
小林さんの考え方には、なにか考えさせられるところがあります。

テレビといえば、金井さんも先日NHKに出たところ
その理念に共感した数軒の農家さんから
「ウチの葡萄を使ってほしい」と申し出があったそうです。
葡萄供給の低下が懸念される一方で、意欲的な農家さんもたくさんいるんですね。

今年から本格的に畑を一部、任されたという祐子さん。
8000枚のカサかけをほとんど一人でやったそうです。
「主人はすぐ飽きちゃうんですよ」と笑っていました。気さくで魅力的な方です。


------------------------------------------------------------------------------


『デラウェア万力+ 2009』

c0140044_12415416.jpg


かなりピンクがかった色合い。
フレッシュで濃厚な果実の香りがたちこめ、
口に含むと、ふわりとした自然で優しい甘みが広がります。
中盤は皮や種のニュアンス。ほどよい渋みと旨みが心地いい。
そして最後は目の覚めるようなきりりとした酸が味覚を刺激します。

決してボリュームの大きさを誇るタイプではありませんが
重層的な味わいによって、ワインに深みが生まれている気がします。

柔和と厳しさの両方が感じられる、金井さんの表情が
浮かんでくるようなワインです。

今回はこんなおつまみと一緒に。

c0140044_12425688.jpg


葡萄の実そのものがダイレクトに感じられるワインの味わいと
軽めの前菜は、とてもよく合いました。

フレッシュさでいっぱいの今も最高に美味しいワインですが、
時間が経てばきっと違う姿も見せてくれるはず。
手元に何本か置いておき、時期を置いてじっくりと楽しみたくなりました。
[PR]
by inwine | 2009-11-10 12:46 | ワイナリー訪問
カタシモワイナリー 『キングセルビーにごりスパークリング・デラウェア』

大阪・カタシモワイナリーの『キングセルビーにごりスパークリング・デラウェア』を飲みました。

c0140044_1057367.jpg


鼻を近づけると洋梨や白い花の濃厚なアロマが。酵母由来と思われる香ばしさも感じられます。
どんな味わいか、期待が高まる華やかな香りです。

口に含むと、やはり洋梨のコンポートのような厚みのある甘さ。
まるで蜜の多いリンゴをかじっているような果実感です。

一方で少しスパイシーな感じもあり、ワインとしての骨格もしっかり。
飲みあきするような単調さとは無縁です。

泡も荒っぽさはなく、爽快な発泡感。あっという間に飲んでしまいました。

飲み終えたグラスには、こんな結晶が。「にごり」の名はダテではありません。

c0140044_10575876.jpg


楽しいワインでした。天気のいい休日の午後にゴクゴクいきたい!
[PR]
by inwine | 2009-11-09 11:00 | 日本ワインを飲む
安曇野ワイナリー 『メルロ ロゼ 2008』

安曇野ワイナリーの『メルロ ロゼ 2008』を飲みました。
2008年に新たなスタートをきった新生ワイナリーです。
醸造責任者に迎え入れられたのは、マンズワインの工場長だった戸川英夫氏。

c0140044_1255148.jpg


色調はややオレンジがかったピンク。
葡萄の粒そのものを口に含んだときに感じられるような、みずみずしいアロマが立ち上ります。

味わいには見事にメルロの個性が現れていて、ロゼとしては比較的ドライ。
ボディの豊かさがはっきり感じられます。
凝縮感、とまではいかずとも、水っぽいロゼとは一線を画す芯の通ったワインです。
詳細は不明ですが、おそらくセニエ製法ではないような気がします。

一緒に豚バラ肉のココット焼きを食べたのですが、
豚肉の甘い脂を包み込むようなすばらしいマリアージュでした。

c0140044_1256732.jpg


一方ではイチゴのようなチャーミングな甘さもほどよく広がり
少し冷やして、もっと軽い料理や魚介類と気軽に飲める楽しさも持ち合わせています。

いやー美味しい。安曇野ワイナリー、要注目です。
[PR]
by inwine | 2009-11-07 13:01 | 日本ワインを飲む
『山梨ヌーボー祭り2009』

日比谷公園で開催された『山梨ヌーボー祭り』に行ってきました。

c0140044_2375273.jpg

ウワサには聞いていましたが、すごい人の数です。
11時半スタートですが、12時半には受付待ちの列がこの状態。

c0140044_2384940.jpg

c0140044_2394083.jpg

めげそうになりつつも、30分ほどしたら入場できました。
もらったグラスを片手に、いざ出陣!

