旭洋酒 千野甲州2006
今年は寒い日が続いています。わが家でも鍋の登場回数が激増。鶏をしっかり煮込んでダシをとる博多風の水炊きを作って、旭洋酒の千野甲州2006を合わせてみました。

前回食べたときも思ったのですが甲州と鶏の水炊き、よく合います。甲州独特の渋みと和のテイスト、それに柚子のような柑橘系の風味が、ちょうどぽん酢のようにモモ肉とマッチ。正直、日本酒よりもワインの方が相性いいと思います。

ワインそのものも本当に美味。さすがこのワイナリーの甲州トップアイテムだけあって、バランスが抜群でした。甘さや酸、樽の風味などが、口の中でそれぞれ豊かに広がります。はふはふと鶏肉に忙しくかぶりつきながらも、あっという間に空いてしまいました。料理と決してケンカせず、いつの間にかなくなってしまうワイン。理想的です。

c0140044_1263222.jpg

[PR]
by inwine | 2008-02-13 12:10 | 日本ワインを飲む
<< セミナー「甲州種ワインの明日を読む」 ル ヴァン ヴィヴァン・生産者... >>