「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:ワイナリー訪問( 58 )
北条ワイン

ブログなんと2年ぶりの更新です。この間結構いろんなことがありました。
もちろん震災をはじめとする社会的な出来事もですが、個人的に一番大きな事件はワインショップをオープンしたこと。
東京の京王線沿線にある仙川という街で、去年の2月から『カルタ・デイ・ヴィーニ』というワイン屋をやっております。
主力は日本ワインで約40ワイナリーほどの取り扱いがあります。
また半分はフランス、イタリアなどのワインも扱っていますので、お近くの方はぜひ遊びにきてください!

Wineshop カルタ・デイ・ヴィーニ
東京都調布市仙川町1-15-4 鍋屋ビル2F 03-6279-5274 定休日:月曜日
http://www.carta-dei-vini.com/
アクセスはこちら
http://carta-dei-vini.com/company/

ところで今回の更新を思い立ったきっかけは、ずっと行きたかったけれど、
なかなか足を運ぶチャンスがなかった中国地方のワイナリーを訪問できたこと。
というわけでひさびさのブログのテーマは鳥取・北条ワインです。

c0140044_175104.jpg


中国地方にもワイナリーはたくさんありますが、中でも北条ワインは歴史も古く、品質もトップレベル。
白の甲州やシャルドネは数年間寝かせることで、独特の熟成感を醸し出しています。
そして葡萄の完熟感がすばらしいカベルネ・ソーヴィニヨンやメルローをはじめとする赤。
ワインを飲んでから一度は訪問してみたいと思っており、今回 長年の念願がかないました。
山陰本線の倉吉駅まで出迎えていただいたのは、社長の山田定廣さん。
エチケットに「製造者」として記されているその方です。

c0140044_17512458.jpg


お時間に限りがあるということで、ワイナリーに着くと同時に早速お話をうかがいました。
創業は1944年。当時はワインの製造工程で造られる酒石を軍事利用するために
ワイン醸造が奨励されていました。そんな時代背景の中で山田社長のお父様である先代が独立・創業。
以来約70年、会社の歴史は苦労の連続だったと山田社長は言います。
生計のため、ワイン以外の事業をいくつもかけもちしながら、
ワイナリーとしての看板を下ろすことなく懸命に会社を存続させた父親の姿を目にしてきた社長は、
なんとしてもこの家業を続けなければと決意。
ご自身もまた苦労を重ねながら歴史を受け継いできました。

現在はご子息お二人が醸造と営業をそれぞれ担い、会社を支えています。
「最近は醸造のことにあまり口を出すなと言われとるんです」と笑う社長。
北条ワインの未来は明るそうです。

自社畑は4ヘクタール弱で生産量は年間50~60tほど。
醸造・栽培などを含めスタッフは総勢7人だそうです。
最も多く栽培している品種が甲州というのは少し意外な気もしました。

しばし歴史についてお話をうかがったあとは、畑にも案内していただきました。

c0140044_17514062.jpg


見せていただいたのはシャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローの垣根畑。
樹齢は25年以上だそうですが、まだまだ元気だとのこと。

c0140044_1752983.jpg


驚いたのは土壌。鳥取砂丘にほど近いこの辺りはまさに砂地。
まるで浜辺の砂のようにサラサラです。
フラッグシップ銘柄の一つに「砂丘」という名がついているのはダテではありません。

c0140044_17522742.jpg


この水はけのよさが、質の高いワインを生み出す秘密のひとつなのでしょう。
粘土質の畑ではあまり必要とされない灌水の設備が畑のあちこちにあったのが印象的でした。
またこの辺りは日中の寒暖差がかなりあるとのことで、そうした面も栽培には有利な条件といえそうです。
冬はやはり雪が多く、数十センチ積もることも。過去2回、葡萄棚が壊れる被害に遭ったそうです。

どの品種も収穫は9月末から10月上旬ごろということで、
甲州などは結構遅いタイミングといえるかもしれません。

c0140044_1754362.jpg


畑のあとは醸造施設も見学。

c0140044_17533848.jpg


天井に備え付けられた古いプレス機。ほぼ木材で作られています。

c0140044_17545989.jpg


ホーローの醸造タンクも歴史の凄みを感じさせます。

c0140044_17551538.jpg


日付に注目してください。

c0140044_17553472.jpg


伝統の一方で、新しい試みにも果敢にチャレンジされています。
昨年は甲州の瓶内二次発酵のスパークリング『トットリSKY』をリリース。専用のコンテナを敷地内に設置するほどの力の入れようです。

c0140044_17562266.jpg


初めてのチャレンジということで、試行錯誤もされたようですが、
甲州らしさが溢れるとてもユニークな味わいに見事に仕上がっています。

いろいろな疑問を解消するため、なんとシャンパーニュに研修にも行ったそうです。
訪ねたのは小規模生産のいわゆるRMの造り手。
当初、ボトルごとのガス圧に若干の差があることが気にかかっていて、
現地でその点を尋ねてみたら、「そんなのウチでも当たり前」という答えが返ってきたそう。
さまざまな現場の生きた答えを得て、やっと納得のゆくワインが完成しました。
ボトル上部には鳥取砂丘の名物・ラクダの姿があります。

c0140044_17563215.jpg


中国地方の実力派ワイナリーは、やはり発見がたくさんあるすばらしい場所でした。
いろいろと勉強させていただき、山田社長ありがとうございました!
[PR]
by inwine | 2013-01-21 18:05 | ワイナリー訪問
旭洋酒・収穫隊にも参加

今年は旭洋酒の収穫にもお邪魔しました。


c0140044_1821039.jpg

しかし今年の夏は暑かった。天候が不順だと、ぶどうも栽培する人も大変です。

今年はどの畑も苦労ばかりと聞いていて、心配だったのですが
ピノ・ノワールのぶどうは、思っていたより全然元気そうでした。

c0140044_1824068.jpg

今年もきっとおいしいワインになるはず。なんだか安心です。
[PR]
by inwine | 2010-09-24 18:04 | ワイナリー訪問
山梨ワインツアーにお供

某ワインショップのワイナリー訪問ツアーにお供する。行き先はまたまた山梨ワイン。

高速バスのバス停からぶらぶら歩き、まずは畑へ。

c0140044_17471999.jpg


そして醸造所。

c0140044_17474984.jpg


野沢さんの説明は理路整然としてて、すごく分かりやすかった。話上手なんですね。

そしてまたまたお座敷で飲み。

c0140044_1746491.jpg



日本ワイン好きな人は好奇心が旺盛で、頭が凝り固まってない人が多い気がする。
なので、初対面の方とでもいつも楽しいです。

歩いて、学んで、飲んで。いろいろ勉強になりました。
[PR]
by inwine | 2010-05-21 17:51 | ワイナリー訪問
お座敷ワイン会
山梨ワインで『お座敷ワイン会』。

途中で各自持ち込みワインのブラインド大会があったりして、とても楽しい会でした。

野生酵母発酵のシャルドネを飲ませてもらいましたが、
とても繊細できちんとした美味しさ。荒っぽいタイプの自然派とは一線を画してます。

それからなんといってもカベルネ。
少しだけ出してもらった貴重なバックヴィンテージ、抜群に美味しいです。
ウチのセラーにあるワインも我慢して少し寝かせてみようと思いました。

c0140044_189486.jpg

(画像はなぜかフォーシーズンズ。これも大好きなワインです。)
[PR]
by inwine | 2010-05-13 18:12 | ワイナリー訪問
京都 『丹波ワイン』

