「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
「甲斐vin」
富士急ハイランド隣接のホテル、「ハイランドリゾートホテル&スパ」で開催された「甲斐vin」に参加してきました。銘柄を隠した山梨県産甲州ワイン40種をテイスティング、気に入ったモノに投票するというイベントです。

c0140044_18151561.jpg


当日はあいにくの雨でしたが、高速バスは若い女の子の団体で満員。遊園地へと向かうバスは、やはり勝沼行きとは雰囲気が違いました。

開会に先立ち、まずは主催者挨拶。テーブルの上にはすでにボトルがずらりと並んでいます。

c0140044_18135496.jpg
c0140044_18195887.jpg


さあ、テイスティング開始!
「発酵や熟成に樽を使用したワイン」のA部門が18種、「樽を使用しないワイン」のB部門が22種です。
まずはB部門から始めることにしました。次々とグラスに注ぎ、味をみていきます。もちろんいちいち飲んでいたら、とても最後まで行き着けません。口に含んでは捨ての繰り返しです。
それでもA部門へ移る前に、すでに口の中は大混乱状態。休憩して水を飲んでみても、その水が甲州の味がするという有様です。

c0140044_1814415.jpg


最初はゆっくりと味わいながら感想をメモっていたのですが、やがて「残り時間30分!」というプロレスのようなアナウンスが。後半のA部門は慌てて先を急ぎました。
しかし40種類ものワインを試飲するというのは予想していた以上に大変です。今まで比較試飲をした経験は何度かありますが、これほどの規模はもちろん初めて。「好きなワインを」と言われてもなかなか選び出すのは大変です。こういう場合はなんらかの判断基準を設けて、それに一致するモノを選んでいくしかありません。

私が自分なりに決めた基準は「バランス」。樽の香りや風味・酸・甘さ・渋みなど、特定の要素が突出していると感じたワインは外していくことにしました。それにワイン自体の力強さなどを加味して、最終的に判断するというルールです。

ワインの味わいは実にさまざまでした。鋭角的な酸味のもの、柑橘系の香りが特徴的なもの、マスカットのような香りのもの、ヒネた味わいでアルコール感の強いもの、酵母の香りが豊かなもの、苦味や渋みが前面に出ているもの、微発泡しているもの、フィニッシュの弱いもの、甘さの余韻が特別に強いもの、シェリー香を強く感じるもの。

樽を使用したB部門についても、「樽」のニュアンスは千差万別でした。
非常に香りが控えめのものやほとんど感じないものがあると思えば、樽の風味がすべての要素に勝るようなワインもあります。

今回出品されたワインの規定は、AとBを分ける「樽」の使用/不使用に関する点だけ。醸造方法などに関して決まりは一切なく、ヴィンテージや販売価格もバラバラです。そうした前提をふまえたうえで、甲州ワインの多様性には改めて大きな感銘を受けました。同じ地方、同じ品種で作られたワインがこれほど違うというのは、ある意味驚くべきことなのかもしれません。ワイナリーひとつひとつの個性は、漠然とイメージしていた以上に異なっていました。

そしてもうひとつ。逆に考えれば、この「違い」の中に通底する何かこそが、甲州ワインの特徴ということになるはずです。実際、すべてを味わってみて、確実に共通するモノを感じられたような気がします。言葉にすれば酸味や渋み、苦味、柑橘系の香り、ということになるのでしょうが、そうした要素を感覚として体験できたことは大きな収穫でした。

さて何とかすべて味わって、残った候補はそれぞれ5~6種。ここから最終的に3種ずつに絞り込むため、もう1度、候補のワインだけをテイスティング。この段階ではすべて飲んでみることにしました。

いろいろ迷った末、やっと6種類を選出。締切時間前に投票を終えることができました。残った時間で気になったワインを味わいます。

テイスティングイベントの後は、隣の会場で立食パーティー。ワイナリー別に用意された赤ワインを飲みつつ、食事を楽しみました。

c0140044_18155871.jpg
c0140044_18164052.jpg


シャトレーゼの戸澤さんとご挨拶したり、シャトー酒折の井島さん、杉山さんともお会いできました。

c0140044_1817816.jpg


このパーティー中、赤ワインの「ジャケ(つまりエチケット)買いコンテスト」があったのですが、私は酒折のベリーAに投票。
そのことをお話したら、文字デザインのこぼれ話をお聞きできました。

やがてテイスティング審査の結果発表!