でも試飲ブースもこんな感じです。まるで初詣。

c0140044_2391637.jpg

ただ皆さんマナーがよく、混乱もなくさくさくと列が進むので
思っているほど待つこともありません。

中で合流したワイン仲間の皆さんと一緒に並び、
いくつか試飲させてもらいました。

c0140044_23101550.jpg

それにしても国産ワインの人気、すごいです。
各ワイナリーの方々はちょっとだけお疲れモードでしたが
会場の熱気を見て、なんだか嬉しくなりました。
販売ブースが閑散としてるのがちょっと気になりますが。

そのあとはレジャーシートの上で
宴会モードのグループとご一緒させてもらうことに。
皆さん、早朝から並んで場所取りをされていたそうです。
ラッキー。ありがとうございました!

皆さんが持ち寄ったワインは何気に希少なお宝ばかり。
さすがです。ワタシもお相伴にあずかりました。

一休みさせてもらい、もう一度試飲ブースへ。
狙いをつけていくつか回ります。
最初は人の多さにあまり飲めないかと心配したのですが、
結局、7~8種ほどは余裕で試飲できました。

一番印象に残ったのはアルプスワイン。
新酒とは思えない完成度で、ガブガブ飲むより
ウチでゆっくり楽しみたくなります。

c0140044_23113624.jpg

ただこのイベントは、まさに今年の収穫を祝うお祭りそのもの。
細かいこと言わずに楽しむのが吉です。

こんな人もサイン会をしてたり。

c0140044_23114997.jpg

結構酔っ払ったなと思ったころ、閉幕の時間を迎えました。
最後はガード下のビール屋さんで打ち上げして解散。
秋らしく屋外を満喫できる、楽しいイベントでした。
[PR]
by inwine | 2009-11-06 23:15 | 日本ワインを飲める店
塩尻ワイナリーフェスタ2009 <2>

城戸ワイナリーからは男4人でテクテクとウォーキング。
民家、レストラン、学校など塩尻の町を抜けてほろ酔い気分で歩きます。
こういうのも楽しいですね。

やがて信濃ワインに到着。
イベントなどでお世話になっている三宅さんを発見してごあいさつです。

c0140044_18143953.jpg

なぜかいきなりフィーヌを試飲させてもらいました。
使用品種はコンコード。ラブラスカのフィーヌってかなり珍しいんじゃないでしょうか。

c0140044_18155368.jpg

ふわりと薫る生食ぶどうの香りがいい感じ。日本人の葡萄好きDNAを刺激します。

樽に入っていたカベルネ・ソーヴィニヨンとメルロも。

c0140044_18161745.jpg

メルロはもちろんですが、カベルネが美味しい!
かなり最近植えた葡萄で、樹齢はまだまだとのことですが
果実味が豊かで、素直な魅力に溢れています。樽の風味にもまるで負けていません。
塩尻はカベルネもイケるんですね。

ここで去年も食べた、ぶどうで育った豚のソーセージを。
今年は肉屋さんが材料を持ち込み、ワイナリー内で手作りしたそうです。
これを炭火でこんがり焼き、マスタードを添えてハイどうぞ。

