「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
梅雨晴れの日、山梨へ。<1>
しばらくぶりに山梨方面へ行ってきました。今回は、普段仲良くさせてもらっている仙川のイタリアンレストラン「ラ・マンチーナ」のシェフとサービスの方も一緒です。私の洗脳作戦(?)の効果もあってか、近頃、国産ワインに興味をお持ちのお二人。梅雨の晴れ間となった定休日に、一緒にかいじに乗り込みました。

まずは勝沼ではなく石和温泉駅へ。目指すはシャトー酒折です。この時期、高台にあるシャトーの周囲は豊かな緑に包まれていました。

c0140044_16583149.jpg


今は梅酒の仕込みの真っ最中という井島さんに、醸造設備を案内してもらいました。(お忙しい中、ホントにありがとうございました。)以前に訪れたときは上階からガラス越しに見るだけだったのですが、今回は間近で見せていただけます。

c0140044_16591368.jpg
c0140044_1702419.jpg
c0140044_1704821.jpg


発酵タンクから温度管理システム、さらに酵母や酸化防止剤まで。醸造現場の最前線との対面はワクワクするような体験です。

c0140044_1714753.jpg
c0140044_172614.jpg


このプラスチックケースのような箱はなんと発酵槽。アメリカ製だそうです。

c0140044_17104531.jpg


下の写真は、貯蔵タンク内にあるワインの酸化を防ぐための「ドライアイス製造機」。

c0140044_1734960.jpg
c0140044_1742250.jpg


実際に入れるところまで目撃です。

c0140044_1745938.jpg


しかし何よりも感銘を受けたのは、井島さんのお話。

シャトー酒折では低価格帯のワイン(特に甲州)を、大規模な生産体制で市場に送り出すことを重要なテーマとしています。こうしたスタンスに立つことで国産ワインの普及・浸透を物量的な面から支え、さらには栽培規模の減少が続く甲州ぶどうの引き受け先という役目を担っているわけです。
少量生産の、いわゆるブティックワインのメーカーとは正反対ともいえる立場ですが、現在のワイン産業の中でこうした役割はとても重要な意味を持っているはず。

「日本では、ものすごい量のビールや発泡酒が消費されている。でもワインの年間消費量は平均で2~3本。この数字を何とか上げたいんです。」
そのため1000円台のリーズナブルな価格帯の甲州は、とても大きな意味を持つ商品だといいます。

醸造において井島さんが目指すのは、雑菌などの不要な要素を徹底的に排除すること。「これがウチの心臓部です。」と誇らしげに指差す先には、細かく分解した機器の部品ひとつひとつを、何種類もの薬品で洗浄する光景がありました。こうしたクリーンな環境を作ることで、亜硫酸の添加量も減らせるそうです。

c0140044_1753774.jpg


「醸造過程で余計なモノが入らないから、ワインにはその年のぶどうの個性がはっきりと現れます。」と井島さん。生産量という課題もあるため、ぶどうの選別という点ではある程度の限界もありますが、その分を醸造でカバーするというスタンスは潔く、そして明快です。

農薬や酸化防止剤に関する考え方もワイン同様、クリアそのもの。
「完全なノンボルドーやSO2無添加など「何も使わない」という制限的な考え方は最初からしません。必要なモノは必要な分だけ使う。」
醸造に関する新しいテクノロジーについても、頭から否定するようなことはせず、良いものがあれば積極的に取り入れていく姿勢です。この日も試験的に使ったという酵母の栄養剤を見せてもらいました。

c0140044_176513.jpg


前述した自家製ドライアイスも、井島さんが海外で研修した際にヒントを得たアイデアだそうです。

設備の見学後はセラーで試飲もさせていただきました。
樽の中で眠っていたマスカットベリーAは、見事に熟成しています。
そしてキュヴェ・イケガワも。

c0140044_1765072.jpg


ひっそりと暗い地下セラーで試飲をしながら、話題は栽培家の池川仁氏のお話に。

「日本には日本の土壌・気候に合ったぶどうの育て方があって、すべてが西欧の教科書通りにはいかない。池川さんにはそれが分かっているんです。」

高品質のベリーAを生み出すメソッドが他のワイン用品種でも応用できるなら、日本のワインは今後、さらに大きな飛躍を遂げるかもしれません。

最後はカウンターで、数種類の甲州やベリーAを試飲。何から何までお世話になりっぱなしです。
お話を伺いながら味わっている途中、観光バスが到着。フロアはあっという間に大勢のツアー客で一杯になりました。その大半の人は普段、あまりワインとはなじみがないはず。こうした機会を通じて、国産ワインに触れる人々は確実に増えているわけです。

