「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:未分類( 4 )
九州の旅<4> 熊本ワイン
今回の訪問は熊本ワイン。
出迎えていただいたのは営業の榊さんです。
直前のお願いにもかかわらず、快く案内を引き受けていただきました。感謝感謝です!

c0140044_912432.jpg

契約農家さんの畑はあちこちの土地に点在しており、いずれも車で30分ほど。
道も入り組んでいて簡単に行ける場所ではないのですが、なんと案内していただけるとのこと!
お忙しい中、申し訳ない気もしたのですが、こんな機会はなかなかありません。
ありがたくお言葉に甘えることにしました。

c0140044_9133986.jpg

雄大な山々を眺めながらの道中、いろいろな話をお聞きしました。
熊本ワインのブランド名にもなっている菊鹿町は標高300メートルほど。
葡萄の栽培農家はもともと多くはなく、
契約畑の一部はもともとタバコを栽培していた場所だったそうです。
その名残、というか農家さんのポリシーとして、
葡萄畑になった今も下草は綺麗に刈り込んでいるとのこと。
理由は虫がつくからだそうです。
土地それぞれの流儀は、葡萄にもいろいろな影響を与えているのかもしれません。

契約畑の品種は大部分がシャルドネとカベルネ・ソーヴィニヨン。
すべて垣根で仕立てています。

案内していただいた畑は本当に分かりづらい場所にあったのですが、
その土地を選んだ理由は「サルビアの花が綺麗に咲いていたから」。
榊さんにもそれ以上の詳しいいきさつは分からないそうですが、
なんともロマンティックな物語です。

c0140044_9141415.jpg

ちなみにコレはそのサルビアの花。
途中立ち寄った直売所で売っていました。ここで扱っていたのは、野菜、果物、花、

c0140044_9144792.jpg

メダカ(!)…。

c0140044_9393853.jpg

そして熊本ワイン!

c0140044_940282.jpg

農家の方の写真入りです。

c0140044_940227.jpg

いよいよ去年の「菊鹿 ナイトハーベスト」で使われた葡萄の畑に到着。

c0140044_9185336.jpg

ちょうど農家さんが作業中でした。

c0140044_9193044.jpg

葡萄はすでにここまで成長しています。

c0140044_9221188.jpg

この畑はまさに健康優良児。葉も大きく、みっしりと茂るままの状態です。
いかにもしっかりと実がつきそうな、活力を感じる畑でした。

c0140044_920224.jpg

シャルドネとカベルネが混在しているのはご愛嬌。



c0140044_9205783.jpg

こちらは別の場所の畑。土質、仕立て方、葉の大きさ、成長具合、手の入れ方など
すべてさっきの畑とは違い、個性の違いがうかがえます。

c0140044_921441.jpg

なんと葡萄の脇では野菜も栽培。

熊本ワインでは発酵前の段階では、SO2は一切使わないとのこと。
もちろん出来上がるワインはクリーンそのものです。
農家の方がいかに丁寧な選果をしてくれているかという証明だと、
誇らしげに榊さんは教えてくれました。

