タケダワイナリー 『サン・スフル白 2009』

デラウェアならではの親しみやすい、ほっとするような香り。
味わいも肉厚な甘みが口の中に広がる一方で
はしゃぎすぎを優しく制するような酸があります。

c0140044_110106.jpg


いくら飲み続けても、単調さを感じることはありません。
もうひと口、もうひと口とグラスが自然に進んでしまいます。

チャーミングで楽しいワインですが「開放的な爽快感」というよりは
「居心地の良さ」を感じさせてくれるワインです。

なんだか子供の頃、風邪で熱を出した時によく飲ませてもらった
すりおろしリンゴを思い出しました。
まあ、これは子供は飲んじゃいけないんですが。
[PR]
by inwine | 2009-11-13 11:02 | 日本ワインを飲む
<< 山梨フラグメンツ 中野坂上「Standing B... >>