大阪を離れ、次は京都へ。
関西ワイナリーめぐりの旅、最後にうかがうのは丹波ワインです。

c0140044_30398.jpg

JR園部駅からバスで揺られること30分。そこからさらに10分ほど歩きます。
停留所からの道中には、道標代わりの看板やのぼりがたくさん。

c0140044_302998.jpg

この日の朝、大阪では前日に続いて雪がちらついていたため、京都はもっと寒いんじゃないかと覚悟していました。
でも幸いなことに思ったほどではなく、ひと安心。

出迎えていただいたのは醸造担当の内貴さんと栽培責任者の末田さん。
内貴さんは非常に魅力的な女性で、帽子がとてもよくお似合いです。
人柄がうかがえる、さっぱりとした明るいトークに惹きつけられます。

c0140044_30527.jpg

末田さんはワイン造り、そしてワイナリーのすべてを知る生き字引のような人物です。
しかもなお、さまざまな新しい試みに意欲的。
「早くしないと定年になっちゃうから、急いでるんです。」
淡々と語る口調には、飄々としたユーモアが感じられます。

c0140044_311887.jpg

今回、お会いした造り手の方々に共通して感じられたのが、このなんともいえない「おかしみ」。
出身は関西ではない方でも、やはりご当地の文化の影響でしょうか。
どなたも冗談めいた言葉の奥に、人間味が透けてみえる気がします。

末田さんと内貴さんのお二人も、傍から話を聞いているだけで楽しくなる名コンビ。
チームワークのよさが伝わってきます。
こんな風通しの良さは、必ずワイン造りにも反映するはず。

実は今まで丹波ワインには
『百貨店の銘酒売り場に並んでいるワイン』というイメージを持っていました。
そのせいか、勝手に敷居の高さのようなものを感じていたのですが
現場のお二人は本当に気さくな方たちでした。やっぱり思い込みはよくないですね。

まずは畑を見せていただくことに。
自社畑はワイナリーの敷地内。建物の目の前に広がっています。

c0140044_321667.jpg

大阪では山の斜面に広がる畑を多く目にしましたが、こちらはフラットな平地。
もともとは農作地ではなかった場所を開墾しています。

c0140044_3133354.jpg

必ずしも好条件とはいえない土地を切り開き、充実した葡萄の栽培を目指す。
そこに、いろいろな苦労があることは容易に想像できます。
しかし末田さんにとっては、やりがいのある挑戦でもあるようです。
畑を案内してもらいながら「次はこんなやり方を試したいと思ってるんです」
というお話をいくつもうかがいました。

「最初は醸造を担当してたんですが、そのうち畑のほうが面白くなってしまって」
末田さんの言葉の端々には、何か新しいことを生み出してやろうという
いきいきとした探究心と企みが感じられます。

育てている栽培品種も実にさまざま。試験品種も含めると、なんと40種類にのぼります。

c0140044_331826.jpg

温暖な地に多い品種もあれば、いわゆるドイツ系品種もたくさんあります。
この豊かな経験はいずれは丹波ワインだけではなく、
日本ワイン全体の財産にもなっていくのかもしれません。

ワイナリー入口付近に植えられているのはタナやソーヴィニヨン・ブラン。
タナは秋雨に強いのではないかという理由で、試験を始めたというお話でした。
着色はカベルネ・ソーヴィニヨンより遅いけれど、成熟するのは逆に早いそうです。

c0140044_342324.jpg

一方で古くから栽培されている品種も少なくありません。
ワイナリー創業とほぼ同時期に植えられたリースリングは、すでに樹齢30年。
ピノ・ノワールも20年に達するそう。
これだけ樹齢の高いピノは、全国でもそれほど多くはないはずです。

c0140044_35087.jpg


下草についてもいろいろな可能性を模索中。
イネ科のソルゴーは水をとらせる目的で植えられています。

c0140044_352580.jpg

また台木や苗木の栽培・研究にも余念がないとのこと。
末田さんの情熱は、まさにとどまるところを知りません。

自社の畑は約3ヘクタール。
かなりの広さですが、常駐の栽培スタッフは2名だけだそうです。

大阪ではどこへ行ってもイノシシの話題を聞きましたが、こちらの悩みの種はタヌキとアライグマ。
獣害の被害は日本中、どこでも共通で深刻なようです。
鳥よけ(?)のCDもぶらさがっていました。

c0140044_36420.jpg

建物からしばらく歩いた場所の畑は、野球のグラウンドと隣り合っていました。
このときも高校生たちが練習中。
ホームランが出ると、全部、葡萄樹の中に飛び込んできそうです。
この球場では、現西武ライオンズの銀仁朗選手もよく練習していたとか。

c0140044_362257.jpg

収穫時期は、8月下旬のソーヴィニヨン・ブランを皮切りに、
10月上旬のカベルネ・ソーヴィニヨンまで絶え間なく続きます。

収穫スタッフももちろん大変ですが、この時期は葡萄をバトンタッチされる醸造スタッフの側にも、
息のつけないような忙しさが待っています。
丹波ワインの場合、扱う葡萄は自社の畑のものだけではありません。
その何倍もの量を仕込まなければならないのです。

しかしそんな忙しさの中でもやはり、このワイナリーの現場では
何か面白いことをしてみようという実験精神を忘れることはないようです。

醸造家・内貴さんのワインは基本的にエレガントで優しい印象。

c0140044_36414.jpg

ワインの個性はもちろん造り手の考え方や手法だけでなく
畑の風土や天候、生育環境など、さまざまな要因の上に成り立ちます。
また個人的にもワイン造りを性別で分けるのはあまり好きではありませんが、
やはりその味わいには女性らしい繊細さが感じられるような気がします。

ところでワインを表現する際に、よく「チャーミング」という形容をすることがありますが
これは捉えようによっては、いわゆる「フルボディ」の逆、つまり「軽い」というような意味にもなります。

もちろんも否定的な言葉では決してないのですが、
私があるワインを飲んで「チャーミングなワインですね」と感想を伝えたとき、
内貴さんは「やっぱりチャーミングって言われちゃうか」とボソリ。

そのつぶやきに、えてして「薄い・軽い」などといわれがちな日本ワインのイメージから
脱却するんだという、造り手としての矜持がちらりと見えたような気がしました。
(ちなみに個人的には「チャーミング」という言葉はホントに賞賛の意味で使ってます。
 もう若くもないので、凝縮感ではなく単に濃さだけを追求したようなワインは正直、キツイのです。)

醸造場にも新しい技術を取り入れた設備がたくさん。
「こんなものまで」という機器があったり、とても勉強になりました。
最新の技術を秘密めかしたりすることなく、オープンに公開するこのスタンスは
山梨県のシャトー酒折にお邪魔したときとよく似た印象。
どちらも伝統にとらわれることなく、真っ当で新しいワイン造りを目指すところが
共通しているのかもしれません。

そしてもちろん醸造手法の分野でも、新たな試みは行われています。
「これ、何だと思います?」と渡されたグラス。
タンクに入っていたワインですが、かなり面白い香りがします。
なんだろうと考えていたら、末田さんが「梅酒の香りがするんですよね」とポツリ。

そうだ、梅酒です!
…でも品種はなんだろう。知っている香りがするようなしないような。

結局、分からないでいる我々に内貴さんが答えを教えてくれました。
正解は、なんと甲州。でも正直なところ、種明かしされてもピンときません。
このユニークさの秘密は、通常は赤ワインで行うある醸造手法でした。

うーむ。なんとも斬新な発想です。丹波ワインスゴイぜ!

