カテゴリ:そのほか( 34 )
日記
x月x日

都内某所で、こんなワインを発見。

c0140044_11401551.jpg


いわゆる「ピピ・ド・シャ」と爽やかな柑橘香の両方が豊かに溢れてる。
生命力に満ちた、すばらしいワインでした。




x月x日

山梨へ。金井醸造場、旭洋酒などに。

ひさしぶりにお会いした金井さんは髪の毛がずいぶん伸びていた。
偶然、一緒にいらっしゃったワインツーリズムの笹本さんとパチリ。


c0140044_1274864.jpg





x月x日

なにかと話題らしい「リアルワインガイド」の日本ワイン特集を読む。
ツッコミどころは山のようにあるけれど、パラパラ読んでるうちにポイントが見えてきた気がした。
つまり、良くも悪くもこの本はいわゆる「批評誌」ではなく、
ワイン好きの人が、言いたいことを言って作った同人誌なんだな、ということ。

たぶん、そのことは作っている側も否定はしないんじゃないかと思う。(そうであってほしい。)
発行人みずからが「私自身もプロではない。全員が…プロ・アマ問わずのファンである。」って言ってるし。


c0140044_1283467.jpg


で、そうやって読むといろんなことが腑に落ちる。

たとえば100点満点式の採点法もそのひとつ。
個人的にはワインを点数で採点すること自体、どんな意義があるのか分からないので
『もうちょっと果実味にふくよかさがあれば88点!』 (87点から1点上がるらしい)なんて記述を見ると
「うーむ」と思ってしまうのだが、問題はこの採点法そのものではない。採点の「基準」だ。


『… 簡単にいえば「86点ならマアマアだ」「89点そこそこ良さそう」
「93点飲んでみたい」といったところが実態なのではないだろうか。
 本誌の得点は現在形成されているその実態に即す。』




この驚きのユルユル度、正直言って嫌いではない、かなり。
『現在形成されているその実態』? もはや基準なのかどうかすら定かではない気もするが、
パーカーポイントの「基本の点が何点で、それプラスああだこうだ」という
もっともらしい説明よりもかなりキュートだ。

しかしまあこの基準なんだったら、点数化するより「マアマア」「飲んでみたい」などと書いたほうが親切だし、
さらにいえば正確なような気もするが、そんな野暮は言うまい。

つまりこのユルさ、はっきりいえばいい加減さこそが、この本の特色、もしかしたら魅力なのだと思えばすべてに納得がいく。
そしてひとつひとつのワインの感想文も、それなりに面白くなったりもする。
(ワインのことがあまり書いてなかったりするのは気になるが。)

問題は、この本が立派な書店売りの雑誌として流通していること、その一点だろう。
もしこの本を読み、内容を「本気に」してしまう読者がある程度いるのなら、
そこにはただの無邪気さでは済まされない「責任」が生まれるのではないかと思う。




x月x日

山梨の忘年会に参加させてもらう。
今年お世話になった方々が勢ぞろいで、挨拶させていただくことができた。
カメラは持っていったんだけど、写真は一枚も撮らなかった。
醸造家の人たちと話すのは、どうしていつもあんなに刺激的なんだろう。
この日はビジネスホテルに一泊。
翌朝、おなじみのメンバーで勝沼をぐるり。楽しかった。
[PR]
by inwine | 2008-12-19 12:18 | そのほか
「ワイン東京2008」
浜松町・産業貿易センターで開かれた「ワイン東京2008」に参加してきました。到着したのは午前11時。会場の混み具合はこんな感じです。

c0140044_11493467.jpg


日本ワインはほとんどが1つの区画に固まっていて、コンパクトな配置。1歩移動すれば、次のワイナリーに到着というラクチンシステムです。

参加ワイナリーはアルプス、勝沼醸造、シャトー酒折、神戸みのりの公社、ココ・ファーム、サッポロ、四恩醸造、信濃ワイン、シャトレーゼ勝沼、信州まし野ワイン、高畠ワイン、たかやしろファーム、林農園、フェルミエ、フジッコ、北条ワイン、本坊酒造、メルシャン、大和葡萄酒などなど。
イイ感じのメンバーが揃ってます!