-A部門-

1位 シャトレーゼ勝沼 / 鳥居平甲州樽発酵 2005
2位 山梨ワイン / フォーシーズンズ2007
3位 勝沼醸造 / アルガーノ甲州樽発酵 2006

-B部門-

1位 大泉葡萄酒 / 香り甲州2007
2位 甲斐ワイナリー / かざま甲州辛口 2007
3位 本坊酒造 / 甲州ヴェルディーニョ 2007


私が選んだのは…

-A部門-

麻屋葡萄酒 / 麻屋ヴェール2006
サントリー登美の丘 / 甲州樽発酵辛口2005
勝沼醸造 / アルガーノ甲州樽発酵 2006

-B部門-

錦城葡萄酒 / ブロケード甲州 2006
甲斐ワイナリー / かざま甲州辛口 2007
勝沼醸造 / アルガーノ甲州 2007


審査結果はともかく、自分自身が選んだワインは正直、意外でした。特にサントリーを選んでいたのにはびっくり。B部門の錦城葡萄酒と甲斐ワイナリーは飲んだことがありません。これだけいろいろ出ていて、知らないワイナリーを2つも選ぶとは…。
この結果も新たな発見です。


そしてイベントの後はよくお会いする皆さんと一緒に、二次会に参加させてもらいました。場所は山梨市の居酒屋。ワイナリー関係者の方々をはじめ、勝沼の地元政治家の方までお見えになっていました。実は私はどうやって帰るか、まったく考えずに勢いでの参加でした。しかしここでも、貴重なお酒、貴重な話のオンパレード。

c0140044_18175628.jpg
c0140044_18181778.jpg


大盛り上がりの宴の中、井島さんとダイヤモンド・雨宮さん(二次会より途中参加)の醸造談義を聞けたのもドキドキするような体験でした。

結局、10人弱のグループで温泉ランドに一泊。風呂に入った後もワイン談義で盛り上がりました。そして雑魚寝スペースでゴロ寝。私は昼前に用事があったので、早朝に失礼させてもらいました。お世話になった皆さん、ありがとうございます!

c0140044_18183714.jpg

[PR]
by inwine | 2008-03-29 18:37 | 日本ワインを飲む
阿佐ヶ谷 「志ノ蔵」
阿佐ヶ谷の「志ノ蔵」へ行ってきました。名古屋コーチンの鍋が食べられるお店です。

この季節、メニューは鍋のコースのみ。予約の時点で「ひきずり鍋」か「どて鍋」のどちらかを選ぶシステムです。
選んだのは「ひきずり鍋」。簡単にいえば鶏肉のすきやきで、たまり醤油を使った割り下と鶏のダシで野菜と肉を煮て、卵にくぐらせて食べます。

まずは生ビールで乾杯。生は静岡と岐阜の地ビールが時期によって入れ替わるそうです。この日は岐阜・中津川の博石館ビールでした。程よい甘さが印象的な、すっきりとした飲み心地です。

グビグビと喉をうるおしていると、店主の木村さんが前菜を運んできてくれました。
赤軸ほうれん草とコーチンを酒粕で和えたもの。そして手羽先と蕪を米酢で炊いた煮物です。
(実はもう一品、スープもあったのですが、そちらは写真を失敗しました…。(涙))

c0140044_139414.jpg
c0140044_1310968.jpg


どれも優しく、体にじんわりと染みこむようなウマさ。ゴテゴテとした過剰さはなく、食材の良さが素直に実感できます。

それもそのはず、実は志ノ蔵のテーマは「国産」。
肉や野菜などはもちろん調味料や料理酒、そして器にいたるまで日本中から選び抜かれたこだわりのモノばかり。ほっとするような日本の味に、メインの鍋への期待が高まります。