さらに「これも飲んでみて」と空けていただいたのが
赤のスパークリング。

c0140044_374628.jpg

「日本のフリザンテを作ろうと思って」

その言葉の通り、葡萄はランブルスコ。
イタリアを代表する瓶内二次発酵・微発泡ワインのスタイルです。

これがウマい!
今まで飲んだ赤のスパークリングには、
ややキレ味に欠けるものが多い記憶があったのですが、
このワインは赤ワインのボディーと泡の爽快感を見事に両立させています。

これはぜひ食事とともに楽しみたいワイン。
バーベキューなんかに持っていったら、すぐに人気者になれそうです。



醸造所を見学したあとは、改めて試飲コーナーでテイスティングさせていただきました。

まず印象に残ったのはカベルネ・ソーヴィニヨンロゼ。

c0140044_394368.jpg

まさしくチャーミングなイチゴやチェリーの香り。
酸は穏やかですが、カベルネらしい骨格があるため、単調さに陥ることはありません。
食中酒として、魚・肉、和・洋とさまざまな料理に合いそうです。

丹波カベルネソーヴィニヨン&メルロー2005年は
まず最初にカベルネの香り、そのあとにメルローの個性が現れます。

c0140044_310989.jpg

二つの品種のバランスがとてもいい。
穏やかな主張のある酸と柔らかなタンニンがあり
もう少し時間が経てば、このふたつの要素が溶け合い、より成熟したワインになりそうです。
オレンジのような果実のニュアンスが非常に魅力的。

ピノ・ノワール2007年は鉄っぽさの中に、
胡椒のようなスパイス香と紅茶のような香りが隠れています。

c0140044_3103079.jpg

赤い果実を思わせるボリュームのある果実味としっかりした酸。
タンニンの強さがやや支配的で、全体的に若い印象。
もう少し寝かせると、素晴らしい味わいになりそうな
とてもスケールの大きなワインです。これは楽しみ。迷わず購入です。

試飲はできませんでしたが、今回はカベルネ・ソーヴィニヨンロゼの
スパークリングも購入。こちらもとても期待大です。


ところでワイナリー併設のレストラン「丹波ワインハウス」は、
仲村わいん工房の仲村さんも太鼓判を推す本格派。

食材の宝庫、丹波産の野菜や肉を中心としたフランス料理です。
残念ながら今回は行けませんでしたが、次回はぜひ食事も楽しみたいと思います。


帰る頃にはすでに外は真っ暗。お二人にはお忙しい中、長時間お付き合いいただき恐縮の限りです。
いろいろなお話をうかがえて、最高の経験ができました。

c0140044_3111015.jpg

本当にお世話になりました。ありがとうございます!

京都駅まで出た私とT氏は、周辺のデパートなどでお土産を購入。
いよいよ旅は終わりです。

今回のワイナリーめぐりは、普段とはちょっと違う非常に濃~い体験でした。
なんだかワイン観とか関西の印象とか、いろんなものが結構変わったような気がします。
同行したT氏にもお世話になりました。おじさん二人旅、本当に楽しかったです。

それにしても関西ワインのレベルの高さは衝撃的なほどです。
もし目にする機会があったら、ぜひ手にとってみてください。
「こりゃウマイ」と思う可能性大ですよ!
[PR]
by inwine | 2010-01-20 03:47 | ワイナリー訪問
大阪 『仲村わいん工房』

大阪のワイナリー、最後にうかがったのは仲村わいん工房。
以前は知る人ぞ知る、といった隠れ実力派ワイナリーでしたが
近頃は首都圏のワインショップや飲食店でも、かなり目にする機会が増えてきました。

c0140044_16152688.jpg


代表的な銘柄といえるのが「がんこおやじの手造りわいん」。

c0140044_16301959.jpg


毛筆風の縦書き文字だけが記されたエチケットは超個性的ですが
味わいもまた他では出会うことのできない、強烈なインパクトに満ちています。

初めて飲んだときからずっと気になっていたワイナリーでしたが
今回、初めてお邪魔することができました。

まず出迎えていただいたのは、若い中村達也さん。
社長の仲村現二さんと同じ名字ですが、漢字は違います。

c0140044_16304420.jpg


最初「ナカムラです」とご挨拶いただいたときに
思わず「息子さんですか?」と聞いてしまいましたが、血縁関係はナシ。
昨年、仲村社長のもとに弟子入りして、現在は畑を中心に作業していると説明してくれました。

ちなみに仲村さんがつけたニックネームは「社長」。ご本人は「会長」だそうです。
最初は仲村さんが社長で、中村さんを「会長」に据えるつもりだったようですが、
「会長だと仕事をしない気がして」晴れて社長就任となったとのこと。

文章にするとなんだかややこしいけれど、
アットホームな雰囲気が伝わる面白イイ話です。
お二人の関係は、いわゆる経営者と社員にはまったく見えません。
まさに生活をともにしながら、芸を受け継ぐ「弟子と師匠」。

「シャチョー、お茶いれて!」などと言われながら、
中村さんはアレコレと師匠の言いつけに走り回っていました。
私たちも滞在中、何から何までお世話になりっぱなし。
中村さん、ありがとうございました!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

さて到着して、まず見せていただいたのは醸造設備。

これはプレス機。変わった形だなと思っていたら、
なんと仲村夫人のお父さんによる自家製だそうです。

c0140044_16311891.jpg


「こんな感じのモノがほしいって頼んだら作ってくれた」そうですが
とてもハンドメイドとは思えない、堂々たる姿。

別のワイン醸造会社の人がこのプレス機を見て、
「うちでも作りたいから、設計図を貸してほしい」と頼んできたこともあるほど。
けれど、なんと図面はまったく引かずに完成させていたそうです。

仲村さんのお義父さんいわく「同じモノを作れと言われても二度とできない」。
つまり正真正銘、世界に一台だけということになります。スゴイ…。


仲村わいんのワイン造りは何から何まで独創的ですが
その象徴ともいえるのが、生ビールタンクでの熟成。

c0140044_16315279.jpg


一般的にワインは発酵後、木樽やステンレスタンクで寝かせたあとに瓶詰め。
さらに瓶熟成を経て出荷されるというパターンが多いのですが
この熟成工程を、生ビールサーバー用の小さなタンクで行っているわけです。
これは仲村さんが(現在も)酒屋さんで、たまたまタンクの調達が容易だったからこそ。

正直なところ、このやり方によってどんなことが起きるのか
詳しいことは素人の私には分かりません。
しかし、そこには何か通常の工程にはない効果があり、
また同時に、通常の工程では当たり前の作用が起きなかったりするはずです。

しかしそれでも臆することなく「せっかくビールのタンクがあるんだから使ってみよう」と、
未知の領域との境界線をヒョイと飛び越える身のこなしは
正直、カッコイイという以外にありません。

ちなみにビールタンクの利点としては、内部の壁にびっしりと滓が張り付いてくれるため
滓引きの手間が省けることだとか。

打栓機は一本一本瓶詰めする手動タイプがフル稼働。

c0140044_16321558.jpg


この手間も半端ではなく大変なはずです。

醸造に関しても、発見はたくさんありました。
発酵はすべて野生酵母によるもの。厳しい選果の後に、古いタンクを用い、低温で非常に長期間の発酵。SO2の使用は極力控える。
…ってコレ、ローヌやロワールの一部の自然派醸造家とかなり近いスタイルです。
おそらく仲村さんは、そんなことを意識されてはいないのでしょうが。

よく自然派ワインについて書かれた本などを読むと
ワイナリーを訪ね、教科書とは異なる醸造工程を目にした筆者が
驚きを綴っている文章を見ることがあります。
専門的なことは分かりませんが、なんだかその心情が分かったような気がしました。

決して近代的で、規模の大きな施設ではないかもしれないけれど
この醸造場には、決まりきった枠にはまり切らない、強烈な刺激があります。
ワイナリーめぐりの醍醐味をかみしめるような思いでした。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

醸造設備の次は、車で畑を案内していただくことに。
ワイナリー所有の畑は、周辺の4か所に点在しています。
とても歩いて回れる距離ではないので、車は必須。移動にも時間がかかります。

c0140044_16334952.jpg


多くは「山の中」といえる場所で、簡単にはたどりつけません。
畑近くの道は、車一台通るのがやっとのほどの狭い道。
舗装もされていず、車はガタガタと容赦なく揺れます。

c0140044_16341679.jpg


当然のことながら、重機などを入れることは不可能。
立って作業するのさえ困難そうな斜面にも、葡萄棚は広がっています。
ほんの少し見せてもらっただけでも、栽培の困難さは十分にうかがえました。
あの圧倒的な凝縮感のワインは、やはり簡単に生まれるものではないようです。


