シャトー酒折 マスカットベリーA 2000
明けましておめでとうございます。
昨年中はご覧いただき、ありがとうございました。本年もよろしくお願いします。

----------------------------------------------------------------------------------

シャトー酒折の「マスカットベリーA 2000」を飲んでみました。

c0140044_1443468.jpg


グラスに注ぐと色合いはやや茶色を帯び、エッジもきれい。経年を実感するイイ感じです。

トップノーズは閉じ気味ですが、少しだけグラスを回すとすぐにベリーAのイチゴのような香りが立ち上ってきました。
香りには熟成の雰囲気はほとんど感じられず、フレッシュそのもの。「チャーミングなワイン」というのが第一印象です。
しかし飲んでみると、タンニンは意外にしっかり。足腰は思いのほか強そうです。ベリーAのワインは比較的軽めの作りが多く、これもそうしたタイプかなと思ったのですが、いい意味で裏切られました。
ちょうどボジョレーのヴィラージュものに似ている気がします。食事もボジョレー同様、豚肉が合いそう。脂身のところなんかでも、このボディの強さなら力負けせずに互いを引き立てられるはずです。
ベリーAはこれが最初のヴィンテージだそうですが、かなり美味しいです。
可愛い顔してしっかり者のこのワイン、予想以上の収穫でした。

----------------------------------------------------------------------------------

年明けを機に、コメント欄を設けてみました。ご感想などをいただければ幸いです。
[PR]
by inwine | 2008-01-05 14:13 | 日本ワインを飲む
<< 旭洋酒 2003 ピノ・ラ・ジュンヌ 山梨ワイナリー訪問 2007/... >>