「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
「塩尻ワイナリーフェスタ2008」 <2>
「塩尻ワイナリーフェスタ2008」に伴って行われた、造り手を囲むパーティーに出席しました。
ここでは各ワイナリーの造り手の方も大勢参加。皆さんから貴重なお話をうかがうことができました。
中でも興味深かったのは、メルシャンのヴィンヤード・マネージャー・塩原博之さんのお話。
以前、斎藤浩工場長に写真を見せていただいたマリコ・ヴィンヤードの栽培責任者です。

c0140044_2313284.jpg


丸子(まりこ)の畑は総面積12.5ヘクタール。よくある言い方でいうと、東京ドーム3個分弱です。実に広大な畑ですが、管理・統括ははなんと3人のスタッフでまかなっているとのこと。ご苦労は容易に想像できます。
栽培された葡萄は現在、ブレンド用として製品化されていますが、「マリコ」の名がつくブランドのリリースももうまもなく。
すでにワインは瓶熟成中で、会社のゴーサインを待っているところだそうです。価格帯は長野メルローぐらいになるのでは、ということでした。ボトルを手にするのが今から楽しみです。

井筒ワインの野田森さんには同じ土地の斜面上部と下部の葡萄を別々に仕込んだワインを飲み比べさせていただきました。

c0140044_232120.jpg


2つのキャラクターはまったくの別ものでした。エレガントな上部とがっしりしたボディの下部。個性は違うけれど、どちらもそれぞれに美味しい。ちょうど兄弟のようなこのワインは、最終的にブレンドしてリリースされるそうです。

c0140044_233757.jpg


今回、もっとも長くお話を聞けたのはKidoワイナリーの城戸さんでした。
内容はワイン作りの哲学や求めるワインのかたちに始まり、小規模ワイナリーならではのご苦労、今後の計画や展望などから、盟友・ボー・ペイサージュ岡本さんのお話や、いわゆる自然主義のワイン作りに関する考え方、そのほかそのほか…。

c0140044_2333256.jpg


「安くて非常にいいワインは日本では難しいけれど、高価格帯になればフランスと同じレベルを実現できる。
僕は世界のスタンダードというものは、やはり意識する。」という言葉には「ワインは造り手なんだ」という強いプライドが伝わってきます。
そしてやはり「宿命的風土論」への疑問を投げかけた日本ワインの父・麻井宇介氏の著作を自然と思い出さずにはいられませんでした。

ビオの手法について意見をうかがうと「特に肯定も否定もしない。大事なのはその方法が葡萄やワインのためにいいかどうかということだけ。良い部分は取り入れるし、考え方が合わないものもある。」と明確に語ってくれました。「ただし土壌や環境のことを考えてビオの手法を取り入れるとすれば、それは本当にいいこと。」とも。また「ビオの考え方は今は神秘的に見えるけど、昔はそれが一番合理的だったんだと思う。」という言葉には、なるほどと思わず手を打ちました。

また発酵についてはヨーロッパ系品種はすべて野生酵母によるもの。これも野生酵母そのものにこだわるというより、それを上回るほどの培養酵母が見当たらないからだそうです。つまり良いものがあれば、否定する理由はないという考え方。
こうした自然体で柔軟な発想は、素人でも素直に共感できます。なんというか非常に現実的で明快。

また野生酵母を選ぶもうひとつの理由は、培養酵母だと「発酵が早く始まりすぎてしまうから」だそうです。城戸さんによれば発酵が始まる前、いろいろな微生物が果汁中で活動している時期は、醸造過程において非常に重要とのこと。野生酵母による発酵については「発酵が始まってくれるのをじっと祈りながら待つ」みたいなイメージを勝手に妄想していたので、なんだか意外な感じがしました。

SO2の量はメルロに関しては特に少なめ。これも単純に量を減らすことだけが目的ではなく、メルロの場合、亜硫酸の影響で堅いワインになってしまうことが最大の理由だそうです。ちなみに全体量の大部分は破砕直後に入れるとのこと。これもやはり発酵を遅らせることが目的ということでした。