畑にもビールサーバーが!

c0140044_1634468.jpg

収穫を手伝ってくれた人と開く「収穫祭」のときに、飲むためのものだそうです。

畑はほとんどが棚仕立てで、垣根はカベルネ・ソーヴィニヨンとメルロがわずかにある程度。

c0140044_1635790.jpg


先代の時代に植えられた樹は、歴史を感じさせるさすがの風格です。

c0140044_16353034.jpg

c0140044_16354231.jpg


垣根畑はやはりイノシシの被害がひどいそうで、
最近も電流の流れる柵を周囲に設置したばかりだそうです。

c0140044_16355957.jpg


これはウワサのミツオレッド。仲村わいんの味の秘密といわれる葡萄です。

c0140044_16361298.jpg


畑を順番に案内していただいているうちに、雪がちらつき始めました。
今回の関西旅行はちょうど寒波到来と重なってしまったのですが
さすがに雪は初めて。山中の畑はかなりの寒さでした。

こちらは山の中とはうって変わって、周囲を水田に囲まれた平地の畑。葡萄は甲州です。

c0140044_16363865.jpg


狭いながらも国道が通り、近くには路線電車の線路もあります。
水はけや日照など、山の中と条件はまったく違いますが「なかなか面白い葡萄」がとれるそう。
ただし棚の高さが低いため、こちらの畑もやはり作業は楽ではないとのことでした。

これは雨水を貯めて利用するための貯水装置。

c0140044_16365251.jpg


さて、畑を案内していただいたあとは、いよいよ仲村さんとご対面。
実はこの日、われわれ一行は夕食のお招きを受けていました。
同行のT氏が受けたお誘いに、私も図々しく便乗させていただいた格好です。

まずは仲村さんとご挨拶。お礼を述べつつ、二人でおみやげに持ってきたワインを献上です。

この日の宴会には仲村さんのお友達、それに飛鳥ワインの仲村裕三社長も参加。
飛鳥ワインと仲村わいん、ワイナリーの場所も非常に近いのですが
実はこのお二人、お父さん同士がいとこという親戚同士。
年齢も同じということで、近年はとくに交流を深めているそうです。
この夜もいろいろな話題が飛び交っていました。
(ちなみにこの夜も、裕三社長から突然の野球大会への参加要請が!
 翌朝も早くから雪がちらついていましたが、仲村わいんのお二人は元気に参加されていました。タフです。)

ところで今回ご馳走していただいたのは…


c0140044_16372938.jpg

イノシシ鍋!

これがお世辞まったく抜きの絶品。
実はこの肉は、仲村さんの畑に現れたイノシシを猟友会の方が仕留めたもの。
一年間、冷凍してじっくり寝かせ、臭みをとった貴重品です。とにかく脂の旨さが最高でした。
そして自家製の生姜の利いた甘いつゆが、これまたプロ顔負けの美味しさ。
こうした「味」への感性もまた、仲村さんのワイン造りの秘密なのかもしれません。

この日はバックビンテージワインも飲ませていただいたのですが、これがまた凄い。
仲村さんは冗談まじりで「これを超えるワインができたら、もうやめる」と
おっしゃっていましたが、味わいはまさに衝撃的。
「日本のワインなんて云々」という人たちに、飲ませてみたい衝動にかられました。

究極の地産地消というか、鉄板ガチガチのマリアージュというか。
とにかく最高の贅沢を体験させていただきました。

鍋をつつきワインを飲みながら、話題はさまざまな分野に。

お父さんが突然、ワイン造りを始めて困惑した話や
関西のワイン造りの現状や、問題を打開するため、未来に向けてどうすべきかという話題。
醸造を始めたときの苦労。イノシシの被害に頭を抱えたこと…。

こうした話を気負いもなく飄々と語る仲村さんには、とてつもない人間的魅力に満ちています。
「畑は友だちに助けてもらってなんとかやってる」とおっしゃっていましたが
それも、ご本人の人柄あってこそのことなのでしょう。

c0140044_16381389.jpg


食事のあとはお宅に泊めていただいたのですが、
翌朝、ビールを飲みながら(!)こたつでまた少しお話を。

「最初はこれで勉強したんです」と見せていただいた醸造の教科書には
几帳面そうな文字で、いくつもの細かい数値が書き込みされていました。
試行錯誤をしていた初期には、かなりの苦労もあったようです。

斬新に見えるさまざまな新しい試みも
当然のことながら、しっかりした土台の上でなければ成り立つはずがありません。
そんな部分を垣間見せてもらったような気がします。


思いもかけないような歓待をしていただいたうえ
貴重な話をたくさん聞かせてもらうことができて、最高の体験でした。

次の目的地へ向かう電車の中で
「今度、仲村さんのワインを飲むときはいろいろ思い出すだろうな…」と
T氏としみじみ語り合いました。

仲村さん、本当にありがとうございました!
[PR]
by inwine | 2010-01-10 17:06 | ワイナリー訪問
大阪 『カタシモワイナリー』

大阪2日目の前半は、カタシモワイナリーにお邪魔しました。
当初は平日に時間を割いていただく予定だったのですが、
こちらの日程の事情で、休日のワイナリーツアーに便乗させてもらうことに。

c0140044_1191351.jpg

約束の朝10時少し前に、高井利洋社長を訪ねました。
案内していただいたのは、テイスティングルーム。

c0140044_1194078.jpg

以前は倉庫だったそうですが、訪問客を迎えるために
水回りの設備やカウンターバーを設置したそうです。

これは実際に使われていた醸造の道具。

c0140044_1195949.jpg

c0140044_1201593.jpg

「少し前まで現役」という感じのバスケットプレスなどは
他のワイナリーでもよく展示されています。
しかし、ここまで歳月が生々しく伝わってくるものはあまり多くありません。
メルシャンの博物館を見学したときのことを思い出しました。

カタシモワイナリーの創業は大正元年。まもなく百年を迎える老舗中の老舗です。
高井社長は直系の三代目。
お会いしてすぐに、溢れるような若さとバイタリティが伝わってくる方でした。

c0140044_1205864.jpg

ご挨拶したあと、早速大阪の葡萄栽培とワイン醸造について少し質問。

「大阪のワイン醸造の歴史は、日本酒の技術を取り入れて生まれたもので
 山梨の醸造の歴史とは少し系統が違います。」

「酵母もマスカットベリーAの皮を使って独自に作りました。
 ボルドー液を最初に使ったのも、実は大阪。」

淀みなく語られる話は、どれも興味深い内容ばかり。

c0140044_123388.jpg

中野喜平を祖とする大阪の甲州(堅下本ぶどう)の歴史は
漠然とした知識としては知っていたのですが、
今回、改めて詳しい話をうかがうことができました。

明治11年、堅下村(当時)の複数の篤農家が苗木生育の命を受けます。
中野喜平はその中で唯一、栽培に成功。
これを機に堅下では葡萄栽培が盛んになりました。

カタシモワイナリーの創業者、高井作次郎氏も明治初期に土地の開墾に着手。
大正元年に最初のワイン醸造を行いました。
これがカタシモワイナリーの出発点となっているわけです。

大阪でワイン作りが一気に広まったきっかけは、昭和9年の室戸台風でした。
もともと河内周辺は生食用のデラウエア栽培が非常に盛んでしたが
このときの台風被害は壊滅的なほどでした。
そこで農家の救済策として、ワイン醸造が特別に許可されたのです。

c0140044_1244463.jpg

以降、ワイン産業は順調に拡大。最盛期には大阪全体で119軒も醸造所があったそうですが
大正創業のカタシモワイナリーは、この黎明期の醸造所よりも、さらに古い歴史があることになります。