ビールを飲み終えたら、お次はワイン。そう。こちらも当然、国産です。

c0140044_13104231.jpg


今のところ銘柄は2種類。金井醸造場と小布施ワイナリーというセレクトからも、木村さんのこだわりが伝わってきます。

まずお願いしたのは「キャネー甲州・万力山2006」。先日、下高井戸の「おふろ」で飲んだワインです。やはり若干、閉じ気味な印象ですが、温度が上がるにつれて硬い酸が和らぎ、旨みが前面に出てきました。独特のスケール感が感じられるワインです。野菜の甘さと甲州の渋苦さがイイ感じでマッチしました。

c0140044_1312302.jpg


「ワインをご注文なら、和え物は酒粕じゃなくてオリーブオイルを使った方が良かったですね。」と木村さん。いえいえ、バッチリ合ってます。そっちも食べたいけど。
ちなみにオリーブオイルももちろん国産。産地は小豆島だそうです。もともと生産量は多くはないのですが、今年はオリーブ植栽100周年という節目も重なり、さらに人気が上がって入手難になってしまったとのこと。味はやはり外国産に比べて、柔らかく感じられるようです。

さて、いよいよ鍋の登場。

c0140044_13133364.jpg


胸肉やモモ肉、内臓がきれいにお皿に並んでいます。豆腐、ねぎ、椎茸、こんにゃくも美味しそう。

c0140044_13142973.jpg


作り方を聞いて、しばらくグツグツと。「この辺かな」というところで箸を伸ばしました。

c0140044_13144990.jpg


ウマイ!今まで名古屋コーチンには「野性的な味」というイメージを持っていました。でも猛々しさはあまりなく、噛むたびに肉の旨みだけが口に広がります。これは割り下の絶妙な塩加減のお陰でしょう。内臓系ももちろん嫌な匂いなどは一切ナシ。それぞれの個性だけが感じられます。いやー、実に洗練された肉料理です。

ここですかさず赤ワインも注文! 小布施の「Le vin Naturel Merlot」。
先日、アッシュエムのワイン会で飲んだ「ビオ一年目」です。

c0140044_13151514.jpg


実はワイン会の時、とてもエレガントなワインだとは感じたのですが、反面、力強さには欠ける印象がありました。だから今回のような鍋にはどうかな、と不安もあったのですが、開けてみてびっくり。線の細さなどまったく感じられない、骨格のしっかりしたワインです。全然、違うじゃん!

メルローの個性がはっきりと出つつ、するすると滑らかに喉を通っていきます。エレガントさは同じですが、中盤からフィニッシュにかけての旨みの強さと余韻の長さはまるっきり別モノ。パワフルなコーチンの味わいに全然負けていません。うーん、どういうこと?

しかしともかく、ホントに豪華なマリアージュでした。野菜も美味しかったのですが、特に印象に残ったのはこんにゃく。普段、口にするモノとは明らかに違います。こんにゃく独特のエグ味のようなものがゼロ。一緒に行った友人も絶賛でした。

最後には残ったつゆと溶き卵で親子丼的な雑炊。旨すぎる~。大人になって良かった!

お店は木村さんお一人で切り盛りされています。ご苦労も多いと思いますが、お一人だからこそここまでのこだわりが通せるのかもしれません。

幸せな夕食でした。再訪を心に誓いお店を後に。次回はどて鍋だ!
[PR]
by inwine | 2008-03-22 13:21 | 日本ワインを飲める店
「FOODEX JAPAN 2008」
幕張メッセで行われた「FOODEX JAPAN 2008」に行ってきました。現地にてmimiさん、キヨさん、そして初対面のたこやき坊主さんと合流。皆さんについていく格好で、あちこちのブースを回りました。
しかし会場は広い!そして駅から遠い!日本のワイナリーが出展している「Hall-8」までは歩いて20分ほど。しかもかなりの人の数です。(ちなみに電車の中もディズニーランドへ行く子供たちで超満員。春休みだということをすっかり忘れてました。)