「ぶどうの出来不出来があるから、毎年毎年ワインが良くなっていくことはありません。それに栽培から醸造の全工程ですべて 満足するようなことは今後もないでしょう。それでもその年その年に経験したさまざまなことは、必ず蓄積されてワイン造りに活かせる。」
そう語る城戸さんのワインからは、今後も目を離すことはできません。今後の動きとしては、栽培中のカベルネ・フランがトップブランドの「プロジェクトK」にブレンドされる可能性もあるとのこと。(ただし、あくまでも葡萄の出来次第だそうです。)
そして楽しみなのがピノ・ノワール。今年収穫したぶどうがいよいよ来年、初リリースされる予定だと教えていただきました。

寒冷な塩尻は、山梨などよりも収穫時期は遅め。その中でも城戸ワイナリーは、さらに例外的なくらい収穫が遅いそうです。つまり畑の作業も仕込みもまだまだこれからということになります。この時期のイベント開催は、かなり負担が大きいはず。それでもお疲れの中、いろいろなお話を聞かせていただき、感激しました。本当にありがとうございます!

パーティーの後はホテルで一泊。翌日はワイナリーめぐりに向かいました。
というわけで、もう一回続きます。長くてすみませんが、ヨロシク。
[PR]
by inwine | 2008-10-31 23:18 | ワイナリー訪問
「塩尻ワイナリーフェスタ2008」 <1>
塩尻の各ワイナリーを臨時の循環バスでめぐる「塩尻ワイナリーフェスタ2008」に行ってきました。

c0140044_1135382.jpg


今年は10月25・26日の週末2日間にわたって開催されました。
私は「日本ワインを愛する会」事務局主催のツアーに参加。一泊二日のスケジュールで、盛りだくさんのイベントを満喫させていただきました。

c0140044_1143639.jpg


まず初日は市内のホテルで「ヌーボーワインの夕べ」に参加。各ワイナリーの新酒を立食形式で楽しむパーティーです。
ここでは志学館高校で醸造を教えている高山先生にお話をうかがうことができました。志学館は今年の国産ワインコンクールで銅賞を受賞して話題になった公立高校です。

c0140044_11112567.jpg
c0140044_11115914.jpg



同校は昭和18年に果実種類製造免許を取得。昭和40年代からワイン作りを教育の一環として行ってきたとのことです。フランスへの研修旅行も行うなどプログラムは本格的。
実習を行うのは女子生徒が多いそうで、栽培から醸造まであらゆる工程に関わっています。
校内の敷地で栽培されているのは銅賞受賞のメルロほか、ベリーA、リースリング、ピノ・ノワール、セミヨン、カベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネなどなど実に様々な品種。
うーん、スゴイです。
受賞ワインを飲んだとき、まず感じたのはしっかりした樽香。お話をうかがったところ、新樽もかなり購入されているとのことでした。栽培・醸造を学ぶには、実に恵まれた環境のようです。この学校から業界を担う醸造家たちが続々と巣立つ日も近いのかもしれません。
ちなみに今回参加されていたもう一人の先生、西牧さんは壇上でシャンパン・サーベルの技を披露。会場中の拍手を浴びていました。やりますね、先生。

このパーティーは一時間ほどで中座。今度は駅近くにあるレストラン「のでVin」に移動して、造り手の方々を囲む会です。
参加されたのは井筒ワイン、Kidoワイナリー、サントリー、信濃ワイン、林農園、メルシャン各社のスタッフ。

c0140044_1111412.jpg
c0140044_11123840.jpg

c0140044_11125990.jpg


中でもKidoワイナリーの城戸亜紀人さんには非常に長時間にわたり、いろいろなお話を聞かせていただきました。(イベントのお疲れの中、申し訳ありません!)
しかしその内容は、私にとって実に大きな収穫でした。

長くなってしまいそうなので、この続きは次回。
[PR]
by inwine | 2008-10-29 11:19 | ワイナリー訪問
シャトレーゼ勝沼ワイナリー 2008年収穫<その3>

またまたまたシャトレーゼの収穫に行ってきました。今回のぶどうは甲斐ノワール。
ワイナリーにとってもこれが最後の収穫だそうです。お疲れさまでした!

c0140044_10144372.jpg



これは収穫隊隊長による朝礼風景。

c0140044_10152552.jpg



少しでもたるんでいる者がいると厳しいゲキが飛びます。(ウソ)

一面に広がる棚の畑で、いっせいに収穫が始まりました。

c0140044_1016023.jpg
c0140044_10162368.jpg



ぶどうが健康だったおかげもあって、作業は順調に進行。
午前中で終わるかなと思ったのですが、惜しくも少しだけ残して昼食タイムに。
お昼は仕出しの豪華な惣菜と大量のおにぎり、そしてワインも出していただきました。

c0140044_10171422.jpg


ベリーAと甲州、そしてデラウェアの新酒。どれも文句なしの美味しさで、楽しい昼食でした。
ごちそうさまです!