ちなみに梅酒で有名なチョーヤも、119軒のひとつ。
本社は羽曳野市にあり、創業当時はワイン造りが本業でした。

しかし現在、本格的に醸造を行っているのは5軒のみ。
地元大阪でさえ、かつてワイン産業が盛んだったことは知られていません。

こうした現状に高井社長は強い危機感を抱いています。
お会いしている間、表現は変わりながらも
繰り返し「大阪は一致団結して産地を守らなければ」という内容の言葉を聞きました。

今、山梨でも甲州葡萄の生産減少が大きな問題となっていますが
大阪が直面する問題はより根が深く、重大なようです。

実は今回の訪問で、私自身は予想以上に葡萄畑が多いことに驚いていました。
しかし、それはやはり知識のなさゆえのことだったようです。
「昔はこんなもんじゃなかった」と語る高井社長の言葉からは
独自の歴史を持つ葡萄産地の誇りが伝わってきました。

近年は特に、自社畑周辺でも耕作放棄地が増えてきたそうです。
高井社長は人手不足に苦しみながらも、そうした畑で葡萄を栽培。
土地の伝統を守ろうと懸命な努力を続けています。


さて、いよいよワイナリーツアーがスタートです。
参加者は我々を除いて10名。珍しいことだそうですが、今回は全員大阪の方でした。
しかも10人中、9人が女性。
東京から来たおじさん二人組は明らかに浮いています。

まずは「皆さんはどんなワインがお好き?」という質問からスタート。
思い思いのことを話す言葉を受けて、高井社長が絶妙な間で笑いをとり
雰囲気は次第にほぐれていきます。さすがは大阪。素晴らしいです。

簡単な説明のあと、すぐに畑へ出発。
「そや、メガホン持ってこ」と社長が手にしたのは拡声器。
ワイナリーへ向かう道すがら、話はまず町の歴史から始まりました。

c0140044_126229.jpg

ワイナリー周辺は細い路地が続く、実に風情がある町並み。
畑は山の斜面に広がっているのですが、そこに至るまでは古い民家が建ち並んでいます。

c0140044_1262880.jpg

近々、この一帯は橋下府知事の「大阪ミュージアム構想」のもと
地面に石畳が敷き詰められる予定だとか。ますます良い雰囲気になりそうです。

「どうです。いい町でしょう?」
高井社長の張りのある声が拡声器を通して、響きわたります。
もはやワイナリー見学というより、リアル遠足。なんだか楽しくなってきました。

いよいよ畑のある山が見えてくると、参加者の中から
「え、アレ登るの?」というざわめきが。
無理もありません。まるでスキー場のような急勾配です。
しかも寒波が来ていたため、寒い!

c0140044_1265165.jpg

「はい、ここから登りますよー」という声とともに山登り開始。
出発前の「ヒールのある靴の人は、長靴に履き替えて」という言葉は
ただの脅しではありませんでした。
歩いていると、足の甲が斜めに曲がっているのをはっきりと意識します。
雨が降っていたら滑ってしまって、かなり危ないはず。

c0140044_1304730.jpg

それでも高井社長の歩く速度は、進めば進むほどアップしていきます。
最初は残った葡萄を食べて楽しんでいた参加者の方々ですが
だんだん遅れる人が目立ち始めました。
このワイナリーツアー、楽しさは満点ですが甘くはありません。

自社畑はほとんどが棚仕立て。中には樹齢80年にも達する甲州の樹もありました。

c0140044_1314956.jpg

c0140044_132104.jpg


垣根はレゲントやリースリングなどの一部だけです。
ちなみにリースリングは単一品種のワインとしてもリリース。
残った実を食べさせてもらいましたが、12月中旬でもまだ酸がしっかりと残っていました。

大阪には、なぜかリースリングを植えているワイナリーがたくさんあります。
単一品種で正式にリリースしているのは、今のところカタシモだけ。
しかし今回、回った4社は例外なく栽培しており、しかも皆、ある程度の手ごたえを得ているようです。

大阪は気温が高いというイメージがあったので
ドイツ系品種のリースリングはあまり結びつかず、意外だったのですが
もしかしたら秘密はこの斜面にあるのかもしれないと思ったりもしました。

畑を回りながら、続いての講義は「紫ぶどう」について。
これは中野喜平による堅下本ぶどうの導入以前に育てられていた品種で
数百年の歴史があるといわれています。
実はこの品種も、現在の甲州とDNAが一致することが、近年の研究で分かったとのこと。

ここは大阪の有名フレンチ「カハラ」(ミシュラン2つ星だそうです)の専用区画。

c0140044_1324599.jpg

上から見下ろすとこんな感じ。ワイナリーがはるか遠くに見えます。

c0140044_133270.jpg

まだまだ上へ行く予定だったようですが、予想外に遅れる人が多くなり、残念ながら「途中下山」。

帰り道では、民家の庭にある棚も見せていただきました。

c0140044_1332961.jpg

昔はどの家にも、こんな風に葡萄棚があったそうです。

神社や由緒ある井戸にも寄って、ワイナリーへ。醸造施設や貯蔵室を見せてもらいました。

c0140044_1335357.jpg


木製のピュピトルも。

c0140044_1341080.jpg

驚いたのはブランデーの蒸留器。なんと高井社長の手作りだそうです。

c0140044_1345673.jpg

最後はスタート地点のテイスティングルームに戻り、皆さんお待ちかねの試飲。

「辛口を」「甘いの」「白」「赤がいい」といろんな声が上がります。
「お客さんたち、怖いわ」「もう赤字でっせ」とこぼしながら、高井社長が次々とワインを空けていきます。

c0140044_1352341.jpg

『カベルネ・ベリーA 2007』はトップノーズのハーブっぽい香りが印象的。
どこかエキゾチックで東洋的な芳香です。
カベルネがきれいに熟していて、青臭さはほとんど感じられません。

『メルロ&マスカットベリーA 2009』ははじめに土っぽいメルロらしい香り。
温度が上がってくると、ベリーAのキャンディー香が強く立ってきます。

いずれも自社畑と買い葡萄のブレンドですが、バランスが良く
2000円前後とは思えない洗練されたワインです。

『合名山 堅下甲州葡萄 2009』はクラシックな甲州のスタイルを思わせながら
柔らかく、広がりのある味わいが実に魅力的です。
『軽さ』とも『エレガント』とも少し違う、なんともいえない柔らかさ。
この独特の個性は品種を問わず、
今回の旅でお邪魔したワイナリーすべてで、なんとなく感じた気がします。

こじつけに過ぎないのは分かっているのですが、この柔らかさは一見キツそうに思えて
実はあたりの柔和な関西弁と、どこか共通するように思えてなりません。

最後に「コレも」と空けてくれたのが、瓶熟成中の「合名山 シャルドネ 2009」。

c0140044_1355363.jpg

最初はまだ還元的ですが、空気に触れさせるうちに品種香、柔らかい果実香が立ち上ってきました。
酸、アミノ酸的な旨み、果実味など今の段階ではまだバラバラですが
どの要素もひとつだけが突出していることはなく、バランスのよい構成が感じられます。
余韻は今の段階でもかなり長め。熟成を経れば、きっと素晴らしいワインになりそうです。

カタシモワイナリーに感じるのは、老舗らしい安定感。
あまり高価格帯のワインでなくとも、きっと美味しいのではと思わせてくれます。

では高価格帯のワインは?
それを確かめようと思って、今回は5000円超の自社畑メルロも買ってみました。

c0140044_1421494.jpg


意外にも(?)アメリカンオーク熟成だそう。どんな味なんでしょうか。
飲むのが楽しみですが、いつ空けていいのやら。
ちなみにワイナリーから少し離れた売店は、この看板が目印。いい味出してます。

c0140044_1424246.jpg


進取の気性。負けん気。ユーモア。プライド。そしてせっかちさ。
高井社長は大阪人のイメージすべてを体現しているかのような、とても魅力的な方でした。
これからカタシモワインを飲むときには、必ず社長の顔が頭に浮かぶはず。
これこそが日本ワインならではの特権です。