いやーメチャウマです。ひと口食べて、メルロをゴクリ。ぜいたくだぜ。

信濃ワインのあとは、やはり去年行った蕎麦屋さんへ。

c0140044_18163848.jpg

うーん。なんか去年のほうがウマかったような…。気のせいかな。

蕎麦屋さんを出た後は、五一ワインへ。こちらも活気に溢れています。

c0140044_183192.jpg

c0140044_18181316.jpg

社長のお姿も。

c0140044_18185298.jpg

畑に行くと、おなじみの貴腐葡萄が。ドロドロです。

c0140044_18191238.jpg

写真を撮っていたら、一緒に回ってたキヨさんに口に入れられてしまいました。
「ぎゃっ」と思ったものの、食べてみると甘~い。なるほど。何ごとも経験だ。

こちらはトラクターでの畑見学。楽しそう。

c0140044_18195032.jpg

やはり同行してたたこやき坊主さんから
「これウマイ!」と勧められたのが2004年桔梗ヶ原メルロ。絶品でした。

凝縮した深い味わいには、ボルドー系品種独特の緊張感が。この完成度はかなりのものです。

五一ワインのすぐ隣にあるのが、井筒ワイン。
二階の有料試飲コーナーで、以前ワイン会などでお会いした営業の小田さんと再会です。

c0140044_18202886.jpg

6種類のワインを4人でちびちびと。

c0140044_18204915.jpg

樽熟スープリーム、やっぱり美味しいです。ちょっと高いけど。

今日は塩尻のメルロの貫禄に圧倒されっぱなし。会社は違っても、葡萄のクオリティは皆さすがです。
まさに『銘醸地』という言葉がぴったりだなとつくづく思いました。

続いて向かったメルシャンのセラーでは、志学館高校の研究発表会が。

c0140044_18221565.jpg

受付にいたメルシャンの塩原さん、高山先生をパチリ。

c0140044_18231533.jpg

c0140044_18233218.jpg

ここからバスに乗り込み、珍しいJAのワイン醸造施設へ。

c0140044_18235133.jpg

「S.N.Kワイナリー」だそうです。塩尻の「S」・農協の「N」… アレ「K」ってなんだろ? 「協」かな。

最後はいったん駅前に戻り、反対側のサントリー塩尻ワイナリーへ。

c0140044_182485.jpg

ひと通り試飲をさせてもらった頃には、だんだん日も暮れ始めました。

特急に乗り込み、楽しいイベントは終了~。

…かと思ったら、ビールとおつまみ片手に、車内おっさん飲み会が始まりましたとさ。
ホントよく飲んだ一日でした。
[PR]
by inwine | 2009-11-05 18:36 | ワイナリー訪問
塩尻ワイナリーフェスタ2009 <1>

今年も塩尻ワイナリーフェスタへ行ってきました。

c0140044_12112937.jpg


早朝のスーパーあずさに乗り込み、塩尻駅へ。
ワイン仲間の方たちと現地合流して、最初に向かったのは城戸ワイナリーです。

c0140044_12115093.jpg


昨年は駅前だけの出展でしたが、今年はワイナリーをオープンされています。
初めて中に入ることができました。

c0140044_1212291.jpg


城戸さんみずから訪問客に応対。まだお忙しい時期だと思いますが、ありがとうございます!
「今年の葡萄はかなりいいですよ」と力強く話してくれました。楽しみです。

『プレミアムメルロー2008』『プライベートリザーブ・メルロー2007』
『プレミアムシャルドネ2008』の3種を有料テイスティング。

c0140044_12124962.jpg


いやーどれもウマイです。
『プレミアムメルロー』は豊かな果実味、
『プライベートリザーブ・メルロー』は重厚なボリューム感が魅力的。
造りの方向性は違いますが、どちらも塩尻の風土から生まれる葡萄のリッチさが伝わってきます。
特にプライベートリザーブの旨みはスゴイ。

そしてシャルドネ。鼻を近づけると丸みを帯びた柑橘やパイナップルの香りが。
抜栓時間の影響もあるかもしれませんが、完全に柔らかく開いています。
これだけで、もううっとりです。

もちろんボディもしっかりしていますが、厳しさはなく丸みを帯びた優しい味わい。
以前、プライベートリザーブのシャルドネ(ヴィンテージは忘れてしまいました)を飲んだときは
かなり硬質な印象を受けた記憶があるのですが
やはりシャルドネもプライベートリザーブは長熟向き、
プレミアムは比較的早く楽しめるタイプという区分なのかもしれません。

以前、ワインジャーナリストの鹿取みゆきさんが
「塩尻はシャルドネですよ」とおっしゃっていたのを思い出しました。うーむ、確かに。

試飲のあとは、畑を見学させてもらいました。

c0140044_12131447.jpg


カベルネもメルロも、まだ収穫を待つ葡萄が残っています。

c0140044_12133813.jpg


ぐるっと一回りしてワイナリーに戻ってきたら、長蛇の列が。早めに来てヨカッタ。

次は歩いて信濃ワインへ!
[PR]
by inwine | 2009-11-05 12:16 | ワイナリー訪問
日本ワイン on TV!