2時間ほどかけて数か所の畑を回らせていただきました。

c0140044_9224882.jpg

この写真は中世の城郭、菊池城。この真ん前にも畑がありました。

途中、榊さんオススメの熊本ラーメンのお店で昼食をとり(やっぱり本場はウマいっす)、
ワイナリーへ戻りました。
今度は醸造設備を見せていただくことに。

発酵・貯蔵タンク、バルーン式のプレス機、除梗・破砕機。

c0140044_923456.jpg

c0140044_924550.jpg

c0140044_9243243.jpg

樽はフレンチオークで、マスカットベリーAなどには
ミディアムよりややローストの強いものも使っているそうです。

c0140044_9245425.jpg


c0140044_9254358.jpg

これは瓶詰めされて眠っている2008年のナイトハーベスト。
今年の各コンクールでも、間違いなく大きな話題を呼ぶはずです。

途中で醸造担当の幸山さんにも対面。
ちょっと俳優の遠藤憲一さん風のイイ男です。

c0140044_926736.jpg

やはりお忙しい方ですが、今日はたまたまお時間があるということで
幸運にもゆっくりお話をうかがうことができました。

品種の個性をしっかり出すワイン造りをしたいという幸山さん。
あるシャルドネのワインを試飲させていただいたのですが
樽のニュアンス、果実の香り、そしてシャルドネ本来の品種香のバランスが絶妙。
味わいも中盤から後半のボリュームが分厚くて驚くほどです。アフターも長い。
掛け値なしに、すばらしいワインでした。

「まだまだ勉強することは多いけれど、シャルドネに関しては
 いろいろ実験してみる余裕が出てきました。」と話す幸山さん。
「賞をとることで、ワイナリーの認知度が上がっていけば」と今後の意欲も語ってくれました。
その言葉は、これからますます現実になっていくに違いありません。

「KISS KIKKA シャルドネ」は残糖を感じる、やや甘口といっていいワイン。
キンキンに冷やして、すいすい飲みたいタイプです。
「熊本の糖度の高いトマトを塩も何もつけずにかぶりついたら、
 コレと合うと思うんですよ」と榊さん。一気にお腹が減りました。

「KISS KIKKA カベルネ」はさきほどの幸山さんの言葉通り、
トップにしっかりした品種香を感じます。
色はやや薄めで、ミディアムボディ。とてもチャーミングなワインでした。

「熊本キャンベル・アーリー」はイメージよりずっと色調は淡く、
ラブルスカ種特有の香りはあまり感じません。
エレガントさとワイルドさがほどよく均衡がとれた感じ。
とても人気のあるアイテムだそうです。

「MBA無添加やわらか中口」は酸化防止剤無添加ですが、熱処理もヘビーな濾過もしていないそう。
幸山さんは「ドキドキです」とおっしゃっていましたが、柔らかくやさしいワインでした。

「熊本デラウエア」は幸山さんが「面白くて、好きな品種です」というだけあって
骨格のしっかりしたワイン。
やはり品種の魅力がストレートに伝わってくる味わいでした。

今回、榊さんには本当にお世話になりました。
良い機会とばかりに、いろいろな疑問を投げかけてしまいましたが
こちらの拙い質問にも「隠すことは何もないんで、何でも聞いてください」と
快くお話を聞かせていただきました。ありがとうございます。
思い切って九州に来て良かったとしみじみ思いました。


c0140044_927775.jpg

熊本ワイン。酒屋さんで目にすることはまだあまり多くありませんが、その実力は本物。
もし見かけたら、ぜひぜひ試してみてください!
[PR]
by inwine | 2009-06-05 09:48
小布施ワイナリーのカベルネフラン
小布施ワイナリーの「ドメイヌソガ 1er カベルネフラン 2005」を飲んでみました。

c0140044_10341632.jpg


抜栓直後はかなり閉じた印象の酸とタンニン。ただしポテンシャルの豊かさは、香りを嗅ぐだけでも伝わってきます。
少しずつ味わっているうちに、いかにも華やかに開きそうな旨みも感じました。

これはすぐに飲んだらもったいない。デカンタージュする手もありましたが、ここはバキュバン装着でしばらく置いてみることに。
飲んだ感じからみて、たぶん数日待ってみても大丈夫なはずです。

そしてセラーに入れて3日後。大きめのグラスに再び注いでみると…。

やっぱり開いてました!
スパイスや枯葉、それに煙草の葉のような香りがエレガントに立ち上ります。味わいも全体が丸みを帯び、ふくらみのある甘さが出てきました。
うーん、これはかなりスケールの大きいワインです。