次は仲村わいんにうかがうんです、とお話したら、その場で仲村社長に電話してくれました。
「あんた、この人たちに剪定でも手伝わせる気やろ? もう準備してる? やっぱりな!」と爆裂トーク。
最後まで笑いがいっぱいでした。

長い時間お世話になり、本当にありがとうございました。楽しかった!
[PR]
by inwine | 2009-12-31 02:12 | ワイナリー訪問
大阪 『飛鳥ワイン』

ひめひこワイナリーの次は飛鳥ワインへ。
最寄りの駅は近鉄南大阪線の上ノ太子です。

c0140044_1043175.jpg


この駅、思っていたよりもかなりのどかな感じ。
駅周辺で何か食べようと思っていたのですが、飲食店はまったく見当たりません。
駅前にポツンとある乾物屋さんのような店で尋ねてみても
笑顔で「あらへん」と即答が返ってきました。

ヤバイです。ホテルで朝食を食べたとはいえ、これからまだ長丁場。
ずっと冷たい強風が吹き荒れてるし、昼食抜きはかなりキツそうです。
「どうしようか…」と同行のT氏と顔を見合わせました。

結局、この乾物屋さんでカップラーメンを購入。
お湯を分けてもらって、店前のベンチでずるずると食べることにしました。
寒空の下で食べるラーメンはちょっとわびしいけど、これはこれで楽しい。

ワイナリーは、市街からやや外れたところに位置するケースがよくあります。
本当は大きな町などで小休止しつつ移動すればいいのですが
ある程度、効率重視で回らないとあちこちに行けません。

だからどうしても、昼食などは後回しになりがち。
当然のことながら、ほとんど土地勘もありませんから、
行ってみたら何もなかった、という事態も時にはやむを得ないのです。

九州に行ったときは、昼食がとんがりコーン一箱だったこともありました。
でも、そんなことも逆にいい思い出になったりするものです。



さて少しお腹が落ち着いたとこで、いよいよ飛鳥ワインへ。

c0140044_10435770.jpg


事務所で仲村社長が出迎えてくれました。
とても温和でまじめそうな方です。

c0140044_10495133.jpg

少しご挨拶をした後、すぐに畑を案内していただくことに。

駅からワイナリーまでは上り坂を歩いて数分。
そこからさらに上がっていくと、すぐに葡萄畑が広がり始めます。

c0140044_10472661.jpg

ここ羽曳野市は、昭和初期には柏原市と並んで葡萄の一大産地でした。
当時、大阪は全国で一位を争うほどの生産量を誇っていたそうです。
関東の人間にとっては、大阪のような大都市と葡萄は
あまり結びつかないような気がしますが、
実はワイン造りも非常に古くから行われているのです。

ワイナリーの畑へ向かう間にも、農家さんの棚畑が道の両脇に並んでいました。

c0140044_10442555.jpg


自社畑は山の斜面に広がっています。
作業の効率化を図るため、こんな風にブロックを入れて階段状に。

c0140044_10444813.jpg

ほとんどが垣根仕立て。新しく開墾したところも多く、樹齢は場所によってさまざまです。

丹念に手を入れていることが一目瞭然な、きれいな畑です。

c0140044_10462893.jpg

減農薬、低化学肥料にも取り組んでおり、
昨年、自社畑のデラウェアを使ったワインが
農産物加工品として初めて、大阪府の「大阪エコ農産物」認証を受けたそうです。
後でこの銘柄も試飲させていただきましたが
きれいな酸が印象的なとても美味しいワインで、個人的にも購入させてもらいました。

除草剤は使わずに、いわゆる草生栽培にも本格的に取り組んでいます。
従来の考え方にとらわれない、新しいアイデアを取り入れることもしばしば。
今回、お邪魔した他のワイナリーでも感じたのですが
大阪の人の進取の気性、チャレンジ精神、新しいモノ好きの気風はとても刺激的です。
飛鳥ワインも非常に伝統のある会社ですが、古めかしい雰囲気はまったくありません。

そういえば事務所にお伺いしたときに
大きなディスプレイの新しいMacがあることに気づきました。
実はこの使い手は仲村社長。

後でお話をうかがうと、IllustratorやPhotoshopを
バリバリ使いこなしていると教えてくれました。
一部のワインのエチケットも、デザインから手がけているそうです。
うーん。社長、カッコいいです!

現在は甲州の垣根仕立てにも挑戦中。
先日も仲村わいんの仲村現二社長と共に、グレイスの明野農場に視察にいったばかりです。

しかし、新しい挑戦にはリスクもつきもの。ときには予想していなかったことも起きます。

c0140044_1048127.jpg

これは下草として、芝を植えた畑。
狙いはカバープラントの効果でしたが、
この芝の種類は、これまで葡萄畑ではあまり使われた例がありませんでした。

最初は順調に見えたのですが、そのうち芝の勢いが強くなりすぎて
肝心の葡萄の生育状態が悪くなってしまったそうです。

「下草と葡萄を競争させれば、根がしっかり張る」なんて話をよく聞きますが
実際はそんなに簡単な話ではないのかもしれません。


現在、最も収量が安定していて、同時に高い品質を実現しているのはシャルドネ。
自社畑では他にカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロなどを中心に栽培していて
特別銘柄として販売もされています。

一方で将来を見据えた、新しい品種の栽培も積極的に進めています。
また栽培・醸造を担当する若いスタッフ、福井さんも急成長中。

c0140044_10502983.jpg

歴史あるワイナリーは未来への備えも万全のようです。

ワイナリーに戻り、試飲をさせていただきました。

c0140044_10504469.jpg

『シャルドネ 2005』の色合いは淡く、きれいに澄んだゴールド。
シャルドネらしい品種香と柑橘香が立ち上ります。
味わいもレモンのような爽やかな酸味に、ハーブのような清涼感も。
後口の心地よい自然な苦味もイイ感じです。

重量感のあるタイプではありませんが、
葡萄の凝縮感があり、薄っぺらさは感じさせません。
魚介のオーブン焼きなどと一緒に飲めば、あっという間に空いてしまいそうです。

『カベルネ・ソーヴィニヨン 2005』はMLF由来かと思われる甘い香りのあと
カベルネのストレートで柔らかな果実味が現れます。
樽のニュアンスはそれほど強くはありません。
果実味を覆い隠すことなく、いい塩梅で彩りを添えている感じ。
個人的にはとても好きなタイプです。

こちらもシャルドネと同様、品種の個性がはっきりと出ていて
余計な小細工をしない、造り手の姿勢が伝わってくるワインです。
やはりグラマラスなカベルネを求める人には不向きかもしれませんが
バランスよく、チャーミングなワインを求めている人にはオススメです。

さらに「アレも持って来い」と社長が出してくれたのが
ソーヴィニヨン・ブランとリースリング。
まだ試験醸造の段階で、エチケットもありません。
いずれも2006年と2007年のヴィンテージ違いです。

c0140044_1051778.jpg

これがまた実に素晴らしいワインでした。

ソーヴィニヨン・ブランの06は柑橘系というよりも、
リンゴの蜜の部分のような独特の酸味と甘味があり、
柔らかく、豊かな広がりが魅力的です。
粘度も感じられ、みずみずしい果実をダイレクトに感じることができます。

一方、リースリングの07はアールグレイのような華やかな芳香があり
優しい果実味を、芯の通った酸が引き締めています。
バランスがよく、食中酒として楽しんでも最高なはずです。