お忙しい中、井島さんには3時間近くも案内をしていただき、恐縮するばかりでした。
「今度は畑も」という言葉までいただきながら、魅惑の社会科見学は終了。井島さんの人柄に改めて魅了された気がします。

さあ、次はシャトレーゼへ! (続く)
[PR]
by inwine | 2008-06-25 17:23 | ワイナリー訪問
「北海道産のワインとチーズと朝採れアスパラを楽しむ会」
「つまみの女王」mimiさんのお誘いを受け、恵比寿で「北海道産のワインとチーズと朝採れアスパラを楽しむ会」に参加してきました。

白はケルナー3種(宝水ワイナリー、北海道ワイン、山崎ワイナリー)とミュラートゥルガウ2種(松原農園、月浦ワイン)。赤はココファームのツヴァイゲルトレーベ、グレイスのピノ・ノワール、月浦ワインのドルンフェルダー、十勝ワインの清見。
清見とピノ(作ってますが)以外はいわゆるドイツ系。ぶどう品種からして山梨とは一味違う、北海道らしさ満点です。

c0140044_12315014.jpg
c0140044_12322144.jpg

c0140044_12343349.jpg


当然かもしれませんが、品種は同じでも味わいの個性はかなり異なりました。なかには同じ品種とは思えないモノも。しかしどれも爽やかで、特に白ワインは飲むだけでスッキリ涼しくなるような清涼感がいっぱい。これからの季節にはぴったりです。

赤のドルンフェルダーは確か、最近ドイツで生産量が急増してる品種。でも普段、あまり飲むチャンスはないのでいい機会でした。ココファームの「風のルージュ」は以前、セミナーでバレルサンプルを試飲したもの。やっぱりウマイ!グレイスのピノは2000円という値段にビックリ。この値段でこの味なら文句ナシです。そして十勝ワインの清見は4年ほど前、友達と初めて「日本ワイン飲み会」をしたときに飲んだワイン。あのときもウマイと思ったけど、今回の印象も同じ。また買ってみようと心に決めました。

途中で映し出されたワイナリーや畑のスライド写真は、まるで日本とは思えない風景。ひたすら青い空と、向こう端の見えない広大なぶどう畑を見ながら、初夏の北海道に想いをはせました。毛蟹… 生ウニ… メロン…。

そう。北海道といえばもちろんワインだけでなく、食材の宝庫。今回のメインであるアスパラガスも鮮やかな緑色とワイルドながらも繊細な味わいが印象的でした。ほかにも道産ホタテのカルパッチョも新鮮な美味しさ。写真のラムシチューも絶品でした。

c0140044_12311156.jpg


ラムはあまり得意ではないのですが、これは臭みゼロ。調理にはずいぶん手間をかけたそうです。ごちそうさまでした!

さらにさまざまな種類の北海道産チーズも登場。これが実にウマかった。チーズもワインと同様、鮮度や状態は大事な要素です。ワイン同様、国産チーズもこれから未来が楽しみな気がします。

山梨や長野よりは正直、なじみの薄かった北海道ワイン。でも、この会のお陰でいろいろと飲み比べられました。いつかは北のワイナリーめぐり、してみたいものです。
[PR]
by inwine | 2008-06-20 12:39
ルバイヤート プティヴェルドー2006
ルバイヤートのプティヴェルドー2006を飲んでみました。

c0140044_9585449.jpg


ファーストノーズは鉄っぽいニュアンスや土の香り、プラム、ハーブ。最初からしっかりしたボディを予感させます。味わってみるとボリュームのある酸と果実味が口の中に広がりました。いかにもボルドー品種らしい力強さと、しなやかさが同居している感じ。樽もいい具合に調和しています。ふと頭の中をシュヴァル・ブランがよぎりました。