しかしなぜか、まずは輸入ワインコーナーへ。「ニューヨークのリースリング、ウマ!」などと浮気です。実は以前行ったFoodexのように、今まで知られてなかった地域のワインも出展しているのでは?と思ったのですが、中心はやはりフランスやイタリアなどワイン大国のモノでした。他にはニュージーランドやオーストラリア、南米、アメリカがちらほら。

ざっと回って感じたのは、やはり「自然派」の台頭です。数年前までは「変わったワイン」というような位置づけだったこのジャンルが、いまや中心的存在になりつつあるんだな、ということを実感しました。はたしてこの傾向は日本ワイン市場にどんな影響を及ぼすのでしょうか。

海外ワインブースを歩いていると、見覚えのあるエチケットを発見しました。

c0140044_123426.jpg


そう、那須ワインです。こちらは「Tokyo Wine Complex」という団体のメンバーとして出展。醸造家の渡邊さんもいらっしゃっていて、お話をうかがうことができました。

「葡萄ができてからどういうワインができるか考えるのではなく、どういうワインを作りたいかを最初から設計しているのです。」と渡邊さん。「どんなワインが受けるかということよりも、自分の思い描くワインを作ることの方が重要。だからそのワインを受け入れたくない人がいても仕方がありません。」という言葉には造り手としての強いプライドを感じました。

さて、いよいよ日本ワインが集結するブースへ。
今回も多くのワイナリーから醸造担当の方が見えていました。前にも書いた気がしますが、醸造家と直接話ができるというのは国産ワインならではの強みです。

まず注目したのは「神戸ワイン」。

c0140044_11511345.jpg


すっきりした甘さのスパークリングがウマい!シャルドネ100%ですが、穏やかながらしっかりした酸が葡萄のポテンシャルを感じさせます。瓶内二次発酵ではなく発酵はすべてタンク。ドサージュはしていないそうです。シャルドネの畑は六甲山の裏にあるとのこと。10年以上前に行った神戸の風景がちょっと頭に浮かびました。
赤の品種はメルロー、カベルネのボルドー品種ブレンド。こちらの畑は海の近くにあるそうで「ボルドーみたいですね」と言ったら、「ええ、それで白はブルゴーニュなんです。」との答えが返ってきました。なるほど。価格帯もお手ごろだし、コレは要注目のワイナリーです。

鳥取の「北条ワイン」も今回が初対面。

c0140044_11513882.jpg


鳥取といえばすぐに浮かぶのが「砂丘」ですが、やはり葡萄畑の土壌は完全な砂地だそうです。「鳥取の甲州」。はたしてどんな味わいかと飲んでみると、コレもウマイ!山梨のワインとはひと味違う、独特の個性が感じられました。甘さは決して強くはないのですが、他にはない熟した果実のような風味が広がります。またミネラル感がしっかりとあったのも印象的でした。自社畑を中心に葡萄はすべて地元産を使用しているとのこと。志の高いワイナリーをまたひとつ見つけることができました。

「たかやしろワイナリー」はシードルの美味しさに大注目。まとめ買いしようかな。「たかやしろルージュ」は自社栽培の黒葡萄を全品種ブレンドしたワイン。メルロー・カベルネソーヴィニヨン・カベルネフラン・ピノノワール・シラー・ツヴァイゲルトレーベのブレンドなんて、絶対に当てられません。

c0140044_11521613.jpg


メルシャンでは「きいろ香」をはじめ、数種を試飲させてもらいました。感想は「やっぱりメルシャンは美味しい」。作りが実に洗練されていてきれいです。このブレのなさはさすがの貫禄といったところでしょう。

シャトー酒折のブースでは、甲斐vinでごあいさつした井島さんと杉山さんと再会。ワイナリーにうかがうことを、改めてお約束しました。

シャトレーゼ勝沼ブースには醸造家・戸澤さんの姿が。しかし大人気でなかなか近づけません。さすがです。お昼をご一緒させていただいたのですが、試飲できたのはイベント終了直前でした。今回の注目アイテムはコレ。

c0140044_11523995.jpg


銀座の某レストランのリクエストで作ったという、海外品種&日本品種のブレンドモノです。エチケットも他とは違うシンプルでシックなモノ。柔らかなアタックと濃厚なアフターが印象的なワインでした。どんな食事と飲むかを考えたくなるような味わいです。私のイメージは肉の煮込み系でした。