この2本はカベルネやシャルドネとは対照的に
品種の個性よりもワインそのもののユニークさがとても魅力的。

親しみやすく、スイスイと喉を通ってしまいますが、余韻もしっかり。
飲み込んだあとも、果実感がふんわりと口の中に残ります。
お言葉に甘えて、いずれも2杯、3杯といただいてしまいました。

面白いのは、どちらの品種もヴィンテージによって個性がまったく違うこと。
香りも味も同じ品種とは思えないほどですが、
年が違っても、造りはほとんど変えていないそうです。
はたして、この個性の違いを生んだ秘密は?? なんとも興味深いワインです。

これからいよいよリリースに向けて、本格的な醸造に入る計画とのこと。
そのとき味わえるワインは、また違った個性を持っているのかもしれません。
今からリリースが待ち遠しくなりました。
仲村社長、貴重なお時間と貴重なワインを本当にありがとうございました!
[PR]
by inwine | 2009-12-28 10:55 | ワイナリー訪問
大阪 『比賣比古(ひめひこ)ワイナリー』

関西の旅二日目は、午前中にワイン仲間のTさんと電車の中で合流。
そのまま大阪・柏原駅へ向かいます。
神奈川から始発でやってきたTさん、昨夜は徹夜ということでさすがに眠そう。
日本ワインラバーの方はみんなタフで熱心です。

大阪ワイナリーめぐり、最初の訪問地は『比賣比古ワイナリー』。
高尾山という、標高300メートルほどの山の頂上近くに畑と醸造施設を備えています。

c0140044_16194128.jpg


ここの最大の特徴は、なんといっても『ファミリーゴルフランド』という
ミニゴルフ場が併設されていること。
というより、正確にはゴルフ場にワイナリーがあると言ったほうがいいかもしれません。

c0140044_16211425.jpg


柏原駅からタクシーに乗ったのですが、『ワイナリー』といっても
運転手さんはピンとこない様子。
そこで「打ちっ放し練習場の上にある、ミニゴルフ場です」と言うと
「ああ、そういえばありますな、ゴルフ場」ということで分かってもらえました。

入り口にも、ワイナリーらしき気配はほとんどなし。
かろうじて看板に「ひめひこワイン」の文字がある程度です。

まずは醸造・栽培の仕事をほぼ一人で担う、照屋賀弘さんにごあいさつ。
瓶詰め作業中のお忙しい中を、快く迎えていただきました。

c0140044_16221131.jpg


葡萄の樹は各ホールの間を埋めるように植えられています。
つまり畑の脇を歩きながら、プレイが楽しめるという格好。

c0140044_16225937.jpg


ゴルフ場というと、すぐに鮮やかな緑の芝が頭に浮かびます。
この手入れには当然、農薬の散布が欠かせません。

『ファミリーゴルフランド』でも、前の持ち主のときはしっかりと農薬が使われていました。
しかし、ひめひこワイナリーでは葡萄作りを始めるにあたって
除草剤を一切使わずに育てることを決意。

ゴルフ場管理の会社には
「ゴルフ場と畑、どっちを残すんですか?」と聞かれたそうです。
「両方や!」と答えると、「それは無理です」とあっさり返事がきたとか。
しかし照屋さんは芝も人力で手入れをすることで
今も除草剤の影響を一切受けない葡萄造りを実現しています。

実質的にはたった一人で畑も芝も管理しているのですから、苦労は並大抵ではないはず。
無理といわれると、かえって負けん気を燃やす照屋さんのガッツが伝わってきます。


現在、ワインに主に使われているのはカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、マスカットベリーA、甲州。
しかし敷地の中ではこれ以外にもリースリング、テンプラニーリョ、
ピノ・ノワール、ナイアガラをはじめ、実に多くの品種が植えられています。

c0140044_1624498.jpg


また栽培・醸造の手法は従来の枠にとらわれることなく
品種ごと、年ごとにさまざまな試みにトライしているんだと教えてくれました。

これは棒仕立て(?)

c0140044_16242357.jpg


こちらはカベルネ・ソーヴィニヨンの畑。
ただし2列のみ、キャンベルアーリーだそうです。

c0140044_16244610.jpg


樹齢はキャンベルが10年、カベルネが8年とのこと。

ピノ・ノワールに挑戦したきっかけは、
「大阪でピノなんか無理」といわれ、「やってみなければわからない」と反発したからだそう。
温和そのものの照屋さんの笑顔の下にある反骨精神が、ここでも垣間見えました。

畑の手入れはまさに重労働。
夏には一日に5キロ体重が減ることもあるほどだそうですが、
そうした日々の作業に追われるだけではなく、
新しい可能性を追い求めるその姿勢には、まさに頭が下がる思いです。

これだけの苦労をしながらも、照屋さんにはあまり「求道者」の面影はありません。
飄々としたその物腰には思うまま、自然のままの
力の抜けた、どこかほっとするような雰囲気があります。

後日うかがった仲村わいん工房の仲村さんは、照屋さんを
「ええ男ですやろ?」と仰ってましたが、まさにその通り。本当にいい人です。

ところで大阪のワイナリーがいま、共通して抱えている悩みは
ここ数年で急増したイノシシやイノブタの被害。
垣根畑では葡萄の房を食い尽くし、棚の畑では地面を徹底的に掘り返してしまいます。

これはイノシシが食い破ったフェンス。強烈な破壊力です。

c0140044_1625992.jpg


「こっちの奥ですよ」と案内してもらった囲いの中には…

c0140044_16252454.jpg

いました。イノシシ&イノブタ。
寒いのか警戒しているのか、ぴったりと体を寄せ合っています。

しかしデカイ! こんなのと突然出合ったらかなり怖いはず。

憎きイノシシといえども、無許可で駆除することはできません。
今はイヌに尿の匂いを教えているところだそうです。

ひめひこワイナリーでは被害は畑だけに留まりません。
この広いグリーンを一面穴だらけにされた時は、さすがにショックだったそうです。

c0140044_1625505.jpg


さらに少し登ったところにある、見晴らし広場にも案内してもらいました。
階段をのぼって、前方に広がった風景はまさに絶景! 大阪全体を一望できます。

c0140044_1626945.jpg


今回の旅行の間は、ちょうど日本中を寒波が襲っており
頂上には強風が吹きすさんでいましたが、
そんな寒さを忘れてしまうほどのすばらしい眺めでした。

春には周辺を桜の花が埋め尽くすそう。
どれほど華やかな光景か、想像するだけで楽しくなります。

以前はこの広場のあたりも畑があったそうで、棚の一部が今も残されていました。

c0140044_16262945.jpg


醸造設備を少し拝見したあと、最初の建物に戻って試飲をお願いしました。

c0140044_16264765.jpg


試飲カウンターの奥には甲州を使った「康」のボトルが並んでいます。
ここで同行のK氏があることに気づきました。

c0140044_1627378.jpg

よくみるとボトルの形がいろいろあります。
もしやいろんなキュベがあるとか??