しばしの休憩ののち、ふたたび畑へ。その後すぐに作業は終了しました。

c0140044_10241610.jpg



ワイナリーに戻った後は、仕込みのお手伝いにも参加。

入り口はこんなカンジ。

c0140044_1020219.jpg


c0140044_10181777.jpg


それからこう流れて…。

c0140044_10183910.jpg


こんな作業も。

c0140044_1019432.jpg
c0140044_10192885.jpg



そしてここを通り…。

c0140044_10293468.jpg



最後はこちらへ。

c0140044_10194497.jpg


夜は石和の焼肉屋さんで打ち上げ。今回は戸澤さんはじめシャトレーゼの皆さんも顔を出したほか、前回同様、ほかのワイナリーの方も加わるにぎやかさでした。(私は途中で失礼しましたが、飲み会は夜中の3時まで続いたそうです。みんなタフだ。)
ちなみに山梨ワインの野沢さんはこの日、誕生日だったそう。おめでとうございます。(宴会の写真はナシ。撮り忘れた。)

お店の許可を得て、ワインは持ち込み。造り手の方持参のできたてワインや貴重なバックヴィンテージ、それにちょっと怪しいワインも飲ませてもらうことができました。

今年の収穫作業はどこもほとんど終わりだと思いますが、楽しそうだなと思った人は来年、ぜひご参加ください。
mixiのどこかで募集してます(たぶん)。平日に来れる人は特に歓迎されるはず。あと晴れ男・晴れ女の人も手厚くもてなされると思います。
[PR]
by inwine | 2008-10-25 10:34 | ワイナリー訪問
下北沢・タンブラン 「国産ロゼを飲む会」
下北沢の「ワインカフェ・タンブラン」で行われた「国産ロゼを飲む会」に参加してきました。

メンバーはネットのコミュニティで集まったワイン好きの皆さん。10名近い賑わいです。
(私は某レストランガイドのサイト経由で参加したのですが、実は他の方は全員某SNSの仲間だそうです。)
趣味や関心を共有する人々が、こんな風にすぐに集まってわいわいとグラスを交わせるのですから
インターネットってホントに便利なツールだなーとつくづく思います。
今回は偶然、一度お会いした方がいらっしゃったのですが、その方以外とは全員初対面。
それでもいろんなお話で盛り上がることができました。

会場となった席は、以前に伺ったときにちょっと気になった店内奥の半個室。
十人弱が座れる、落ち着いた雰囲気のテーブルです。
照明も薄暗くてイイ感じ。でもそのせいか、写真はあまりうまく撮れませんでした。(涙)
なので、今回は写真は料理の一部のみです。

どのお皿も美味しくてボリュームも満点。


c0140044_17254976.jpg


カジュアルで楽しいメニューは健在でした。
ちなみに普段のワインリストはと見てみると… おお!増えています。
前に来た時は丹波ワインやダイヤモンド酒造なんかはなかったような気が…。(間違ってたらスミマセン。)
ウワサの「がんこおやじの手造りワイン」なんかもオンリストしていました。

オーナーの大場さんとも、ちょっとだけお話させていただいたのですが、
やはり「気軽に飲めて美味しいワイン」の品揃えを心がけていらっしゃるとのこと。
決して気取ることのない、まさに「ワインカフェ」の名にぴったりのお店です。

さて本題のロゼワインのラインナップは…

シャトーメルシャン / 穂坂のあわ 2007
丸藤葡萄酒 / ルバイヤート・ロゼ 2003
都農ワイン / キャンベル・アーリー ドライ 2007
シャトーメルシャン / ももいろメルロー 2007
フジッコワイナリー / カベルネ・ロゼ 2003
ココ・ファーム・ワイナリー / こころぜ 2006

ちなみに最後はそれいゆのルージュ・クサカベンヌを追加。
また大場さんからは鶴沼トラミーナを一杯サービスしていただきました。
ありがとうございます!