シャトレーゼのお隣には、先日お会いした新潟・フェルミエの本多さんがいらっしゃいました。バッカス、やはり美味しいです。
「新潟の新しいワイナリーです!」と来場者に声をかけるお姿が印象的でした。戸澤さんとともに、貴重なツーショット。

c0140044_1153152.jpg


高畠ワインでは新しいピノノワールの畑について、じっくりとお話をうかがうことができました。

c0140044_11532093.jpg


大手のイメージがありますが、いろんな意味で戦っているワイナリーなんだな、ということをいつも感じます。ワインづくりに真正面から取り組もうとする姿勢は本当にすばらしいです。

シャトーマルスでは「日之城」のシャルドネとカベルネメルローを飲ませていただきました。

c0140044_11534238.jpg


5000円↑の高級アイテムです。さすがにウマー。ありがとうございます。こちらのワインは一度じっくりと、いろいろなアイテムを飲んでみないと。

大和葡萄酒の萩原さんは、やはり強烈なキャラクター。神田のワイン会と同じ特別講義を聞かせてもらいました。すごいパワーです。

フジッコの雨宮さんとは甲府のワインフェスでお会いして以来でした。今回は営業の桑村さんともご挨拶。実は意外な接点があり、次回お会いすることをお約束しました。ワインで印象的だったのは「フジクレールセレクション 樽甲州」。

c0140044_1154541.jpg


アメリカンオークで熟成させた甲州は初めてでした。やはり賛否両論あったようですが、私は完全に「アリ」だと思います。

そして、たぶん今回最も混雑していたのが四恩醸造。醸造家の小林さんとは以前、平塚のワイン会でお会いしています。

c0140044_11542671.jpg


新しいワイナリーということもあるのですが、エチケットや醸造スタイルなどにも多くの注目が集まっていることをはっきり感じます。小林さん、大忙しで接客に当たっていました。最後の最後で少しだけ試飲させてもらいましたが、やはりワインは個性豊か。葡萄の個性をはっきりと感じる美味しさです。ボトルの最後のほうだったので、酒石がたっぷり。なぜか得した気分でした。

来場したときはまあまあの混み具合だった会場ですが、お昼を過ぎた頃から強烈な人の波が。最後の頃は満員電車のような賑わいでした。

c0140044_11583016.jpg


全ワイナリーを回りたかったのですが、時間の都合でお話をじっくりうかがえなかったところもありました。今回、お邪魔できなかったところは今後の宿題です。

国産ワインコーナーの人出は本当に予想以上でした。その多くはレストラン関係の方だったように見受けられます。国産ワインの熱はすでに飲食業界の中では静かに盛り上がり始めているのかもしれません。この熱が一般消費者に届くのも、もうまもなくのような気がします。

来場者と出展者の熱気に包まれた「ワイン東京2008」。国産ワインの未来は明るそうです。
[PR]
by inwine | 2008-04-11 12:05 | そのほか
「FOODEX JAPAN 2008」
幕張メッセで行われた「FOODEX JAPAN 2008」に行ってきました。現地にてmimiさん、キヨさん、そして初対面のたこやき坊主さんと合流。皆さんについていく格好で、あちこちのブースを回りました。
しかし会場は広い!そして駅から遠い!日本のワイナリーが出展している「Hall-8」までは歩いて20分ほど。しかもかなりの人の数です。(ちなみに電車の中もディズニーランドへ行く子供たちで超満員。春休みだということをすっかり忘れてました。)