日本ワインを取り上げたテレビ番組を2つ見ました。
ひとつはCSチャンネル「食と旅のフーディーズTV」の
『シャトー・ジャポン~いま日本のワインが熱い~』。

番組の軸となるのは日本ワインを愛する会・遠藤誠氏のお店「遠藤利三郎商店」での
遠藤・辰巳琢郎両氏と、ナビゲーター・政井マヤとのトーク。
そこに取材映像がインサートされる構成です。

訪問地は山梨・大善寺、勝沼醸造、トンネルカーブ、登美の丘ワイナリー。
そして長野の五一ワイン、サンクゼール。

メルシャン、グレイス、マンズでも撮影したようですが、こちらはダイジェスト。
かなりあちこち取材していて、製作サイドの気合が伝わってきます。いいですね。
冒頭でぶどう祭りの様子を伝え、最後に鳥居焼きと花火で締めるのもイイ感じです。

辰巳琢郎オススメワインのコーナーでも、北海道から九州まで
日本各地のワイナリーを紹介。かなりの数の銘柄が登場します。

情報量はたっぷりすぎるくらいですが、ワインビギナーの政井マヤを
おじさん二人が手ほどきするという形をとっているため、
それほど堅い雰囲気にはなっていません。さすが。

チャンネルとして結構力を入れた目玉番組のようで、
公式サイトではトップに出てたり、スポニチでも紹介されてたり。

http://www.foodiestv.jp/
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20091102026.html


この形で毎週放送してくれないかな。


もうひとつはやはりCS・TBSチャンネルで放送された
『木村郁美のほろ酔い紀行~甲州・ワイン編~』。

http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/lineup/v1603.html

こちらのナビゲーター、木村アナはワインエキスパートを持っていて
これまでもワイン番組に数多く出演しています。
このあたりで『シャトー・ジャポン』とはまた違うアプローチが見られそう。

冒頭はなんと勝沼の朝市。渋い!
ワタシも行ったことありますが、この朝市、イベント感はあまりなく
基本的には地元のフリマ的な雰囲気です。さすが木村アナ。チャラチャラしてないぜ。

地酒的な甲州をあおりながら
「甲州の繊細な感じとは違う、しっかりした味」と語る姿もカッコイイです。
甲州ワインの伝道師・大山氏の講習会も紹介されていました。

そして最初に訪れたのは機山洋酒! うーむ、さすがです。
他の番組でよく紹介され、メディア対応にもなれた大手ワイナリーではなく
小規模ながら実力派のワイナリーを選ぶところに、通向けの目配せを感じます。

しかし、このワイナリーはあまりテレビとは
結びつかないようなイメージを持っていたので
なんだか意外な感じがしました。まあワタシの勝手な思い込みなんですが。

樽が並ぶセラーの中で、「熟成」と「劣化」に関する土屋さんの話。
面白い。ワイナリーで話をうかがっているみたいな気分になりました。
この映像、結構貴重なんじゃないでしょうか。

グラスを傾けながらも話は続きます。奥様も登場。
一見、寡黙な雰囲気の土屋さんですが、ワインを語る言葉は次々と溢れてきます。
コンクールに関する考え方など興味深いテーマの話も。
これはやはり聞き手の木村アナに、ワイン経験の多いことが吉と出ているんでしょう。

そして次の訪問地は新田商店!
いろいろなワイナリーで特別キュベをプロデュースしている、
山梨のワイン業界をリードするネゴシアン酒屋さんです。

ワイナリーではなく、あえてこの選択をしたことに
これまでの同種番組とは違うセンスをビンビン感じます。すごいぜ。

そして最後に登場したのが、四恩醸造の小林さん!
こちらも機山同様、通常は見学などを受け付けていないワイナリーです。
確かにこういうところこそ、テレビで取材する意味があるのかもしれません。
発酵中のデラウェアを試飲しながら、醸造設備の中で哲学を語る小林さん。
この映像もかなりのお宝なはずです。

最後は小林さんの自宅での宴会風景でエンディング。
参加者の中にはブルゴーニュ魂・西方氏の顔も。

うーん、面白かった。
『シャトー・ジャポン』は実の詰まった情報番組でしたが、
こちらは良質のドキュメンタリー。
どちらもとても楽しめました。

国産ワインを紹介するテレビ番組は、これまでもいくつかありましたが
今回の2本はかなりの内容充実度でした。
こうした番組が出てくるのも、日本ワイン浸透の証拠なのかも。

再放送もかなりやるみたいなので、見逃した方は局のHPなどをチェックしてみてください!
[PR]
by inwine | 2009-11-04 13:04 | そのほか
国分寺 『あったかdining みやと・・・』と『Vin Passion』