醸造法も、それぞれのワイナリーの中での位置づけもさまざまですが、
どれもそれぞれの持ち味を発揮した美味しいワインでした。
それにこんな風にロゼだけを一度に飲む機会はめったにありません。結構レアなのもあってヨカッタ。
主催者のみっちーさん、ロクにご挨拶もできませんでしたが、楽しい機会をありがとうございました。
[PR]
by inwine | 2008-10-24 17:29 | 日本ワインを飲める店
日本のおかずを訪ねる。<1>
kurouhouganさんのブログのこの記事に触発されて、アジの干物とワインの相性を試してみよう!と思い立ちました。
お相手のワインはもちろん甲州です。

c0140044_10395481.jpg


今回、選んでみたのは奥野田葡萄酒の「夢郷奥野田 白」。

c0140044_10401665.jpg


現行商品ですがヴィンテージはなんと2000年です。
色もかなり琥珀がかっていて、はっきりと経年を感じさせます。

c0140044_10403222.jpg


今回は干物の独特な香りや旨みが、熟成甲州のヒネた感じに合うのでは?という作戦。
kurouhouganさんの「干物の場合、少し酸化したようなニュアンスが欲しいかもしれません。」というコメントを参考にさせていただきました。

まずはワインを一口。
香りはまさに予想した通り。イイ感じの酸化熟成香が感じられます。
好き嫌いは別れるかもしれませんが、ほんの少しシェリーを感じさせるこういう香り、個人的には好きです。
さらに甲州独特のアロマもしっかりとあって嬉しい。
味わいはかなりの優しさ。年期の入った熟成感と雑味のないまろやかさが魅力的で、するすると喉を通っていきます。
これは作戦成功の予感!

さてアジは…。

ムシャムシャムシャ。うーん、脂がのっててウマー。イノシン酸の旨みが脳を直撃です。
吉祥寺ハモニカ横丁の魚屋さん、イイ仕事してます。

半身を食べつくしたあたりで、ワインをごくり。
お! いいじゃないですか!
やはり熟成感と干物の個性がうまい具合にぴったり。アドバイス通りの結果です。さすがcrowさん。
楽しく食事とお酒がすすみます。予想以上の相性の良さでした。
(実はこのあと、もう一枚焼いて完食。ワインも一人で半分以上飲んでしまいました。)

大成功のマリアージュで調子に乗り、別の日に丸干しにも挑戦しました。

c0140044_10405821.jpg


合わせたのはコレ。シャトー酒折の「甲州 2005年ドライ」です。

c0140044_10411540.jpg


うん。これもイイです。「ドライ」の名の通り、キリッとした辛口の味わいがアジをうまく引き立て、生臭さはまったく感じません。ちょうど辛口の日本酒を合わせているのと同じ感触でした。
やはりこちらも、おかずとお酒がどんどんイケる幸福な相性です。

思えば日本ワインは日本の食卓に合うなどといいながら、こういうおかずと合わせた例をあまりブログに書いてなかった気がします。
今回をいい機会に、これからは「日本のおかず」との組み合わせをどしどし試してみることにします。
[PR]
by inwine | 2008-10-21 10:44 | 日本ワインを飲む
立川・伊勢丹 国産ワイン新酒フェア
近くまで来たついでにちょっと足を伸ばして、立川・伊勢丹の国産ワイン新酒フェアにお伺いしました。

c0140044_9231848.jpg


山梨・山形・長野など数社のワイナリーの試飲を担当されていたのは、中央葡萄酒の船橋さん。
まるで熟練の噺家さんのように柔らかく、軽妙な語り口が魅力的です。
(写真はただいま指名手配中なのでNGだそうです。)

グレースのデラウェア新酒などを試飲させていただきながら、いろいろとお話をうかがいました。

c0140044_9234125.jpg


今年のぶどうの出来のお話から、ワイナリー経営の苦労、国産ワインの拡散と浸透、行政の問題、海外産ワインとの競争、日本ワインならではの魅力、流通現場の現状、温暖化の影響など話題は尽きず、どれも皆、思わずうなずいてしまう内容ばかりでした。

日本ワインの美味しさを周りに伝えても「でも近くで売ってないから…」と言われてしまうことがしばしばあります。
確かに一般的な酒屋さんやスーパーでは、国産ワイン勢は量も種類も海外産ワインにかなり押され気味。せっかく美味しいのに手軽に入手できないというのは、飲み手にとってはちょっともどかしい気もします。

そんな状況の中でもグレースワインはメルシャンなどと並び、一番多く目にするブランドのひとつ。
国産ワインがよりポピュラーになるためには、中央葡萄酒さんの役割は重大なはずです。