最初に向かったのはセミナー。テーマは「世界と日本のワイン醸造、その最新技術動向」です。

c0140044_1534960.jpg


これが予想以上の面白さでした。「今、ワインの醸造法にはこれだけの選択肢があります」という切り口で、実際の導入例や最新機器の特徴を紹介。酵母の選択から始まり、醸造のさまざまな過程での技術活用を提案していました。こうした技術の何を選び、何を選ばないかはもちろんワインメーカーの判断。つまるところ、ワインづくりの哲学ともかかわる部分ともいえるでしょう。便利で能率的というメリットを手にする代わりに、何かを失ってしまう可能性もあるからです。とはいえ新しい技術には、取り入れるべきものもたくさんあるはず。このあたりをどう判断するかという点も、造り手の方々の「個性」がかいま見える部分かもしれません。

さらに会場でmimiさんがボー・ペイサージュの岡本さんとバッタリ。私もついでにご挨拶させていただきましたが、ホントにアツい方でした。全員、その熱に引き込まれるように通路で立ち話。いま岡本さんの情熱はワイン造りに留まらず、日本の「食」の未来へと向かっているようです。話を聞くほど納得させられ、自然と感化されていくような強烈な魅力を持った方でした。

その後はマルスワインの本坊酒造・信濃ワイン・高畠ワイン・シャトー酒折のブースへ。
みなさん、みずからのワインに情熱とプライドを注ぎこんでいることがひしひしと伝わってくる方ばかりでした。

信濃ワインでは長野AOCについて話をうかがいました。「原産地呼称制度」の普及にはいろいろと難しい障壁もあるのでしょうが、お話をうかがった三宅さんからは、自社のワインが認定されたというプライドが伝わってきます。やはりこうした制度作りは作り手、売り手、そして飲み手(買い手)のそれぞれに、なにがしかのメリットはあるのではないでしょうか。

c0140044_15114294.jpg


マルスの田澤さんの話は石和と勝沼のテロワールの違いなど、興味深い内容が盛りだくさん。甲州のアイテムを各地域ごとに分けてリリースすることの意義を明確に知ることができました。

c0140044_1541832.jpg


高畠の奥山社長も自社のワインを語らせたら止まらないアツさ。思わず話にひきこまれます。ブースには醸造担当の畑さんもいらっしゃっていました。

シャトー酒折では2006年のベリーA樽熟成とキュベイケガワを試飲。確かなポテンシャルを感じるスケールの大きなワインでした。

さらにmimiさんが「フェルミエ」という新潟のワイナリーを発見。その場所はなんとシャトー酒折のはす向かいに出展していた酒屋さん、「味ノマチダヤ」の中。mimiさん、さすがです。(ちなみにこの酒屋さんは日本酒の品揃えで有名だそう。今度行ってみます。)2006年ビンテージがファーストリリースという、まさに生まれたての醸造所。志を持ってワインづくりの世界に飛び込んだオーナーの本多さんはとても魅力的な人物で、ワインもみずみずしい美味しさが感じられました。

c0140044_154364.jpg


時間はあっという間に過ぎ、閉館の午後5時に。
一同、バスで東京駅に向かいました。とりあえず目指すのは、はせがわ酒店の東京駅グランスタ店。先日ブログに書いた亀戸の店の支店です。

c0140044_1545842.jpg


ありました、ウワサのカウンターバー。お酒の品揃えもさすがの一言。でも欲しかった「Azumaichi 2007 甲州ワイン樽貯蔵」はやっぱり売り切れでした。残念。

そして山手線に乗り込んだ一同が目指したのは…。

c0140044_157237.jpg


そう、キッチンセロ。今回は予約がとれて、入り口近くのテーブルをゲットできました。そして席についた時…。mimiさんが今度はタケダワイナリーの岸平さんを発見!うーん、この偶然もスゴイですが、mimiさんの顔の広さもスゴイです。同席をお願いすると快諾していただけました。そしてワインと料理を次々と注文!

c0140044_1592438.jpg


今回はまずあづみアップルのピノ・ノワール二種。そしてもちろんタケダワイナリーの蔵王スターとサン・スフル、ピュア・シャルドネ(これは私のリクエストでした)。あと各自でグラスを飲んだりも。もちろん食事も、いつもどおり最高でした。


c0140044_15102679.jpg
c0140044_15105431.jpg


結局、岸平さんには蔵王スターとピュア・シャルドネの分をごちそうになりました。ありがとうございます!

