日記
x月x日

都内某所で、こんなワインを発見。

c0140044_11401551.jpg


いわゆる「ピピ・ド・シャ」と爽やかな柑橘香の両方が豊かに溢れてる。
生命力に満ちた、すばらしいワインでした。




x月x日

山梨へ。金井醸造場、旭洋酒などに。

ひさしぶりにお会いした金井さんは髪の毛がずいぶん伸びていた。
偶然、一緒にいらっしゃったワインツーリズムの笹本さんとパチリ。


c0140044_1274864.jpg





x月x日

なにかと話題らしい「リアルワインガイド」の日本ワイン特集を読む。
ツッコミどころは山のようにあるけれど、パラパラ読んでるうちにポイントが見えてきた気がした。
つまり、良くも悪くもこの本はいわゆる「批評誌」ではなく、
ワイン好きの人が、言いたいことを言って作った同人誌なんだな、ということ。

たぶん、そのことは作っている側も否定はしないんじゃないかと思う。(そうであってほしい。)
発行人みずからが「私自身もプロではない。全員が…プロ・アマ問わずのファンである。」って言ってるし。


c0140044_1283467.jpg


で、そうやって読むといろんなことが腑に落ちる。

たとえば100点満点式の採点法もそのひとつ。
個人的にはワインを点数で採点すること自体、どんな意義があるのか分からないので
『もうちょっと果実味にふくよかさがあれば88点!』 (87点から1点上がるらしい)なんて記述を見ると
「うーむ」と思ってしまうのだが、問題はこの採点法そのものではない。採点の「基準」だ。


『… 簡単にいえば「86点ならマアマアだ」「89点そこそこ良さそう」
「93点飲んでみたい」といったところが実態なのではないだろうか。
 本誌の得点は現在形成されているその実態に即す。』




この驚きのユルユル度、正直言って嫌いではない、かなり。
『現在形成されているその実態』? もはや基準なのかどうかすら定かではない気もするが、
パーカーポイントの「基本の点が何点で、それプラスああだこうだ」という
もっともらしい説明よりもかなりキュートだ。

しかしまあこの基準なんだったら、点数化するより「マアマア」「飲んでみたい」などと書いたほうが親切だし、
さらにいえば正確なような気もするが、そんな野暮は言うまい。

つまりこのユルさ、はっきりいえばいい加減さこそが、この本の特色、もしかしたら魅力なのだと思えばすべてに納得がいく。
そしてひとつひとつのワインの感想文も、それなりに面白くなったりもする。
(ワインのことがあまり書いてなかったりするのは気になるが。)

問題は、この本が立派な書店売りの雑誌として流通していること、その一点だろう。
もしこの本を読み、内容を「本気に」してしまう読者がある程度いるのなら、
そこにはただの無邪気さでは済まされない「責任」が生まれるのではないかと思う。




x月x日

山梨の忘年会に参加させてもらう。
今年お世話になった方々が勢ぞろいで、挨拶させていただくことができた。
カメラは持っていったんだけど、写真は一枚も撮らなかった。
醸造家の人たちと話すのは、どうしていつもあんなに刺激的なんだろう。
この日はビジネスホテルに一泊。
翌朝、おなじみのメンバーで勝沼をぐるり。楽しかった。
[PR]
by inwine | 2008-12-19 12:18 | そのほか
<< 「日本のおかずを訪ねる。」 &... 「日本のおかずを訪ねる。」 &... >>