山梨ワイン 2008年収穫

勝沼収穫隊隊長・キヨさんの招集がかかり、今度は山梨ワインのカベルネ・ソーヴィニヨン収穫に参加してきました。


c0140044_15523621.jpg


今回、作業した七俵地畑は自然の形でぶどうを育てるビオ・ディナミの手法を採用。月の満ち欠けなどを顧慮した「ビオカレンダー」に基づき、実の作業に適した「実の日」に収穫が行われます。
この日、作業に参加したのはなんと総勢30人近く。幸い天気にも恵まれ、作業は順調に進みました。

作業中には、こんなモノも発見。

c0140044_15525878.jpg


黒い実をつけたカベルネの中に、ひょっこりと顔を出した白ぶどう。いわゆる『突然変異』です。なんだかオソロシげな言葉ですが、ぶどう栽培の現場では別に珍しいことではないようです。ピノ・ブラン、ピノ・グリなど、突然変異によって生まれた種が別の品種として広く普及する例も少なくありません。 実際、オーストラリアではカベルネの突然変異種を繁殖させた例もあるとのこと。

昼食時にはワイナリーの野沢さんに、セラーに眠る貴重なワインを何本も出していただきました。

c0140044_15532667.jpg


おかず豊富な豪華弁当をご馳走になりながら、参加者全員で飲み比べ。カベルネと唐揚げ、カキフライとシャルドネのマリアージュです。ワインはどれもすばらしく美味しかったのですが、さすがに昼からガブ飲みするわけにはいきません。グッと我慢して午後の作業に臨みました。(といいつつ、4~5杯は飲んだような…)

シルバー人材センターからの方々も含めた全員で力を結集。無事、夕方までに収穫作業は終了しました!
作業後の畑はこんなカンジ。

c0140044_15535331.jpg


このぶどうたちがワインになる日も楽しみです。

c0140044_15542378.jpg


作業の後は高速バスで帰宅。今日も風呂→ビールで仕上げとなりました。ぷはー、最高。
[PR]
by inwine | 2008-10-08 16:03 | ワイナリー訪問
<< あづみアップル 「Deuxie... 高畠ワイナリー 試飲イベント >>