最初に向かったのはセミナー。テーマは「世界と日本のワイン醸造、その最新技術動向」です。

c0140044_1534960.jpg


これが予想以上の面白さでした。「今、ワインの醸造法にはこれだけの選択肢があります」という切り口で、実際の導入例や最新機器の特徴を紹介。酵母の選択から始まり、醸造のさまざまな過程での技術活用を提案していました。こうした技術の何を選び、何を選ばないかはもちろんワインメーカーの判断。つまるところ、ワインづくりの哲学ともかかわる部分ともいえるでしょう。便利で能率的というメリットを手にする代わりに、何かを失ってしまう可能性もあるからです。とはいえ新しい技術には、取り入れるべきものもたくさんあるはず。このあたりをどう判断するかという点も、造り手の方々の「個性」がかいま見える部分かもしれません。

さらに会場でmimiさんがボー・ペイサージュの岡本さんとバッタリ。私もついでにご挨拶させていただきましたが、ホントにアツい方でした。全員、その熱に引き込まれるように通路で立ち話。いま岡本さんの情熱はワイン造りに留まらず、日本の「食」の未来へと向かっているようです。話を聞くほど納得させられ、自然と感化されていくような強烈な魅力を持った方でした。

その後はマルスワインの本坊酒造・信濃ワイン・高畠ワイン・シャトー酒折のブースへ。
みなさん、みずからのワインに情熱とプライドを注ぎこんでいることがひしひしと伝わってくる方ばかりでした。

信濃ワインでは長野AOCについて話をうかがいました。「原産地呼称制度」の普及にはいろいろと難しい障壁もあるのでしょうが、お話をうかがった三宅さんからは、自社のワインが認定されたというプライドが伝わってきます。やはりこうした制度作りは作り手、売り手、そして飲み手(買い手)のそれぞれに、なにがしかのメリットはあるのではないでしょうか。

c0140044_15114294.jpg


マルスの田澤さんの話は石和と勝沼のテロワールの違いなど、興味深い内容が盛りだくさん。甲州のアイテムを各地域ごとに分けてリリースすることの意義を明確に知ることができました。

c0140044_1541832.jpg


高畠の奥山社長も自社のワインを語らせたら止まらないアツさ。思わず話にひきこまれます。ブースには醸造担当の畑さんもいらっしゃっていました。

シャトー酒折では2006年のベリーA樽熟成とキュベイケガワを試飲。確かなポテンシャルを感じるスケールの大きなワインでした。

さらにmimiさんが「フェルミエ」という新潟のワイナリーを発見。その場所はなんとシャトー酒折のはす向かいに出展していた酒屋さん、「味ノマチダヤ」の中。mimiさん、さすがです。(ちなみにこの酒屋さんは日本酒の品揃えで有名だそう。今度行ってみます。)2006年ビンテージがファーストリリースという、まさに生まれたての醸造所。志を持ってワインづくりの世界に飛び込んだオーナーの本多さんはとても魅力的な人物で、ワインもみずみずしい美味しさが感じられました。

c0140044_154364.jpg


時間はあっという間に過ぎ、閉館の午後5時に。
一同、バスで東京駅に向かいました。とりあえず目指すのは、はせがわ酒店の東京駅グランスタ店。先日ブログに書いた亀戸の店の支店です。

c0140044_1545842.jpg


ありました、ウワサのカウンターバー。お酒の品揃えもさすがの一言。でも欲しかった「Azumaichi 2007 甲州ワイン樽貯蔵」はやっぱり売り切れでした。残念。

そして山手線に乗り込んだ一同が目指したのは…。

c0140044_157237.jpg


そう、キッチンセロ。今回は予約がとれて、入り口近くのテーブルをゲットできました。そして席についた時…。mimiさんが今度はタケダワイナリーの岸平さんを発見!うーん、この偶然もスゴイですが、mimiさんの顔の広さもスゴイです。同席をお願いすると快諾していただけました。そしてワインと料理を次々と注文!

c0140044_1592438.jpg


今回はまずあづみアップルのピノ・ノワール二種。そしてもちろんタケダワイナリーの蔵王スターとサン・スフル、ピュア・シャルドネ(これは私のリクエストでした)。あと各自でグラスを飲んだりも。もちろん食事も、いつもどおり最高でした。


c0140044_15102679.jpg
c0140044_15105431.jpg


結局、岸平さんには蔵王スターとピュア・シャルドネの分をごちそうになりました。ありがとうございます!