食事を合わせるならラムのローストなんかが良さそう。今飲んでも十分に楽しめたのですが、本当の飲み頃はもう少し後かもしれません。
なんというか、今はまだ少しよそよそしい感じ。もう少し寝かせれば、こちらにニッコリと微笑んでくれるような気がします。
(とか何とか言いながら、もちろん飲んじゃいましたけど。)
[PR]
by inwine | 2008-10-03 10:37
「北海道産のワインとチーズと朝採れアスパラを楽しむ会」
「つまみの女王」mimiさんのお誘いを受け、恵比寿で「北海道産のワインとチーズと朝採れアスパラを楽しむ会」に参加してきました。

白はケルナー3種(宝水ワイナリー、北海道ワイン、山崎ワイナリー)とミュラートゥルガウ2種(松原農園、月浦ワイン)。赤はココファームのツヴァイゲルトレーベ、グレイスのピノ・ノワール、月浦ワインのドルンフェルダー、十勝ワインの清見。
清見とピノ(作ってますが)以外はいわゆるドイツ系。ぶどう品種からして山梨とは一味違う、北海道らしさ満点です。

c0140044_12315014.jpg
c0140044_12322144.jpg

c0140044_12343349.jpg


当然かもしれませんが、品種は同じでも味わいの個性はかなり異なりました。なかには同じ品種とは思えないモノも。しかしどれも爽やかで、特に白ワインは飲むだけでスッキリ涼しくなるような清涼感がいっぱい。これからの季節にはぴったりです。

赤のドルンフェルダーは確か、最近ドイツで生産量が急増してる品種。でも普段、あまり飲むチャンスはないのでいい機会でした。ココファームの「風のルージュ」は以前、セミナーでバレルサンプルを試飲したもの。やっぱりウマイ!グレイスのピノは2000円という値段にビックリ。この値段でこの味なら文句ナシです。そして十勝ワインの清見は4年ほど前、友達と初めて「日本ワイン飲み会」をしたときに飲んだワイン。あのときもウマイと思ったけど、今回の印象も同じ。また買ってみようと心に決めました。

途中で映し出されたワイナリーや畑のスライド写真は、まるで日本とは思えない風景。ひたすら青い空と、向こう端の見えない広大なぶどう畑を見ながら、初夏の北海道に想いをはせました。毛蟹… 生ウニ… メロン…。

そう。北海道といえばもちろんワインだけでなく、食材の宝庫。今回のメインであるアスパラガスも鮮やかな緑色とワイルドながらも繊細な味わいが印象的でした。ほかにも道産ホタテのカルパッチョも新鮮な美味しさ。写真のラムシチューも絶品でした。

c0140044_12311156.jpg


ラムはあまり得意ではないのですが、これは臭みゼロ。調理にはずいぶん手間をかけたそうです。ごちそうさまでした!

さらにさまざまな種類の北海道産チーズも登場。これが実にウマかった。チーズもワインと同様、鮮度や状態は大事な要素です。ワイン同様、国産チーズもこれから未来が楽しみな気がします。

山梨や長野よりは正直、なじみの薄かった北海道ワイン。でも、この会のお陰でいろいろと飲み比べられました。いつかは北のワイナリーめぐり、してみたいものです。
[PR]
by inwine | 2008-06-20 12:39
ルバイヤート プティヴェルドー2006
ルバイヤートのプティヴェルドー2006を飲んでみました。

c0140044_9585449.jpg


ファーストノーズは鉄っぽいニュアンスや土の香り、プラム、ハーブ。最初からしっかりしたボディを予感させます。味わってみるとボリュームのある酸と果実味が口の中に広がりました。いかにもボルドー品種らしい力強さと、しなやかさが同居している感じ。樽もいい具合に調和しています。ふと頭の中をシュヴァル・ブランがよぎりました。

時間経過とともに、ドライフルーツのような凝縮した風味も出てきました。
実はこの時、一緒にチーズケーキを食べていたんですが、カラメルのような厚みのある甘さがチーズの濃厚さとよく合いました。寝かせておいてもいいかもしれませんが、いま飲んでも十分に楽しめました。さすがは老舗ワイナリー。すばらしいワインです。
[PR]
by inwine | 2008-06-11 10:03