国分寺の『あったかdining みやと・・・』へ。
ウワサはかねがね聞いてたんですが、やっとお邪魔できました。

国分寺駅から歩いてすぐのビルの中。入口を入るとぐっとお洒落な雰囲気の店内です。

c0140044_9214063.jpg


まず圧倒されたのがメニューの豊富さです。
居酒屋の定番風メニューから、創作系の個性的な一皿、楽しい「石焼」メニューなど
思わず頼みたくなるような料理がずらりと並び、しばらく迷ってしまうほど。
しかもその数々を店主のみやさんがていねいに説明してくれます。

c0140044_9242932.jpg

写真は前菜3種盛り。おいしいです。
ほかにもいろいろ食べたけど、どれもウマかった。

お酒もものすごい種類の梅酒から、焼酎、日本酒、外国ビール、カクテルまで。
メニューを見ているだけで、お店の気合がビンビン伝わってきます。

ワタシの目当てはもちろん日本ワイン。やはり強力なラインナップです。

c0140044_9224628.jpg

リストを見てまず感じたのは、日本中の産地がバランスよく並んでいること。
東京のお店の場合、国産ワインがかなり充実しているところでも、
やはり山梨産が中心となる傾向があります。
でもこちらは北海道から九州まで、まんべんなくカバーしてる感じ。

それも熊本ワインのKISS KIKKAや安心院、サッポロ岡山、岩の原、仲村ワインなど
「おっ」というような渋いチョイスばかりです。
外部からの情報だけに頼らず、ひとつひとつ飲んで選んでいるのが想像できる気がしました。

迷った末、お願いしたのはこのワイン。

c0140044_927242.jpg


エーデルワインの「五月長根葡萄園」です。
品種は甲州三尺とリースリングをかけ合わせたリースリング・リオン。

爽やかながら濃厚な果実の甘みを、しっかりした酸が支えるバランスのよさが魅力的。
個人的にとても好きなワインです。
「美味しいですね」とみやさんに話しかけたところ、
「このワインが国産を好きになったきっかけなんです。」とのお答え。
さすが、入口も渋いぜ。

料理も美味しかったし、もちろんワインにも満足。またうかがいます!

で、そのあとは駅の反対側のワインバー「vin bougnat」へ。
ワイン会や甲斐vinなどで何回かお会いした、山梨出身のソムリエ・窪田さんがいるお店です。
ずいぶん前にお誘いいただき、「行きます!」なんて言っちゃったんですが
なかなか伺えませんでした。

実はお店自体は6~7年前に一度来たことがあります。

当時のままのお店を見つけ、中に入ると… アレ? いません!

がーん、休みかなと思って聞いてみたら、
なんと駅前の支店(?)、「Vin Passion」に異動してました。
そんなわけで「vin bougnat」では一杯だけグラスワインをいただいて移動。
やっと再会できました。

アルプスワイン・前島氏を訪ねた話などを聞きながら、いろんな話題に花が咲きました。
窪田さん、飄々とした面白い方です。お近くの方はぜひ。
ワインも他のお酒もかなり本格的な品揃えで、お値段もかなりお安めです。
ワタシはフェア中だったロイヤルハウスホールドを。これも驚きのプライスでした。

今は少しだけですが、これから国産ワインにも力を入れていきたいと
意気込みを語ってくれました。
こちらもまた来ないと! 

国分寺、かなりやるなと思った一夜でした。
[PR]
by inwine | 2009-11-03 09:30 | 日本ワインを飲める店
『消費者が決める!ジャパン・ワイン・オブ・ザ・イヤー2009』無事終了!

先日、このブログで告知しました「消費者が決める!ジャパン・ワイン・オブ・ザ・イヤー2009」。
無事、大盛況で開催することができました。参加していただいた皆様、ありがとうございました。
当日の様子を、動画でご覧ください。



[PR]
by inwine | 2009-11-02 11:23 | そのほか
秋の日記<5>

×月△日


収穫・収穫・収穫!


c0140044_1733463.jpg



c0140044_1712921.jpg




c0140044_17131156.jpg


c0140044_1713352.jpg




c0140044_1714571.jpg




c0140044_17145263.jpg



c0140044_1715673.jpg




c0140044_17261829.jpg




c0140044_1715186.jpg


[PR]
by inwine | 2009-11-01 17:16 | そのほか