中野坂上・プチコニシ 『日本ワインフェスタ2010』

毎年行われている、セミナー形式のイベント。
今年のゲストは島根県・奥出雲葡萄園の安部紀夫さん。

c0140044_20552963.jpg


スライドを見ながら、ワイナリーの歴史や栽培、醸造の取り組みについて
いろいろな話を聞くことができました。

c0140044_20554011.jpg


このスライド、安部さんご自身がお作りになったものだと思いますが
分かりやすいうえに、見ている人の関心をひきつける素晴らしい完成度でした。

醸造に関しては丸藤で修行されたそう。
実は25歳頃まではお酒が非常に弱く、夕食には牛乳を飲んでいたというお話が印象的でした。

c0140044_20555695.jpg


安部さんのお話が約1時間。ワインの試飲が6種類。それにチーズやサラダの軽食がつくスタイル。
個人的には、こんな堅苦し過ぎないセミナー形式はとても好きです。

c0140044_2056182.jpg


『シャルドネ樽発酵 2008』は穏やかな樽の風味の中に、果実の柔らかさやふくらみが感じられるワイン。
すごく美味しい。
小公子は人気が高くレアな商品だそうですが、いわゆる山葡萄的なニュアンスが抑えられた洗練された味わい。
今回は抜栓5~6時間での提供とのことですが、ワインの力強さがしっかり感じられます。
色も濃く、ディスクの厚みもかなりのものでした。

乳製品の会社が母体ということもあり、食の安全に関する真摯かつ現実的な考え方には
とても共感する部分があり、勉強になりました。
こうしたかたちでワインに触れると、ただ飲む場合よりも興味がふくらむ気がします。
とても充実した会でした。
[PR]
by inwine | 2010-05-19 20:59 | 日本ワインを飲める店
<< 山梨ワインツアーにお供 FOODEX 2010と新宿 >>