c0140044_1581371.jpg


いやー、中身の濃い一日でした。いつも貴重な体験ばかりですが、一人で出かけてもこんな出会いは絶対にできません。皆さん(特にmimiさん)、ありがとうございました!
[PR]
by inwine | 2008-03-15 15:28 | そのほか
セミナー「甲州種ワインの明日を読む」
「県内トップワインセラーが語る甲州種ワイン「現在の顔」「明日の顔」」~甲州種ワインの明日を読む」という長い名前のイベントに参加してきました。レストランや酒販店など「売る側」の方々が中心となったディスカッション形式のセミナーです。会場は勝沼・ぶどうの丘のイベントホール。しかしこの日は前日から大雪の予想でした。

無事に帰ってこれるか少々不安な気もしますが、とにかく出発です。

特急券を買ってホームに向かうと、あれ? 到着の電光掲示がありません。あわてて駅員さんに聞いたところ、「信号機故障で遅れます」との返答。

「(遅れは)どのくらい?」
「さあ… 一時間ぐらいじゃないですか」

… 仕方がないので、コーヒーを飲みながら待つことに。結局40分ほどの遅れで出発しましたが、なんだか先が思いやられるようなスタートです。

イベントは2時開始。でも寄り道をしていて10分ほど遅れてしまい、席に着いたときにはパネリストの話が始まっていました。メンバーは下記の方々。

c0140044_17104331.jpg


長谷部賢氏(大月市 長谷部酒店店主/シニアワインアドバイザー)

小牧康伸氏(北杜市 ヴィンテージゴルフクラブ レストラン支配人/シニアソムリエ)
北村和人氏(甲府市 洋麺屋「楽」店主/シニアソムリエ)
新田正明氏(甲州市 リカーショップ新田店主/ワインアドバイザー)
古畑昌利氏(甲府市 山梨日日新聞社編集局文化部記者/ワインエキスパート)

「甲州ワイン販売の昔と今」「消費アップに必要なこととは?」「甲州が世界に認知されるための必要条件」(ちょうどこの日の朝、イセハラの輸出の話題がNHKで取り上げられていたそうです)などのテーマについて、それぞれの方が意見を述べると言うスタイルです。

微妙に見解が異なる部分もあったようですが、甲州ワイン(ひいては日本ワイン)の普及・販売の現状は決して満足できるものではない、という問題意識は皆さん共通していました。ワインの売り方(エチケットなどのイメージ戦略や「ワインは高級で難しいもの」という先入観の克服など)を中心に、販売・サービスの現場にいる方の率直な意見がうかがえて、非常に興味深い体験ができました。現状ではワイン作りの現場、売り手、そして消費者、それぞれの側が構造的な問題点を抱えているようです。

素人として私が感じたのは、「もっと簡単に買えるようになればいいのに」という素朴な思いです。
近所の酒屋さん、あるいはコンビニ・スーパーで、高品質・低価格のワインが気軽に買えるようになるだけで、自然と普及は進む気がしてなりません。もちろん生産量の問題などもあるでしょうが、日常の食卓への普及という観点からみると、一般消費者が「飲んでみたくても、どこで買えばいいか分からない」という現状はちょっともどかしい気もします。問題は流通の「戦略」にもあるのかもしれません。

ところで今回のセミナーの中で、面白い数字が挙がっていました。

「現在、帝国ホテルで扱っている国産ワインは白9品目・赤11品目」
「日本の成人が年間に飲むワインは平均約3本(フランスは約80本)、国産ワインの消費量は全体の30%」
「ソムリエの数は全国で1万2531人、山梨は207人」

この数字をどう見るかは人それぞれだと思いますが、私は日本ワイン、意外に健闘してるなと感じました。

セミナーの後は、参加者全員でちょっとしたゲームをして終了。何人かの参加者の方にご挨拶しながら出口へ向かいます。

心配していた雪は…こんなでした。(勝沼ぶどう郷駅のホームからの風景です。)

c0140044_17111151.jpg


なんとか家へ到着してテレビを付けたら、電車はすでに運行中止。ぎりぎりセーフでした。
[PR]
by inwine | 2008-02-13 17:09 | そのほか