ルミエール 甲州シュールリー2006
ルミエールの「甲州シュールリー2006」を飲んでみました。

c0140044_18513332.jpg


香りはフレッシュな果実香。酸はちょっとピリッとした感じですが、あと口に感じるミネラル感が魅力的でした。第一印象は爽やかな感じ。でも味わってみると意外に旨み系のワインです。

今回は豆乳鍋とともに。このワインもやはり厚化粧はしていないので、魚や肉、野菜などをポン酢でつつきながらスイスイと飲めます。
このところ続けて3種類の鍋と白ワインを合わせてみました。どれも悪くはなかったのですが、相性としては今回が一番良かったような気がします。日本酒もいいけど「鍋に日本の白ワイン」、なかなかオススメです。
[PR]
by inwine | 2008-01-18 19:07 | 日本ワインを飲む
<< ワインカフェ タンブラン ダイヤモンド酒造 シャンテY・... >>