「国産ワインを広める際に大事な価格帯はやっぱり2000円以下。この辺りまでかな、と…」と船橋さんが指差したのが、「グレイス甲州2007年」。お値段は1890円です。
こういう価格帯のワインが、酒屋さんの店頭にずらっと陳列されるようになってほしいものです。日本酒のように産地別になってたりすればさらに最高!(妄想)

気がつけば1時間以上も会話に付き合っていただきました。船橋さん、長時間お邪魔してスミマセン。ありがとうございました。

家に帰った後、購入した「グレイスルージュ茅ヶ岳」をちびり。久しぶりにいただきましたが、やっぱり美味しいです。
ぶどうはベリーAとカベルネのブレンド。しばしば見かけるセパージュですが、意外に難しい組み合わせのような気がします。このワインはお互いの個性が引き出されていてイイ感じ。頑張って広まってくれよと思いながら、しみじみと味わいました。

c0140044_9241331.jpg

[PR]
by inwine | 2008-10-18 09:27 | 日本ワインを買える店
あづみアップル 「Deuxiemeシリーズ ピノ・ノワール2006」
あづみアップルの「Deuxiemeシリーズ ピノ・ノワール2006」を飲んでみました。

c0140044_110364.jpg


まだ若いヴィンテージながら、外観は熟成を感じさせるオレンジっぽい色合い。これは以前に飲んだ上位クラスのアイテムも同じでした。
温度がやや低かったこともあるのでしょうが、最初、香りはあまり立ってきません。口に含むとまずしっかりした酸とアルコール感があり、外観の印象よりも骨格を感じます。タンニンも十分ありますが、こなれていて心地よい。これはよさそう、と思いながら食事とともに少しずつ飲んでいると…。

おお! どんどん美味しくなっていきます!!
アメのような厚みのある甘さと、ハーブのような清涼感。スミレやバターなどの瑞々しいアロマのほか、黒い果実などの要素も豊かに感じられます。味わいも、飲むたびに旨みが増していくような印象でした。ワインを味わうときは、やっぱり時間経過を待つことも大事ですね。

ちなみに今回、一緒に食べたのはこんなモノたち。

c0140044_1112374.jpg


スモークした鴨のソテーと、前に北海道ワイン会で教えてもらった白糠酪恵舎のモッツアレラ。それに地元でとれた赤カブとブロッコリーです。
ピノ・ノワールらしい官能性と国産ワインならではの優しい味わいを持ち合わせた今回のワインは、どれにもピッタリ。特に北海道のチーズとは、何だかほっとするようなマリアージュでした。

あづみアップル、さすがの実力です。お値段はなんと1500円。最近のブルゴーニュでは、もうこの価格帯が事実上存在しないことを考えると、お買い得としかいいようがありません。日本の薄ウマワイン、バンザイ!
[PR]
by inwine | 2008-10-11 11:08 | 日本ワインを飲む
山梨ワイン 2008年収穫

勝沼収穫隊隊長・キヨさんの招集がかかり、今度は山梨ワインのカベルネ・ソーヴィニヨン収穫に参加してきました。


c0140044_15523621.jpg


今回、作業した七俵地畑は自然の形でぶどうを育てるビオ・ディナミの手法を採用。月の満ち欠けなどを顧慮した「ビオカレンダー」に基づき、実の作業に適した「実の日」に収穫が行われます。
この日、作業に参加したのはなんと総勢30人近く。幸い天気にも恵まれ、作業は順調に進みました。

作業中には、こんなモノも発見。

c0140044_15525878.jpg


黒い実をつけたカベルネの中に、ひょっこりと顔を出した白ぶどう。いわゆる『突然変異』です。なんだかオソロシげな言葉ですが、ぶどう栽培の現場では別に珍しいことではないようです。ピノ・ブラン、ピノ・グリなど、突然変異によって生まれた種が別の品種として広く普及する例も少なくありません。 実際、オーストラリアではカベルネの突然変異種を繁殖させた例もあるとのこと。

昼食時にはワイナリーの野沢さんに、セラーに眠る貴重なワインを何本も出していただきました。

c0140044_15532667.jpg


おかず豊富な豪華弁当をご馳走になりながら、参加者全員で飲み比べ。カベルネと唐揚げ、カキフライとシャルドネのマリアージュです。ワインはどれもすばらしく美味しかったのですが、さすがに昼からガブ飲みするわけにはいきません。グッと我慢して午後の作業に臨みました。(といいつつ、4~5杯は飲んだような…)