c0140044_1581371.jpg


いやー、中身の濃い一日でした。いつも貴重な体験ばかりですが、一人で出かけてもこんな出会いは絶対にできません。皆さん(特にmimiさん)、ありがとうございました!
[PR]
by inwine | 2008-03-15 15:28 | そのほか
横浜・元町「KON'S CORNER」
『国産ワインの消費量を増やす会』会長、キヨさんのお店へ行ってきました。名前は「KON'S CORNER」
「遊びに行こうと思うんですけど、いつ出てます?」と電話したところ、「今度、店でmimiさんの取材があるんで、そのときにしますか?」との返事が。mimiさんもブログ「つまみの女王」&ウェブマガジン「わいんちゅ.com」で有名な国産ワインラバーの中心人物です。

取材をするのは『日本のワイナリーへ行こう2008』の編集者の方。邪魔かな、と思いつつも「全然大丈夫」との言葉に甘えて同席することに。(しかもその後、私もついでに話を聞かれることになりました。)

そして当日、行ってみると…。

c0140044_10162968.jpg


キヨさんによって大量のワインが手配されていました!なかには貴重なアイテムも…。

初めて飲んだシャトー酒折のマスカットベリーA 樽熟成とキュベイケガワは、ちょっと驚きのウマさでした。それぞれ個性は違いますが、どちらもきれいで非常に洗練された味わい。こういうワインだったのかー。

開店直後の店内で取材の後、編集者の方々に甲府のゆりりんさん、「一日一絵」のイラストレーターmariさんも加わり、総勢7人でワインを飲みながら座談会(?)がスタート。正直、何しゃべったか良く覚えてません。

c0140044_10164985.jpg


肝心のお店ですが、元町で長い歴史を持つだけあって店内はかなりの渋い雰囲気。ピアノ演奏と生ボーカルが聞ける大人の店です。

c0140044_10171039.jpg


でもメニューの料金はいたってリーズナブルでした。料理はカジュアル系で、シェフの腕は確かです。
問題の国産ワインはグラス2種とボトル数種。とはいえ、そこはキヨさんの店。メニューには載ってなくても、聞いてみれば何かいいことがあるかもです。

ガッツリ飲んで眠くなったので、帰るのがメンドウに。結局、関内のビジネスホテルでバタンキュー → 翌朝の帰宅となりました。フラフラと歩いた早朝の横浜もシブかったです。
[PR]
by inwine | 2008-03-09 10:44 | 日本ワインを飲める店
亀戸 「はせがわ酒店」
亀戸の酒屋さん、はせがわ酒店に行ってきました。

店内はこんな感じ。清潔で感じのいい、いかにも酒屋さんらしい雰囲気です。

c0140044_16372693.jpg


日本酒の取り扱い銘柄は800種以上。個人的にも大好きな飛露喜や鳳凰美田、東一などの銘柄がずらりと並んでいました。
実力派のラインナップですが、それもそのはず。実はこのお店、麻布十番と表参道ヒルズ、東京駅グランスタなどかなりのメジャーどころに支店を出しているそうです。(東京駅支店の場所は老舗待ち合わせスポット「銀の鈴」の辺りだそうです。あのエリアがそんなに発展していたとはうかつにも知りませんでした。それに銀の鈴自体の変貌にもビックリ。)

もちろんワインも充実。ボルドー、ブルゴーニュをはじめ世界中の産地が揃ってます。「アレ、これ安いんじゃないの?」ってヤツもチラホラ。セラーの中は要チェックかもしれません。

そして嬉しいことに国産ワインもバッチリの品揃え。

c0140044_16381171.jpg


取り扱いワイナリーは、北海道ワイン・十勝ワイン・朝日町ワイン・高畠ワイン・タケダワイナリー・勝沼醸造・小布施ワイナリー・井筒ワイン・奥出雲葡萄園・都農ワイン。
これだけ揃ってれば、文句はありません。

c0140044_16443853.jpg


先日飲んだ小布施の「ビオロジック一年目」も。

c0140044_16421462.jpg


今回のお目当てはコレ。

c0140044_16484659.jpg


勝沼醸造の「護摩堂樽貯蔵05&06」と「羊新田甲州樽発酵03&05」です。生産本数はどれも数百本。素直に「限定モノ」の魅力に負けて、購入することにしました。

店長の岡さんに「国産ワイン出ますか?」と聞いてみると、「最近はすごく出るようになりました。」とのこと。「店頭で興味を持って購入」→「美味しくてリピート」というお客さんはかなりいるような気がします。こんな風に目に付きやすい店頭で売ってるのって、やっぱり大事なポイントなのかもなと改めて思いました。