「いや、あんまり同じボトルばっかりじゃアレかなと思いまして。」

ホントに飄々とした面白い方です。

まずはその「康」からテイスティング。

c0140044_16271896.jpg


香りは品種の個性が前面に出ていて、王道といった感じ。
特筆すべきは口に含んだあとの味わいの広がり。
太い柱が真っ直ぐに突き抜けるのではなく、
丸く、柔らかみを帯びた厚い旨みが拡散していきます。

飲み込んだ後の余韻も長い。これはすばらしいワインです。

次はカベルネ・ソーヴィニヨンとメルロのブレンド「博」。

c0140044_16274356.jpg

以前、ある方にご馳走になったことがあるのですが
そのときにも、スケールの大きな味わいに感激しました。

果実味も酸もボリュームがありますが、ワイルドなキャラクターではなく
なめらかな口当たりがとても魅力的。
ちょっとびっくりするような完成度です。

そして次に出していただいたのがマスカットベリーAの「華」。
瓶詰めしたばかりの2009年ヴィンテージです。

かなり淡い色調。一見、ロゼかと思うほどです。
透明度は高く、とてもきれい。

c0140044_16281171.jpg

照屋さんによれば、アルコール発酵の段階ではより濃いめの色合いだったそうですが
MLFの段階を経たことで、かなり淡くなったとのこと。

しかし口に含むと、この色調の印象は完全に裏切られます。
しっかりした酸とタンニン、そしてイチゴそのものの甘い香りと果実味。
嫌味がまったく感じられず、ひっかかりなくいくらでも飲めてしまえそうですが
決してボディが軽いわけではありません。
バランスがよいため、ストレスを感じないのです。

うーん。これはイイ。
「ベリーAらしさ」をどこに求めるかは人それぞれだと思いますが
このワインは確かに品種の魅力を存分に引き出し
素直な果実味と、酸やタンニンとのバランスを見事に実現しています。

そしてこのワイナリーに共通するのが、雑味の少なさ。
過度の濾過による、骨格の抜けてしまったような「クリーン」さではなく
ナチュラルに澄んだ味わいがなんとも魅力的です。

そのあたりについて聞いてみたところ、搾汁率の問題かもしれないという答えが返ってきました。
ひめひこワイナリーでは、昔ながらのバスケットプレス式の圧搾機を使用しているそう。
そのため、自然と搾汁率が低くなるとのことで、それで雑味が少ないのかも、というお話でした。

またもうひとつ感じるのが、どのワインも酸がきれいで美味しいこと。
尖ったところはなく、柔らかながらもしっかりとした酸味が
背骨のようにワインを支えています。

照屋さんいわく「酸が好きなんです」。
まさに造り手の個性がはっきりと伝わるワインです。

二人で「美味しい、美味しい」を連発していると、
「じゃこれも飲んでみますか?」と出してくれたのが、甲州の無濾過。
生産本数は少ないようですが、これがおどろくほど美味しい! 
濾過したタイプにさらに奥行きを加えたような、ボリュームのあるワイン。
勝手なことをいえば、全部を無濾過で出してほしいぐらい。


ところでピノ・ノワールは単に反発心から植えただけではなく
ご本人がもともと好きなワインでもあったそうです。
興味を持ったきっかけになったのは
ブルゴーニュの造り手、A&P・ド・ヴィレーヌ。

有機栽培、優しく素直な果実味など
確かに照屋さんのワインと共通する部分は多いかもしれません。
なるほどと思うような、ちょっと意外なようなお話でした。


畑、醸造施設、労働力。
現時点ではいろいろな面で制限もあり、
理想のワイン造りはまだ実現できていないと言います。
それでも「今できる、最高のことをやろうと思っています」と照屋さん。

これからワインはさらに進化を遂げていくはず。
来年、再来年はどんなワインが生まれるのか。楽しみで仕方ありません。

大阪最初のワイナリーでは、予想を遥かに上回る収穫がありました。
照屋さん、本当にお世話になりました。ありがとうございます!
[PR]
by inwine | 2009-12-23 16:32 | ワイナリー訪問
兵庫 『神戸ワイン』

関西のワイナリーを回ってきました。今回はワイン仲間の方と二人旅です。
同行してくれるのは畑に詳しい人なので、いろいろ勉強になることも多いはず。
いつも以上に充実した旅になりそうです。

2泊3日で大阪と京都を回る予定… だったのですが
「どうせなら」ということで、ワタシだけ一足早く前乗りすることにしました。
目指すは明石焼きとそばめし。そして神戸ワインです。

c0140044_1462841.jpg


神戸ワインは市が出資して、第三セクターの「神戸みのりの公社」が経営するワイナリー。
地下鉄の一番端の駅から、バスで10分ほど行った農業公園の中に位置しています。

建物は入り口から、かなり気合の入った造り。
大きな建立の碑や動物のキャラクターの立派な銅像があるなど、
建設当時にかなり資金的余裕があったことが、はっきりとうかがえます。

c0140044_148546.jpg


まずは畑を見せてもらうことにしました。
建物に隣接する形の自社農園は、すばらしい景観。
整然とレイアウトされた垣根畑の間には
きちんと整備された広い道が通り、とても開放感があります。

c0140044_1415664.jpg

日当たりもよく、早朝、この道を散歩したら素晴らしく気持ちがいいはずです。
思わず、意味もなくグルグルと同じ場所を回ってしまいました。

c0140044_1415222.jpg

葡萄の樹もこんなに立派な姿。
ワイナリー設立当時に植えられたものだとすれば、樹齢は20年以上になります。

c0140044_1415487.jpg

樹に付けられたプレートには、いろいろな団体の名前が。
実習のような形で、外部の人に作業を体験してもらっているそうです。

c0140044_1416589.jpg

植えられているのはカベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネ、リースリング、メルロ。

c0140044_14165194.jpg

c0140044_1417560.jpg

こちらは試験圃場。ピノ・ノワール、グルナッシュなどを栽培しています。

c0140044_14174995.jpg

これは畑からやや高台に立つ建物を見上げた光景。

c0140044_14181537.jpg

今はすっかり冬本番。もちろんどこにも房が実っているわけではありません。
それでも畑からは、静かな生命力が伝わってくるような気がしました。

c0140044_14183833.jpg



このワイナリーが設立された重要な目的は、地域の農業振興でした。
収穫した葡萄の全量買い取りを農家に約束するという
大胆な経営方針を掲げてスタート。

また施設内には動物と触れ合える牧場やバードゲージ、
食用牛の見学施設などの遊興設備のほか
ホテルやレストランも併設して、観光収益を上げるという目論見でした。

施設の中には今でも開業の理念を記したプレートや
敷地全体をかたどった模型など、当時の意気込みを物語る展示物が飾られています。

c0140044_1419464.jpg

c0140044_14191520.jpg


実際、開業当初はかなりの人出があり、観光スポットとして大盛況だったそう。
オープン当初はこの広場が人でいっぱいになり、前が見えないほどだったという話も聞きました。

c0140044_14193556.jpg


しかし質にかかわらず、すべての葡萄を買い取るという方針は
結局のところ、やはり無謀だったようです。
昨年秋の新聞記事によれば、神戸ワインが抱える在庫は300万本。
経営状態は深刻です。
今回の訪問時には、牧場などほぼすべての観光施設は閉館。
ホテルやレストランも閉鎖されていました。
美しく充実した畑とは対照的とも思える様子です。

c0140044_14205434.jpg

現在、ワイナリーは本格的に再生に乗り出し始めています。
昨年は神戸市が20億円を新たに支援。
さらに、とても明るいニュースもあります。

それはフランスで醸造の国家資格を取得した渡辺佳津子さんが、
昨年からスタッフに加わったこと。
もともと神戸ワインのスタッフだったそうですが、働くうちに渡仏を決意。
大学で本格的にワイン造りを学んだのち、再び神戸に戻ってきたそうです。

古巣の現場に新しい風を吹き込んだことは、想像に難くありません
ワタシ自身は飲んでいないのですが、
今年の新酒はとても美味しかったという話も聞きます。

今回は急遽、訪問を決めたということもあり
お会いすることはできませんでしたが、
いつか機会があれば、じっくりお話をうかがいたいと思います。

歴史があり、丁寧に手入れされた葡萄畑と若く才気ある醸造家。
このワイナリーには、簡単には手に入れられない
きわめて贅沢な財産をふたつも備えています。

もちろん困難な障壁は山ほどあるはずですが、
これから新しい未来が待っていることも間違いありません。
今後、目を離すことはできないと感じた訪問でした。
[PR]
by inwine | 2009-12-22 14:38 | ワイナリー訪問