夏の日記

今日で8月も終わり、選挙カーの演説も終わり。
夏休みを満喫してた子供たちにとっては、一年で一番寂しい日です。

7月、8月とワイナリーをいくつか訪問したのですが、
例によっていろんなワインを飲み、イベントにも参加したりしてました。
だいぶ時差がありますが、そんなこんなをまとめて、また日記形式にしてみます。

--------------------------------------


x月x日

タケダワイナリー・サンスフルシードルを、近所で買ってきたパンと一緒に。

c0140044_1456498.jpg

c0140044_1457773.jpg


シードルとはリンゴの発泡酒。サンスフルとは亜硫酸無添加のこと。
というわけで、外観はこんな感じ。

c0140044_14572260.jpg


なつかしい日本のリンゴの味がしました。

x月x日

某百貨店の山形展にて。酒井ワイナリーのお姉さん、紀子さん。

c0140044_14574479.jpg

ホントに魅力的な方です。

x月x日

山形で食べた美味しいモノ。

赤湯名物、赤湯ラーメン。

c0140044_14581123.jpg

スープに浮いた辛味噌を溶かして食べるんだけど、コレが辛いんだ。ハヒー。

山形名物の「だし」をのせた冷やしぶっかけ蕎麦。

c0140044_14584810.jpg

だしというのはいろんな野菜を細かく刻んで混ぜ合わせた、いわば野菜の和風万能ソース。
ご飯や冷奴にのせるとメチャうまだけど、蕎麦もウマカッター。

出た。米沢牛。すきやき。ムフフ。

c0140044_14591352.jpg

x月x日

萬集にて、シャトー酒折のワイン会。
栽培家・池川さんの話はこの日も熱く、そして驚きに満ちていました。

c0140044_1459364.jpg

ベリーAのルーツをめぐる講義には、思わず少し興奮。

この日は特別に超貴重ワイン「kisvin甲州」が振舞われました。

c0140044_1504292.jpg

繊細さと力強さを併せ持つ味わいは、甲州の未来を感じさせてくれます。

もちろん料理も三重丸。見るからに美味しそう。

c0140044_151551.jpg

c0140044_1512018.jpg


x月x日

店で買ってきたキッシュ。

c0140044_1534389.jpg


ソーセージと野菜のポトフ。

c0140044_154475.jpg


そしてココロゼ。

c0140044_1542733.jpg


イイ感じのマリアージュでした。

x月x日

マイミク、あーちゃんさん主催の北海道ワイン会へ。
場所は「レストラン中村孝明 横浜店」。高島屋の中のお店ですが、適度に仕切られた空間が快適でした。
手のかかった和食とともに、北海道のワインが続々と登場。

c0140044_1554850.jpg


いつもながらあーちゃんさんのワインへの熱意には頭が下がる思いです。

c0140044_156855.jpg


ウワサの奥尻ワインの塩っぽい感じが、なんとも気になるなー。

c0140044_1563282.jpg


x月x日

山梨・アルプスワインの「アサンブラージュ体験」に再び参加。
赤白のいろんなワインを混ぜて、自分だけのワインを作ろう!ってイベントですが
ワタシは高速バス渋滞のため遅刻。アサンブラージュ作業の前に、朝礼に遅れる気まずい感じを久々に体験しました。

c0140044_1564989.jpg

しかししかし、開始15分で「マイブレンド」が早々に完成。
誰よりも早く瓶詰めしてしまいました。エッヘン!

c0140044_1514526.jpg


誰よりも集中力がないからだという噂もありますが、
一応マスター前島も「旨いじゃねえか!」って言ってくれたし。

イベント後はマルサン葡萄酒の畑へ。プリッツが誇らしげな醸造家・辻さんです。

c0140044_1514245.jpg


後日、アルプスのロゼ「Fukuno」を飲みました。やっぱプロは違うわ。当たり前だけど。

c0140044_1514404.jpg


x月x日


某所で某氏に、こんなワインをごちそうに。

c0140044_15145864.jpg


この夏、一番ビックリした一本でした。マジでヤバイです。
ほんま日本ワインのレベルは天井知らずやで!

そのあとは某こんな店にも。

c0140044_1515131.jpg


x月x日


三鷹のワインバー「calvet」のマスターと一緒に山梨のワイナリーを6軒訪問。

c0140044_15153077.jpg

「calvet」はワインバーといっても、立ち飲みメインの楽しいお店。
いろんなワインを気軽に楽しめます。これから日本ワインもバシバシ置いてくれる…かも。

実はマスターは某グランメゾンの出身。料理もワインも間違いありません。
東京のこっち側に住んでる方、こっち側に用事のある方、機会があればぜひ。
三鷹駅南口商店街を歩いていって、丸正の向かいを右に。餃子のハルピンの並びです。

店にはアサンブラージュのポスターも。

c0140044_15162933.jpg


(忙しい時期に相手していただいたワイナリーの皆さん、ありがとうございました~。)
[PR]
by inwine | 2009-08-30 15:47 | そのほか
<< 消費者が決める!「ジャパン・ワ... 「国産ワインコンクール」 その4 >>