はせがわ酒店、機会があれば他の店舗にも行ってみたくなりました。

c0140044_16433099.jpg

[PR]
by inwine | 2008-03-05 16:51 | 日本ワインを買える店
目黒「キッチンセロ」&下高井戸「おふろ」
目黒のキッチンセロに待望の再訪を果たしました。

c0140044_10121140.jpg


当日午後に予約を入れて、開店直後の5時に到着。この日も店は大賑わいでした。8時から団体の予約が入っているので、7時50分までならというお約束です。

前回来たときはワインリストの充実ぶりを書きましたが、この店は食事メニューもとんでもなく豊富です。
細かい文字でびっしりと印刷された定番メニューのほかに、「季節のメニュー」的な手書きのリストも。こちらにも肉、魚、野菜など40種類以上の料理が載っています。(ちなみにこの↓写真は前回来たときのもの。)

c0140044_10132843.jpg


どれもこれも本当に美味しそうで、迷うこと間違いありません。
今回は同行した方のリクエストで野菜中心の料理をオーダー。どれも文句ナシでした。
野菜ではありませんが、特に気に入ったのはコレ。

c0140044_10135828.jpg


「鴨ムネ肉と柿のフリット」です。柔らかい鴨肉と甘い柿が口の中で溶け合うようにほぐれて、最高!オレンジソースで食べるローストも良いけれど、こちらは日本ならではのしみじみとした美味しさです。
もちろんこんな料理と一緒に飲むのは日本ワインしかありません。カウンター席の後ろには旭洋酒や小布施ワイナリーなど魅力的なラインナップが並んでいましたが、頼んだのは前回に引き続いてボー・ペイサージュ。シャルドネとモンターニュの2連発です。

c0140044_10183331.jpg

c0140044_1018487.jpg


いやー贅沢贅沢。鴨と官能的なメルローの相性はやはり抜群。とろけるようなウマさでした。シャルドネも凄みを感じさせるふくよかさ。今飲んでも十分に美味しいけれど、数年寝かせたらどんな味わいになるか、想像をかきたてるようなワインです。

ちなみにこの日の国産グラスワインはココファームの農民ロッソとあづみアップルのシャルドネ。渋いとこ抑えてますなあ。

やっぱりスゴイぞ、キッチンセロ! 人に自慢したくなるような、秘密にしておきたいような名店です。もう書いてしまいましたが。

大満足で店を出た後、向かったのは居酒屋の名店として有名な下高井戸の「おふろ」。
食事のメニューは手のこんだ和食風が中心で、日本酒は「醸し人九平次」などをはじめかなりの充実ぶりです。
しかし実はこの店、ワインのラインナップも半端ではありません。ワインリストはまるで卒業アルバムのような分厚さ。そこらのワインバーでは太刀打ちできない在庫数です。

では日本ワインは?

… ありました!

c0140044_10152743.jpg


山梨だけでも結構の数が揃っています。頼んだのは金井醸造場の「キャネー甲州・万力山」。
残念ながらこのワイン、かなり閉じ気味でした。やや鋭めの酸が前面に出た感じです。真価を発揮するまで、もう少しといったところでしょうか。

c0140044_10154753.jpg


でも下高井戸という場所で、こんなワインが飲めるというのはかなり驚きです。そういえば、昔ここでドメーヌ・ソガの日本酒を飲んだことを思い出しました。

実はこの日の昼間はブルゴーニュを飲んでいたんですが、夜はまさに日本ワイン三昧となりました。こちらのリクエストにお付き合いいただいたhidepxさん、ありがとうございました!
[PR]
by inwine | 2008-03-02 10:31 | 日本ワインを飲める店