時間経過とともに、ドライフルーツのような凝縮した風味も出てきました。
実はこの時、一緒にチーズケーキを食べていたんですが、カラメルのような厚みのある甘さがチーズの濃厚さとよく合いました。寝かせておいてもいいかもしれませんが、いま飲んでも十分に楽しめました。さすがは老舗ワイナリー。すばらしいワインです。
[PR]
by inwine | 2008-06-11 10:03
某所・レストランにて。

いやー、探せばいいお店ってあるもんです。

入店後「まずは泡を」ということで国産スパークリングをリクエストしてみたら、勧められたのが 四恩醸造のクレマチス白とリュミエール・ペティアン。おー、いいじゃん。今回はリュミエールをチョイスして乾杯!

c0140044_12564078.jpg


そしてオススメを聞きながら料理を決定。次はワインです。
「国産でピノはありますか」と聞いたところ…

c0140044_1256519.jpg


出ました! まさかのボー・ペイサージュ2006。
リリースパーティーで飲んだ時、「これでもう二度と飲めないかもな…」とすっかりあきらめていたのに、なんとひと月あまりで再会することができました。しかし、これを何気なく置いてるレストランがあるとは!

抜栓してもらいグラスに鼻を近づけると、リリースパーティーの時と同じ複雑かつ甘美な芳香が…。
ゆっくり変化を楽しみながら飲まないと、と思いつつもやっぱり前菜を食べる間に1本空いちゃいました。美味しいワインはホントに進むのが早いです。

2皿目は魚介系だったので「白をグラスで」とお願いすると持ってきてくれたのがコレ↓。

c0140044_1257105.jpg


うーん、充実してます。端っこにはイセハラの姿も。(ちなみにイセハラとクラレーゼはオススメグラスワインにもなってました。)

c0140044_1311446.jpg


迷いましたが、連れの「ドイツ系が飲みたい」というリクエストで、小布施ブランに決定。
しかしどれも空いてないのにホントに申し訳ないです。

そしてメインディッシュ。調子に乗ってきた我々は当然ながらワインを追加。
ワンパターンと言われそうですが、ここはやはりまたボー・ペイサージュを飲みたいところです。
再びお店の方に相談して、パーティーで強烈に印象に残っていたカベルネ・フラン「ラ・ボア」を頼むことにしました。

「1本じゃ多いですよね。デカンタにしましょうか?」
「ええー? いやー、それは悪いです。」
「構いませんよ。ピノ以外なら。」

すげえ!まさに太っ腹!
でも、それじゃさすがに悪いのでフルボトルを注文。というか1本飲みたいし。

c0140044_1321556.jpg


ゴキゲンで料理とワインを堪能し続けます。
ちなみに料理もユニークかつ、かなりのウマさ。そしてボリュームもスゴイです。

お店の方も感じの良い方で、国産ワインに関してアツい話をたくさん聞かせてくれました。

でも今回は「ボーペイサージュを置いてる店の情報は書いちゃダメ!」という地元ワイン仲間の言いつけに従って、お店の名前は伏せとくことにします。ゴメンナサイ。いずれまた別の機会に…。

店内にはこんな生ハムの雄姿も。

c0140044_1332134.jpg


さて、ラ・ボアも飲んでしまった我々はさらにグラスで赤を注文。
「いい加減にしろ」と言われそうですが、またまた「こんなのがありますよ」と持ってきてくれました。
(もちろん全部は飲んでません。)

c0140044_1333796.jpg


しかし、我ながらよく飲んだな~。自分でも書いててちょっと驚きました。
さらに最後にはこんなモノも登場。

c0140044_133489.jpg


小布施ワイナリーの日本酒です。どんだけ飲むんだよ。

「じゃあ、そろそろ行くか!」と時計を見たら、もう12時過ぎ。いやー、楽しい一夜でした。
[PR]
by inwine | 2008-06-01 13:15 | 日本ワインを飲める店