カーブ・ドッチ 『カベルネ・ソーヴィニョン・ドゥジェーム・クラッセ 2008』

間違いようのないカベルネの香り。赤い果実ととともに、やや植物的ニュアンス。
アルコール感も感じられ、体格の大きさを思わせる。

c0140044_12164125.jpg


けれど、味わいは香りで感じるよりも柔和な印象。このあたりがセカンドということでしょうか。
適度な酸が心地よいけれど、少し角張ったところも。
もう少し丸みを帯びてくればバッチリな気がしました。しばらく寝かせといたほうが良いワインなのかも。
[PR]
by inwine | 2010-05-24 12:18 | 日本ワインを飲む
<< 金井醸造場のワイン会 『甲斐vin』 >>