シルバー人材センターからの方々も含めた全員で力を結集。無事、夕方までに収穫作業は終了しました!
作業後の畑はこんなカンジ。

c0140044_15535331.jpg


このぶどうたちがワインになる日も楽しみです。

c0140044_15542378.jpg


作業の後は高速バスで帰宅。今日も風呂→ビールで仕上げとなりました。ぷはー、最高。
[PR]
by inwine | 2008-10-08 16:03 | ワイナリー訪問
高畠ワイナリー 試飲イベント
ほぼ地元の調布・ヴィーノ・メルカートで行われた、高畠ワイナリーの試飲イベントにお邪魔しました。
いらっしゃったのは山形から出張の営業スタッフ、斎藤さん。柔和な語り口ながら、自社のワインについて情熱的に語ってくれました。


c0140044_15331081.jpg


高畠ワイナリーの社員の方々は社長の奥山徹也氏を筆頭に、皆さん熱い人ばかり。控えめな言葉の中にも、自社製品への「愛」が伝わってきます。
不特定多数のお客さんを相手にする試飲イベントは大変でしょうが、こうした地道な作業は確実に国産ワインの裾野を広げてくれるはず。頑張ってください!

試飲させていただいたデラウェアの新酒は甘口・辛口ともすっきりした爽やかなワイン。美味しいです。
ベリーAの泡ロゼ「嘉スパークリング」は、山形らしい輪郭のはっきりした酸が魅力的。
「2004年高畠カベルネ・ソーヴィニヨン」も棘のないアタックの柔らかさが印象的で、品種の個性が自然な形で表現されています。

c0140044_15333113.jpg



試飲の間、昨年、全面的に改植を行ったピノ・ノワールの畑の話や醸造担当の畑さんが契約農家を一軒一軒回って、ぶどうの質を向上させていった話などを伺いました。ピノの植え替えの時は土壌改質にだいぶ苦労をされたそうです。一年目の今年は収穫は行わなかったそうですが、近い将来にはすばらしいワインを届けてくれるはず。今から楽しみです。
なお今年の高畠の畑は、黒ぶどうがかなり順調だとのこと。時期的に雨の被害をうまく免れたそうで、美味しい赤ワインが期待できそうです。

私は『樽発酵→シュール・リー』で造られた「2001年高畠シャルドネ樽発酵」を購入。クリーンで旨みのあるシャルドネの風味とあまり前面に出過ぎないほのかな樽の香りがいい感じのワインです。
10月10日からの「秋の収穫祭」(音楽のライブやさまざまな催しが盛りだくさんのイベントです)に向けて、営業スタッフの方も忙しそう。いよいよあちこちでワインの季節到来ですね。
[PR]
by inwine | 2008-10-05 15:41 | 日本ワインを買える店
小布施ワイナリーのカベルネフラン
小布施ワイナリーの「ドメイヌソガ 1er カベルネフラン 2005」を飲んでみました。

c0140044_10341632.jpg


抜栓直後はかなり閉じた印象の酸とタンニン。ただしポテンシャルの豊かさは、香りを嗅ぐだけでも伝わってきます。
少しずつ味わっているうちに、いかにも華やかに開きそうな旨みも感じました。

これはすぐに飲んだらもったいない。デカンタージュする手もありましたが、ここはバキュバン装着でしばらく置いてみることに。
飲んだ感じからみて、たぶん数日待ってみても大丈夫なはずです。

そしてセラーに入れて3日後。大きめのグラスに再び注いでみると…。

やっぱり開いてました!
スパイスや枯葉、それに煙草の葉のような香りがエレガントに立ち上ります。味わいも全体が丸みを帯び、ふくらみのある甘さが出てきました。
うーん、これはかなりスケールの大きいワインです。

食事を合わせるならラムのローストなんかが良さそう。今飲んでも十分に楽しめたのですが、本当の飲み頃はもう少し後かもしれません。
なんというか、今はまだ少しよそよそしい感じ。もう少し寝かせれば、こちらにニッコリと微笑んでくれるような気がします。
(とか何とか言いながら、もちろん飲んじゃいましたけど。)
[PR]
by inwine | 2008-10-03 10:37