地元ローカルで国産ワイン会!
あちこちでいろんなワイン会に参加するうちに、自分でもやってみたいなと思い始めました。
そこで地元の酒屋さんに協力していただき、近所のワイン好きの方を招いてローカルな会を開くことを企画。
テーマはもちろん国産ワインです。
場所は団地の集会所(!)。カナッペなどの簡単な軽食とワインを用意しました。
ラインナップはこれ↓です。

c0140044_14545825.jpg


1.旭洋酒 / ソレイユ甲州 2006年
2.シャトレーゼ勝沼ワイナリー / 鳥居平ソーヴィニヨンブラン 2006年
3.シャトレーゼ勝沼ワイナリー / 鳥居平ソーヴィニヨンブラン 2007年
(写真は空き瓶でスミマセン。)

c0140044_1455185.jpg


4.旭洋酒 / ルージュ・クサカベンヌ 2006年
5.那須ワイン / マスカットベリーA樽熟成2004年
6.ボー・ペイサージュ / ル・フー 2003年
7.ボー・ペイサージュ / ル・フー 2004年

さらに差し入れとして、フジッコワイナリーの「スパークリングにごりナイアガラ」もいただきました。
これもベタつかない爽やかな甘さが美味しいワインで、参加者には大好評。以前のメルシャンのワイン会でもちょっと話題になりましたが、ラブルスカ系のワインもやっぱり日本では結構イケます。

今回のワインを選んだひそかなテーマは
「甲州ワインおすすめ銘柄の紹介」
「ソーヴィニヨンブランのヴィンテージの違いを楽しむ」
「2銘柄のベリーAワインの個性の違い」などなど。

参加されたのは国産ワインにはそれほどなじみがない方ばかりでしたが、それぞれに楽しんでもらえたようです。

ソレイユ甲州は「優しいワイン」「飲みやすい」「食事に合わせやすそう」と好印象。(旭洋酒の鈴木さんには、事前にこの会向けのメッセージもいただきました。ありがとうございます!)
ソーヴィニヨンブランの完成度の高さもインパクト大。特に2006年が「印象深い香り」と好評でした。
ルージュ・クサカベンヌは、柔らかな甘い味わいと香りに驚きの声も。
那須ワインは実は私自身も初めてでした。さすがヴァランドロー帰りの方が作るワイン。重厚なボディが強烈です。ただ濃く、甘いというのとは次元の違う味。確かにベリーAの味わいもしっかりあるのですが、何とも異彩を放つお酒です。

そして、誰もがうなったのがボー・ペイサージュ。
実際、うなってほしくて出したようなものですが、あまり反応がなかったらどうしようかと正直、不安でした。
でも全員、口々に「これはウマイ!」と絶賛してくれて、ひと安心。
協力してくれた酒屋さんに「美味しいでしょ?」と振ったら、「これは美味しいワインじゃなくて、凄いワインですよ。」と言ってもらえたのが何とも嬉しかったです。

超・極小規模ですが、何とか国産ワインのエヴァンジェリスト活動ができた気がします。
ただし今回は少し気合入れすぎたかなと反省も。次回はもうちょっと気軽に飲める会もいいなと思いました。

参加していただいた皆さん、ありがとうございました!
[PR]
by inwine | 2008-02-19 15:06 | 日本ワインを飲む
<< 「日本ワインを楽しむ会 小布施... 国産ワインを大量に消費する会(?) >>