酒と自然食品の店 ヤマザキヤ
永福町の酒屋さん、「酒と自然食品の店 ヤマザキヤ」にうかがいました。

c0140044_13354155.jpg


お店の外観はどうみてもお洒落なデリ。酒屋さんには見えません。「あれ?」と思いながらも扉を開けると、お店は地下にありました。実は1階は「薪窯焼きパンとイタリア伝統菓子の店 ラ・ファリネッラ」というお店で、やはりヤマザキヤさんが経営されているそうです。

c0140044_1336147.jpg


店内はワインのほか、日本酒、焼酎などがぎっしり並んでいました。さらに自然栽培のりんごやみかんも置かれています。ディスプレイされたお酒の中を抜けるように奥へ。

c0140044_13363860.jpg



c0140044_133726.jpg



ありました、日本ワイン。ルバイヤートを中心にメルシャン、原茂ワイン、フジッコなど精鋭たちが揃っています。

c0140044_13372634.jpg


中でも目を引かれたのは那須ワイン。シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドやヴァランドロー(!)で醸造家として活躍したという渡邊嘉也氏が手がけるウワサのワインです。ワイナリー自体も長い歴史があり、これは間違いなくウマイはず。購入決定です。

ワインをレジに持っていきながら、お店の橋爪さんに日本ワインについてうかがってみました。ぶどう品種と日本の土壌や気候風土、今と将来の国産ワインの展望などいろいろ興味深い話ができたのですが、印象深かったのは「日本のワインはまだまだの部分もあるけれど、つくり手と会って話をすると応援したくなる」というコメント。
プロの酒屋さんは世界中のワインを同じように商品として扱うわけですから、シビアな意見も当然でしょう。それでも日本ワインには大きな可能性を感じられていることが言葉の端々から伝わりました。

この時お聞きした、国産ワインを探すアメリカ人のお客さんの話が面白かったのですが、あとで見てみるとご自身のブログでも書かれていました。興味のある方はこちらへ。

もちろん国産ワインだけでなく各国のワインも豊富です。仏・伊・スペインの各地域をはじめ、ニューワールドも充実。モーゼルやアルザスなども揃っていました。さらにはポートやマデラなどデザートワインも。やるなーという感じです。

地下でワイン、1階でチーズや生ハムやパンを買って家で楽しむ。こんなお店が家の近所にあったらな、としみじみ思いながら帰りました。
[PR]
by inwine | 2007-12-19 13:51 | 日本ワインを買える店
<< スパークリング3種 飲み比べ タケダワイナリー「ピュア・シャ... >>